カレー偏愛家・村田倫子、高円寺のニューカマーなカレー屋を巡る

カレー偏愛家・村田倫子、高円寺のニューカマーなカレー屋を巡る

カレー激戦区、高円寺。話題のニューカマー3店舗を紹介

SPONSORED:ASICSTIGER
インタビュー・テキスト:羽佐田瑶子 撮影:飯田エリカ モデル:村田倫子 編集:竹中万季
  • SHARE

2軒目:カレーとクラフトビールの相性の良さを実感できる「アンドビール」

今日は、ちょっと小雨。ビニール傘をさして、「妄想インドカレー ネグラ」から歩いて10分ほどの2軒目「アンドビール」へ。

9月にオープンしたばかりのカフェや雑貨屋などお店が集まったアパート「アールリエット高円寺」の一室にあります。店名通り、カレーとクラフトビールが楽しめるお店。

ここでは週末カレー定食のカツオカレーとキーマカレーの合いがけ(1,100円)とクラフトビールの飲み比べセット(1,200円)をオーダー。

クラフトビールの飲み比べセット

「呑みやすくて、危険」とにんまり顔の倫子さん。カレーを待ちながら、カレートークです。

倫子:三食カレーでも飽きないくらい好きだけど、とくに好きなのはスパイスたっぷりのスリランカ系のカレー。南インドのミールスも、野菜たっぷりで好きですね。カレーは一皿にお店の人の思いや信念が込められていて、食べていて幸せな気持ちになるんです。カレー友だちもいて、この間はよく行くカレー屋さんの店長と、新しくオープンしたカレー屋さんを視察しに行きました。

そんな倫子さんの目の前に、卵がキーマの上に君臨する、堂々たる一皿が登場! 今日のカレー定食のメインはカツオ。砂肝や春菊のスパイス炒めなど、5種類の副菜がカレーの周りを囲みます。

週末カレー定食のカツオカレーとキーマカレーの合いがけ

倫子ルールは、まずはルーだけ食べること。次にごはんと一緒に、その次には合掛けならルーを混ぜ合わせてみたり。いろんなカレーの可能性を探りながら、パクパク食べていきます。「普段の撮影では笑わないんですけど、カレーだとダメ。美味しくて笑っちゃう」。ああ、また目が細くなってますよ。

倫子:スープカレー風のルーはスパイスがきいていて、ビールにとっても合います。逆にキーマは甘辛くて、二つのルーのバランスが最高。副菜もひとつひとつこだわりたっぷりで、とくに「砂肝65」(南インドの鶏肉料理「チキン65」を砂肝でつくったアンドビールのオリジナル料理)がピリ辛でやみつき。カレーとビールと焼き鳥が好きだから、ゴールデンコンビです!

スパイシーなルーとなら「オーストラリアンIPA」、キーマとなら干し柿から採取した天然酵母で発酵した「トリペル」がぴったり。「なんて、ビールとカレーって合うんだろう」と倫子さんもしみじみ。

夜22時までと遅くまで空いているので、眠りにつく前にカレーを食べられたら、幸せな夢を見られそうじゃない? 二軒目もぺろりと食べちゃいました。年内には店内での醸造も目指しているそうで「次はお店オリジナルのクラフトビールですね」と、早くも次回来店に目がキラリ。

3軒目:5種類から選ぶのが楽しい「くじら」の姉妹店「豆くじら」

3軒目は、駅の方へ戻ります。倫子さん、こんなに食べてて大丈夫ですか?

倫子:食べすぎた次の日は、食事の量を軽くしたり、帳尻を合わせます。でも、食べないということはできない(笑)。あとは歩くことが好きなので、時間が空いたときは次のところまで歩きますね。運動にもなるし、新しいカレー屋さんをみつけられたりするし。だから、普段からスニーカーやヒールのない靴を履いています。

おしゃべりしながら、高円寺の商店街を抜けて3軒目の「豆くじら」にやって来ました。駅近くの大一市場にあるカリーバル「くじら」には訪問済みの倫子さん、よりカレーにこだわり抜いたという姉妹店に来てみたかったそう。

ペッパーチキンやムングダルなどメニューは5種類、メニュー表とにらめっこする倫子さんに「2種盛りがあります」と店主から魔法の言葉が。迷わず、2種盛りで!

オーダーしたのは、ラム肉とひよこ豆のキーマカリーと、今月のおすすめ、ほうれん草とチキンのカレーの2種盛り(1,200円)。一見スタンダードなカレーにみえるのに、ひと口食べるとこれまでと違った味わい。「カレーって奥が深いです」と倫子さんもしみじみ。

ラム肉とひよこ豆のキーマカレーと、ほうれん草とチキンのカレーの二種盛り

倫子:ラムのカレーは、ラム肉のクセがなくてクローブとクミンのスパイスがきいていてとっても爽やか。ほうれん草のカレーは生クリームとバターのおかげで後味がまろやかで、トッピングのパクチーも美味しい。ラム肉のカレーが好きだけどあまりないので、うれしいです。

「くじら」のイラストは大橋裕之さんによるもの

お店に並んだ4種類のミルスパイスをかけるとまた違った味わいに。3皿目も綺麗に完食です。

歩きやすいシューズと夢中な気持ちがあれば、一日中歩き回っても疲れない

高円寺のカレー街歩き、一日中歩き回って疲れていないですか?

倫子:全然! 今まではデザインだけでスニーカーを買っていたけれど、一日歩いてみると、自分の足に合うかだったり、機能性も大事なんだとわかりました。このスニーカーなら機能性も高くて、軽くて、歩きやすかったです。元バスケ部なので、アシックスってバッシュ(バスケットシューズ)のイメージが強かったんですけど、アシックスタイガーならファッションシューズとしてかわいいなと思いました。しかも、あまりない色なので、きれい目に履きこなせるところもいいですね。

カレーに合わせたファッションとも相性抜群な、オリーブ色のシューズ。予定に合ったファッションがばっちりきまっていると、テンションが上がりますよね。カレーの方は、どうでしたか?

倫子:一つ目に行った「ネグラ 妄想インドカレー」のように、素材の旨味を引き立てたオリジナリティの高いカレーもあれば、二つ目の「アンドビール」のようにスパイスががつんときいていて辛さもあるのに、副菜とのバランスが最高なひと皿もあって。三つ目の「豆くじら」はカレーそのものの味わいやバリエーションを楽しめました。どれも身体にやさしくて、おいしくて、お店のこだわりがつまっていて……幸せな気持ちになりました。高円寺に住みたい(笑)。

カレーへの愛に溢れた倫子さんの、幸せと興奮のカレーにときめく街歩き。カレーがこの世にあるかぎり、きっと、まだまだつづきます。

PROFILE

村田倫子
村田倫子

1992年10月23日生まれ、千葉県出身のモデル。ファッション雑誌をはじめ、テレビ・ラジオ・広告・大型ファッションイベントへの出演など幅広く活動している。自身初のスタイルブック「りんこーで」は発売から1週間で緊急増刷となり、各種SNSのフォロワー数も急上昇中。趣味であるカレー屋巡りのWEB連載企画「カレーときどき村田倫子」では自らコラムの執筆も行ない、ファッションだけにとどまらず、そのライフスタイルでも注目を集めている。

INFORMATION

ブランド情報
ブランド情報
ASICSTIGER PERCUSSSOR TRS

1980年代に発売されたトレーニングタイプシューズ、「VICKKA」にインスパイアされたモデル。安定性を高めるため、ヒモ締めがしっかりとできるように、アイレットステイの形状が特徴的になっている。ライフスタイルテイストのミニマルなデザインに生まれ変わった。

ASICSTIGER 公式ホームページ

お問い合わせ先/アシックスジャパン株式会社 お客様相談室 0120-068-806

■販売店
ASICSTIGER OSAKA SHINSAIBASHI / ASICSTIGER 代官山ポップアップストア(オニツカタイガー代官山内コーナースペース) / ASICSTIGER 原宿(アシックス原宿フラッグシップ内) / アシックスタイガーオンラインストア / ABC-MART/ スーパースポーツゼビオ / CORNERS / ムラサキスポーツ / ヴィクトリア / SteP / ASBee / Parade
※一部店舗限定で取り扱い中

リリース情報
村田倫子
『りんこーで』

2016年2月23日(火)発売
価格:1,404円(税込)
発行:学研プラス

Amazon

ショップ情報
妄想インドカレー ネグラ

住所:〒166-0003 東京都杉並区高円寺南3-48-3
時間:木〜日 12時〜22時営業(月・火・水は定休日)

Instagram

アンドビール

住所:〒166-0002 東京都杉並区高円寺北4-2-24 アールリエット高円寺A105
時間:水〜金 11時30分~14時、17時~22時(土・日は11時30分~22時、月・火は定休日)

Facebook

豆くじら

住所:〒165-0034 東京都中野区大和町1-31-4
時間:水〜月 12時〜21時(火は定休日)

Twitter

カレー偏愛家・村田倫子、高円寺のニューカマーなカレー屋を巡る

SHARE!

カレー偏愛家・村田倫子、高円寺のニューカマーなカレー屋を巡る

She isの最新情報は
TwitterやFacebookをフォローして
チェック!

RECOMMENDED

LATEST

MORE