お灸、ぬいぐるみ、石探し。7人それぞれの「わたしだけの癒やし方」

お灸、ぬいぐるみ、石探し。7人それぞれの「わたしだけの癒やし方」

植本一子、櫻子、後閑麻里奈、砂糖シヲリ、つめをぬるひと、村田倫子、吉野舞

2020年7・8月 特集:癒やしながら
編集:竹中万季
  • SHARE

村田倫子/癒やしのもふもふ。愛犬のむぎ

ガチャリ。

扉を潜る。玄関のお気に入りのフレグランスが鼻腔をくすぐり、ほっと肩の力が抜ける。「今日もお疲れ様。わたし……」。

そんな余韻に浸るのも束の間、もふもふの塊がわたしを目掛けて飛び込んでくる。

茶色のまあるい毛玉が転がり、時おり跳ねながら全力で迫ってくる姿は、何度見ても目尻がさがる。

ただいま、むぎ。

三年前に家族になった私の愛犬。

ポメラニアンとチワワのミックス。あったその日から、私は彼女にメロメロだ。
友人とのランチの帰り、ふと立ち寄ったペットショップでむぎに出会った。

小さな茶色の身体、ぶんぶんと千切れそうなほど動く尻尾、靴下を履いた様な白い脚、まあるい瞳。もう、目があった瞬間にこの子と一緒に時を刻みたいと思った。あぁ、一目惚れってこうゆうことなんだ……。恋愛では反応しなかった錆きったメータが、一度に振り切れた。私の突発的な(何かに取り憑かれた様な)決断を目の当たりにしていた友人は、驚きを越してもはや引いていた。

でもこの日を境に、私の中で確かに何かが変わったんだ。

豊かな感受性、嘘をつけない尻尾、もふもふの毛並み、麦の香りがする肉球。
毎日、精一杯にその小さな身体で日常を感じて、表現してる。

この子と過ごす様になってから、私は不思議と素直になれた。人に身を委ねて、気持ちを表現すること。ずっと怖かった、恥ずかしかった。むぎとの生活で、フィルターのかからない感情を受けとることは、思ったより嬉しいことだと知った。

家の中をピクミンよろしく、私の後ろにくっついてテクテク歩くこと。

言葉を投げかけると、首を傾げながらじっと見つめてくること。

仕事で落ち込んで家の隅で肩を落としているとき、涙をぺろりとすくってくれること。

寂しいとき、そっと寄り添って体温を分けてくれること。

玄関口で、むぎをわしゃわしゃと撫で回し、ギュッと胸元に寄せて抱きしめる。

「きゅん」と喉を鳴らし、私の顔をなめるむぎ。
毎日癒やしと平穏をありがとう。

黒目がちのまあるい瞳は、曇りなく、今日も優しく光っていた。

PROFILE

植本一子
植本一子

1984年、広島県生まれ。2003年、キヤノン写真新世紀で荒木経惟氏より優秀賞を受賞し写真家としてのキャリアをスタートさせる。広告、雑誌、CDジャケット、PV等幅広く活動中。13年より下北沢に自然光を使った写真館「天然スタジオ」を立ち上げ、一般家庭の記念撮影をライフワークとしている。著書に『働けECD わたしの育児混沌記』『かなわない』『家族最後の日』、共著に『ホームシック 生活(2〜3人分)』(ECDとの共著)がある。

櫻子
櫻子

ekot spectrum works / 檸檬はソワレ ディレクター
1992/05/07 東京都出身
幼少時から東京、深圳、香港での生活を経て、貿易関連の業務に従事しながら、2015年からワックスサシェ・キャンドルの制作をはじめ『檸檬はソワレ』として活動をスタート。2018年3月より、檸檬ソワレを包括し、より裾野を広げた制作・提案を目的とした『ekot spectrum works (エコー・スペクトラム・ワークス)』を立ち上げ展開中。
東京、札幌、大阪など複数の店舗での取り扱いの他、イベント出展も多数。
最近ではMUSIC VIDEOへの作品提供や、手塚治虫生誕90周年アニバーサリーコラボレーション等、活動の幅を広げている。

後閑麻里奈
後閑麻里奈

尾道在住。広島空港内にある、ヴィーガンミルクチョコレートファクトリー「foo CHOCOLATERS」工場長。女性・クィア・トランス・ノンバイナリーに向けたプロジェクト「GRRRDEN」を始動。不定期でzineの発行やDJイベントを開催している。アンダーウェア・プロジェクト「Kiss Your Grrrden」やzineなどの個人制作物を主に扱うミニショップ兼インフォスペース「Virgo Stingray」もマイペースに活動中。

チーム未完成
チーム未完成

しをりん、ゆりしー、ぴっかぱいせん、ゲッツ!の落ち着いた大人の女性4名によるクリエイターごっこ集団。各々が、写真、デザイン、似顔絵、文章、音楽制作、DJ、ガヤなどの一発芸を持ち、2014年夏に渋谷センター街に彗星の如く出現した気でいます。パンと書かれたステッカー、パンのZINE、パンのグッズ、パンの楽曲等を次々と発表し、主にアートイベントの賑やかしとして活躍しています。最近は海外のアートブックフェアに乗り込んだり、CHAIやDJみそしるとMCごはんのMV制作もやらせてもらって恐縮です。

つめをぬるひと
つめをぬるひと

爪作家。CDジャケットやイベントフライヤーのデザインを爪に描きそのイベントに出没する「出没記録」、「身につけるためであり 身につけるためでない 気張らない爪」というコンセプトで爪にも部屋にも飾れるつけ爪の制作、爪を「体の部位で唯一、手軽に描写・書き換えの出来る表現媒体」と定義し、 身体性のあるファンアートとして、DOMMUNEの配信内容を描く「今日のDOMMUME爪」。これら活動を並行しながら年に数回、人に爪を塗る「塗る企画」を TONOFON FESTIVAL2017等の音楽フェスやその他イベントにて実施。

村田倫子
村田倫子

1992年10月23日生まれ、千葉県出身のモデル。ファッション雑誌をはじめ、テレビ・ラジオ・広告・大型ファッションイベントへの出演など幅広く活動している。自身初のスタイルブック「りんこーで」は発売から1週間で緊急増刷となり、各種SNSのフォロワー数も急上昇中。趣味であるカレー屋巡りのWEB連載企画「カレーときどき村田倫子」では自らコラムの執筆も行ない、ファッションだけにとどまらず、そのライフスタイルでも注目を集めている。

吉野舞
吉野舞

1995年生まれ。淡路島生まれ、育ち。
写真を撮ったり、文章を書いたりしています。
座右の銘は「人生の大体の出来事は、自分のせいで人のおかげ」。
今、東京。

お灸、ぬいぐるみ、石探し。7人それぞれの「わたしだけの癒やし方」

SHARE!

お灸、ぬいぐるみ、石探し。7人それぞれの「わたしだけの癒やし方」

She isの最新情報は
TwitterやFacebookをフォローして
チェック!

コメントする前に こちらの利用規約
必ずご確認ください

コメント

コメントはMembersのみ行うことができます
Membersについて詳しくはこちら
/ Membersの方のログインはこちら

RECOMMENDED

LATEST

MORE

LIMITED ARTICLES

She isのMembersだけが読むことができる限定記事。ログイン後にお読みいただけます。

MEMBERSとは?

gift01

月額800円で毎月「体験できる」She isからの贈り物を