服を選ぶルールに「知る」を加えてみる。過程に哲学があるブランドたち

服を選ぶルールに「知る」を加えてみる。過程に哲学があるブランドたち

伊勢丹新宿店TOKYO解放区が選んだ4つのブランド

2020年1・2月 特集:これからのルール
SPONSORED:TOKYO解放区
テキスト:千葉雛子 編集:竹中万季
  • SHARE

デートの待ち合わせなどで“ちょっと背伸びをする”瞬間を演出する助けになればという思いで服を作るBELPER

最後にご紹介するブランドは「BELPER(ベルパー)」。BELPERは、どこまでもリアルな感じのするブランドです。

そのリアルさは、デザイナーの尾崎雄一さんの想像力の丁寧さと正確さからきているのだろうけれど、男性である尾崎さんがウィメンズのお洋服をこんなにリアルに作っていて、かつミューズはいないとおっしゃるものですから、「一体どうやって考えているの?」というのが尾崎さんに対する私にとっての最初の疑問であり興味でした。

思い切って尾崎さんに、「どうやってアウトプットを考えているんですか?」とお伺いしたときに、「そのお洋服を着ている人との“待ち合わせ”を想像する」と言われ、そして、その流れで「デートの待ち合わせなどで“ちょっと背伸びをする”そんな瞬間を演出する助けになればとお洋服を作っている」なんて言われてしまい、ますます面白くて素敵なブランドだなと思ったのをよく覚えています。

BELPERのお洋服はTOKYO解放区でも何度かお取り扱いをしていて、年々本当に「リアルクローズ」になっていくのを感じています。映画をいつもインスピレーション源にしているBELPER(20SSは『華麗なるギャッツビー』です)ですが、シーズンコンセプトやシチュエーションを上手に「背伸び」を加えながら昇華させ、着たくなるリアルクローズにしてしまうのがBELPERのすごいところだと思っています。

BELPERデザイナーの尾崎雄一さんにも、「これからのルール」をテーマにコメントをいただきました。

着ていて、テンション上がるものでありたいですね。そして、作る上で意識しているものは「背伸び」の瞬間。例えば、普段スニーカーだけど、今日はヒールにしようかな、とか。それって精神的なものだとは思うんですが、日常のちょっとしたファッションでの背伸び(自己演出)が1日の気分を変えると思っていて、BELPERがその瞬間の一部になれればと思ってデザインをしています。

世の中のルールというのかはわからないですが、音楽でもなんとなく適したシチュエーションっていうものがあって、それを裏切ることを演出の一部として使うことってあると思います。適当な例で言えば、パンクバンドが綺麗なコンサートホールでライブをするってなったら良いか悪いかは別として何か意図してることがあるんだろうなと思ったり、はたまた、オーケストラがナイトクラブで演奏するっていうのもありなのかもしれません。

何がルール(正しいとされてること)かという部分と常に向き合って、逆らうのか逆らわないのかを選択して取り組むことが大事なことだと思います。

表参道で、着物を着て歩くということが日本なのにもはや浮いてしまう時代。街並み、車、音楽、テクノロジー、匂い、いろんなものが常に変化し続け、それに対していろんな形で服も同じく変わっていっている。その変化をいかに楽しんで向き合えるかが「背伸び」の瞬間を演出する上では大事な部分になるなと思っています。

お洋服の、「おまもり」みたいに自分を強くしてくれるところが私はとても好きです。もちろん、ファッションにはコミュニケーションツールの側面も多くあります。でも、誰かのため・社会のために装うだけでなく、おまもりみたいに、自分のために装うことも素敵だなと思っています。

そして、自分のために装うのなら、尚一層のこと、お洋服のことを知ってもらいたいですし、知りたいと思ってもらいたいです。知ることで同じ「纏う」行為に幾層もの意味を重ねることができるし、ファッションはたのしんで生きていくためのきっかけにいくらでもなれることや、愛しんでしまいたくなるものだということを再認識することになるはずです。

そして、一緒にファッションを愛しめるひとが世界にどんどん増えたら、TOKYO解放区の思いでもある「ファッションをたしなみ、カルチャーをたのしむ。」ことにつながると信じております。会期は二週間ございます。是非店頭にもあそびにきてくださいませ、お待ちしております。

PROFILE

千葉雛子

2018年(株)三越伊勢丹に入社。TOKYO解放区の店頭スタイリストを経て、2019年4月よりTOKYO解放区の担当を務める。現在ここの学校に在学中。趣味で、夜空と交差する森の映画祭の代表補佐としても活動している。

INFORMATION

イベント情報
イベント情報
TOKYO解放区「知る」

2020年2月26日(水)~3月10日(火)
場所:東京都 伊勢丹新宿店新宿伊勢丹本館2F RestyleTOKYO

今回ご紹介した4ブランドのほか、それぞれのブランドのコラボレーション商品、メインビジュアル・ロゴを担当したMaya Numata Graphicの陶器等も店頭に並ぶ。

また、会期中には、三越伊勢丹アプリをダウンロードしていただいた先着500名のお客さまに、「TOKYO解放区2020年ロゴ入り」のステッカーをプレゼントいたします。
※なくなり次第終了となります。

ブランド情報
ブランド情報
koll

混沌とした日常と静寂な非日常の中間、強さと繊細さの狭間を揺れるように生きる現代女性へ向けた衣服を提案。
ニューノスタルジックエレガントというキーワードを軸に、古き良き歴史のエッセンスと‘今’の時代感のスタイルを調和させた表現を行なっている。

TOKYO解放区「知る」会期中には、石内都『Mother's』に出てくる美しいブルーつながりで、美しいブルーの陶器を作る「nanakamio(ナナカミオ)」とコラボレーションしたコレクションで使用したレースを焼きこんだ花瓶などの陶器も展開。2月26日~3月3日の期間は、鮮やかで優しいお花が得意な花屋「gui flower(グイフラワー)」と一緒にVPも飾る。

Instagram

ブランド情報
ブランド情報
RURI.W

受け継がれたものを繋ぐ
服のもつ背景を知る
時代 用途 そしてどんな人物が
着用していたのかを手繰る
そこからデザインのリサイクルをするかのごとく
新たな服を生みだす

TOKYO解放区「知る」会期中の3月1日~3月3日、創作のインスピレーション源となった、デザイナーのおじいさまの写真アルバムなどを展示予定。会期中はアクセサリーブランド「lumgo,se(ルミゴーシェ)」とコラボしたオリジナルアクセサリーも展開。

Instagram

ブランド情報
ブランド情報
SREU

シーズンテーマは設けておらず、一点物の既製服をコンセプトに掲げる。
リメイクという軸は変わらずに、アップサイクルの要素も加えよりサスティナブルな服作りを目指す。

TOKYO解放区「知る」会期中はさまざまな古着をリメイクしたコレクションを展開。今回の企画内では特別に「LACOSTE(ラコステ)」の古着を使用したシリーズも展開する。3月には20FWのショーも控えており、会期中にSREU商品をお買い上げいただいたお客さまにはショーのインビテーションを贈呈。

Instagram

ブランド情報
ブランド情報
BELPER

難しいコンセプト並べるとかでなく、純粋に手や目で触れた時に、素敵、かっこいい、着たい、などといった何かしらの感動を人に与えられるモノ作りを目指しています。
人が見えるクリエーションでありたいと思う。

TOKYO解放区「知る」会期中の3月4日~3月10日は、油絵などを交え、映画『華麗なるギャッツビー』を感じさせる20SSのインスタレーションも展開。

Instagram

服を選ぶルールに「知る」を加えてみる。過程に哲学があるブランドたち

SHARE!

服を選ぶルールに「知る」を加えてみる。過程に哲学があるブランドたち

She isの最新情報は
TwitterやFacebookをフォローして
チェック!

コメントする前に こちらの利用規約
必ずご確認ください

コメント

コメントはMembersのみ行うことができます
Membersについて詳しくはこちら
/ Membersの方のログインはこちら

RECOMMENDED

LATEST

MORE

LIMITED ARTICLES

She isのMembersだけが読むことができる限定記事。ログイン後にお読みいただけます。

MEMBERSとは?

202010-gift-myself04

haru.さんが設立したHUGから「ご自愛」をテーマにしたオリジナルプロダクトが登場