個を保ち、時に連帯する。She isがはじめる、4つの新しい取り組み

オンラインコミュニティ「She is TALK ROOM」、新Membersプラン、限定オフ会がスタート

  • Oct 2.2018
  • SHARE

「自分らしく生きる女性を祝福する」。
これが、She is立ち上げのときの合言葉でした。

「自分らしく生きる」というのは、自分の心を知っているということ。
だれにもなににも脅かされず、選択を積み重ねた人生を自分が肯定できるということ。

「自分らしく」という言葉は大切なものだけれど、
同時に使いやすく便利な言葉でもあるために、
意味を深く考えなければあっというまに形骸化するし、
その響きに簡単に慣れてしまう。

だから「自分らしくいる」とはどういうことか?
それはなにをもたらすのか?
ということを問い続ける必要があると日々感じています。

・どんな状態の自分が好きかを知ることで、個を深めていく。
・群れるのではなく、個を持ちながらも、必要な時に手をとりあい助けあい、連帯していく。

これが、She isとして「自分らしくいる」ために必要なことなのだと仮定して、わたしたちは実験したいと思います。

SNSという場所が生まれて、ひとりひとりの個人の声を掬えるようになりました。
だけど、その場所に多数決の原理が働き始めたとき、大きな声や複数の声、時には負の力が個人の声を奪う場面も増えていくように感じています。
大きいことは必ずしも悪いことではないし、「批判」ではなく「批評」は有効な行為です。
だけど、あまりにも大きくなってしまった声によって、数の原理で、聞こえなくなる声、閉ざされてしまう心があるとも思うのです。

だから、まずは個人が自分の声に耳を澄ますことができる穏やかな場所をつくりたい。
そうやって自分の輪郭を取り戻したい。
ネガティブを包み込むポジティブな力で、アイデアを交換する場所を。
アイロニーをちょっぴり上回るユーモアの精神で、理想を掲げる場所を。
そういう場所をつくりたいと思います。

世界をこのように見るのだという視点と、
見たい世界を照らすような心が集まる場所で、
情緒を育み、自由にのびのびと話す、そのための練習をしよう。
ささやかでも確かに自分と大切な人たちの心を守るために。

世の中には明るい光がある、と思う。
わたしたちは、孤独を選びながら、連帯を選ぶこともできるということ。
そして孤独に戻ることもできるということ。すべては心のままに。

She is 野村由芽、竹中万季

She isのこれまでとこれから

She isはこれまで、人生において「あなたはどう生きる?」と問われる場面で、その選択を社会や他人の尺度ではなく、自分ごととして考えるための土台をつくってきました。

また、参加型のコミュニティとして、月額3,500円で登録いただいた有料Membersの方々には日々を祝福するギフトをお届けしたり、イベントの優待限定記事メールマガジンの配信などを通して、She isとの関わりをつくってきました。

この「場所」としての価値をより広く、深く届けていくため、Membersに関して新しい取り組みを開始します。

オンラインコミュニティ「She is TALK ROOM」が始まります(※10月中旬以降開始予定)

She isのMembersのみが使用できるオンラインコミュニティ「She is TALK ROOM」をMembersページ内に開設します。TALK ROOMではMembersが自らトピックを立てることができ、Membersはその中で自由に書き込み、他のMembersとの交流を行うことができます。また、Girlfriendsとの交流や、編集部によるトピックなどもあるかも。好きなものや語りたいことを軸に、新たな出会いを提供します。Membersはプロフィールページをつくり、自由に設定したペンネームで投稿することができます。

「She is TALK ROOM」は、TwitterやFacebook、InstagramなどのオープンなSNSではできない意外な出会いや、自分の好きなものを誰かと深く語り合える空間がもたらされる運営を行っていきます。群れるのではなく、自分が自分らしくいることを目的とした場所づくりを目指します。

※キャプチャ画像はサンプルのため、変更の可能性があります。
※She is TALK ROOMの中で立てるトピックについては、編集部によるチェックがあります。

月額800円(予定)の有料Members新プランが始まります(※11月中旬以降開始予定)

これまで月額3,500円で登録いただいた有料Membersの方には、月に1度ギフトをお届けしてきましたが、オンラインコミュニティ「She is TALK ROOM」、限定記事の閲覧、メールマガジンのみ受け取ることができる新プランが11月中旬以降、月額800円(予定)でスタート予定です。また、プランの変更は入会後にも可能です。

月額3,500円のMembers 月額800円のMembers
①ギフトが届く
②イベントの優待が受けられる
③Members限定記事が読める
④メールマガジンが受け取れる
⑤She is TALK ROOMが利用できる
⑥She is MEETINGに参加できる
⑦プレゼントキャンペーンに参加できる

Members限定オフ会「She is MEETING」が始まります(※11月中旬以降開始予定)

月額3,500円の有料MembersとShe is編集部で集まりお話をする「She is MEETING」を毎月1回開催します。特集テーマについてお茶やお酒を飲みながら編集部メンバーとおしゃべりしたり、ときにはGirlfriendsの参加も予定しています。今後She isで行っていきたい企画についてもお話する、ゆるやかなミーティングスタイルのイベントです。

豆本シリーズ「She is POCKET LIBRARY」、お届け中です

9月のギフト「お金と幸せの話」より、通常の文庫本よりも少し小さくポケットにも入るサイズの豆本シリーズ「She is POCKET LIBRARY」を毎月お届け。9月末までにMembersに申し込んだ方にお届けしているギフトでは、vol.1として『寝ても覚めても』でも知られる芥川賞作家・柴崎友香さんによる書き下ろし作品をお届けします。vol.2はこれから告知予定ですので、お楽しみに。今後も3,500円のMembersの方には、日々を祝福し生活に彩りを与えるギフトをさらに充実した内容でお届けしてまいります。

She isは、これからより一層、Membersのみなさまと双方向にこの場所をつくっていきたいと思っています。今後も末永く、と願いながら、まずはこの瞬間を一歩ずつ、ともに歩いていけますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

SHARE!

個を保ち、時に連帯する。She isがはじめる、4つの新しい取り組み

She isの最新情報は
TwitterやFacebookをフォローして
チェック!

RECOMMENDED

LATEST

MORE

LIMITED ARTICLES

She isのMembersだけが読むことができる限定記事。ログイン後にお読みいただけます。

MEMBERSとは?