結婚式ってこんなに自由。青柳文子、犬山紙子と結婚と生活を考える

Happy Very Much × She isのコラボイベントレポ

2018年5月 特集:生活をつくる
SPONSORED:Happy Very Much
テキスト:小沢あや 撮影:鈴木渉 編集:竹中万季
  • SHARE

結婚を考えている人だけでなく、自分らしく穏やかな生活をおくりたい人にとってのヒントも

5月6日(日)、東京・浅草にあるカフェ「BEARS TABLE」にて、She isとウエディングプロデュースブランド「Happy Very Much」のコラボレーションイベント『She is × Happy Very Much Special Day』が開催されました。

Happy Very Muchは、「『こうあるべき』に縛られた、窮屈な結婚式をあげるのではなく、自分たちらしく自然体のお祝いを選んでほしい」という理念のもと、場所、時間、セレモニー、料理、衣装、演出、ギフトなど、今ある常識や制約にとらわれず、二人の空気を生かしたウエディングづくりをプロデュースしているブランド。

Happy Very Muchが手がける結婚式が数多く開かれているカフェレストラン「BEARS TABLE」がイベントの会場に

結婚式には決まりきったルールはないから、人生の節目の喜びを大切な人たちと分かち合うために、想像している「結婚式」よりもっと自由で自分にぴったりのものがあるはず。今すぐ結婚を考えている人だけでなく、これから結婚という選択肢をする可能性がある人に少しでも考えてもらえたら、という思いから今回のイベントは企画されました。

本やDVD、CDが並ぶ棚に、活版印刷の機械も。アトリエのような場所で作る結婚式

イベントの会場となったBEARS TABLEは浅草に古くからあるという築50年の情緒のあるビルの1階にあり、上の階にはHappy Very Muchで結婚式を行うときにプランナーと打ち合わせをする広々としたアトリエが。どのようなパーティーにするかインスピレーションを与える本やDVD、CDが並ぶほか、ウエディングに必要なカードなどを作ることができる活版印刷の機械も揃っていて、どこか工房のような雰囲気が漂っています。ここで結婚式を挙げる二人と一緒に装飾物やアイテムを作ったりすることも多いそう。

広々としたアトリエ

ファッションやエッセイなど、様々なジャンルの本が並ぶ

Kenichiro NishiharaのCD、ウェス・アンダーソンの映画やSigur Rosの野外ライブDVDなど、素敵なパーティーと結びつきそうな音楽や映画が揃う

活版印刷ができるスペース

Happy Very Muchではお花屋さんやカメラマンのほか、様々な得意分野を持つスタッフやクリエイターとのつながりがあることも魅力の一つ。今回のイベントでは特別に、She isのGirlfriendでもあるエヒラナナエさんによるウエディングポートレイトや、結婚式の後も飾っておきたくなる刺繍のリングピローなど、何人かのクリエイターが作品を持ち寄ってくれました。結婚式では、Happy Very Muchのスタッフとクリエイターたちがチームを組んで、特別な一日を作り上げていくそうです。

エヒラナナエさんのウエディングポートレイト

「hoshimitsuki」の刺繍のリングピロー

普段使いもできそうな「ミズイロトシロ」のアクセサリー

繊細なレースが美しい「preparage」のウエディングドレス

今回のイベントでは、Happy Very Muchのメンバーである熊田大志さん、中澤茉里さんにゲストの青柳文子さんと犬山紙子さんを加えた「私たちらしい結婚式、その先にある暮らし」をテーマとしたトークショーのほか、ウエディングシーンで重要な「花」と「写真」をテーマにした二部構成のワークショップも実施。結婚を考えている人だけでなく、自分らしく穏やかな生活をおくりたい人にとってのヒントも多かった当日の様子をレポートします。

PROFILE

青柳文子
青柳文子

ファッションモデル・女優。独創的な世界観とセンスで20代女性の支持を集める。雜誌の他、映画、TVドラマ、バラエティ番組、アーティストMVと多方面で活躍中。企業商品プロデュースや執筆業など様々な分野で多彩な才能を発揮している。主な出演作品に『サッドティー』(2014年)、『知らない、ふたり』(2015年)など。

犬山紙子
犬山紙子

仙台のファッションカルチャー誌の編集者を経て、家庭の事情で退職。その後6年間東京でニート生活を送りつつ毎晩飲み歩くことで、女の友達が芋蔓式に増えていき、彼女らがアラサーになるにつれてみんな恋愛で苦戦するようになったので、それをブログにイラストとエッセイで書き始める。ツイッターでその模様が拡がり、マガジンハウスからブログ本「負け美女」を出版。多数の女性から「私の周りにも負け美女がいます!」との声があがり、共感を得て、話題になり、現在TV、ラジオ、雑誌、Webなどで粛々と活動中。基本ゲーム好きでサブカル仲間も非常に多く、その交遊関係はかなり幅広い。2014年に結婚、2017年に第一子となる長女を出産。

INFORMATION

ブランド情報
Happy Very Much

Happy Very Much は、同ブランドが運営する東京浅草と大阪南堀江のカフェ「BEARS TABLE」を拠点に活動する、ウエディングプロデュースチームです。場所、時間、セレモニー、料理、衣装、演出、ギフト……すべてにおいて、今ある常識や制約にとらわれず、二人の空気をそのまま生かす、リラックスしたウエディングづくりをトータルでお手伝いしています。
HAPPY VERY MUCH
happyverymuch_wedding - Instagram

結婚式ってこんなに自由。青柳文子、犬山紙子と結婚と生活を考える

SHARE!

結婚式ってこんなに自由。青柳文子、犬山紙子と結婚と生活を考える

She isの最新情報は
TwitterやFacebookをフォローして
チェック!