2020年4月7日(伊波英里)/違う場所の同じ日の日記

家にいたくてもいられない人達に感謝を伝えたくて

テキスト:伊波英里
  • SHARE

4月7日(火)

世界保険デー。医療従事者の方々のマスクの跡の写真がSNSで流れてきて心苦しくなる。
医療従事者の方々はもちろん、研究者の方々やスーパーやコンビニで働いてくれている方々、ゴミ収集業者さん、運送業者さん、
公共機関で働く方々など、家にいたくてもいられない人達に感謝を伝えたくて、このグラフィックを描きはじめた。
1日でも早く収束する事を願いつつ、想像力を保ちたい。

「違う場所の同じ日の日記」
この日々においてひとりひとりが何を感じ、どんな行動を起こしたのかという個人史の記録。それはきっと、未来の誰かを助けることになります。
ほかの方の「違う場所の同じ日の日記」へ

PROFILE

伊波英里
伊波英里

東京都在住。2003年創形美術学校ビジュアルデザイン科卒業後、ニューヨーク滞在を経て、2010年よりグラフィックアーティストとしての活動を開始。グラフィックデザインに軸足を置きつつ、映像やプロダクト、空間演出、テキスタイルなど、表現媒体を問わず多岐に渡り活躍中。近年の主な仕事に、伊勢丹新宿店 ショーウィンドー、PARCO広告、NEWoMan広告などがある。

2020年4月7日(伊波英里)/違う場所の同じ日の日記

SHARE!

2020年4月7日(伊波英里)/違う場所の同じ日の日記

She isの最新情報は
TwitterやFacebookをフォローして
チェック!

コメントする前に こちらの利用規約
必ずご確認ください

コメント

コメントはMembersのみ行うことができます
Membersについて詳しくはこちら
/ Membersの方のログインはこちら

RECOMMENDED

LATEST

MORE

LIMITED ARTICLES

She isのMembersだけが読むことができる限定記事。ログイン後にお読みいただけます。

MEMBERSとは?

gift01

月額800円で毎月「体験できる」She isからの贈り物を