6月の特集「おんなともだち」のVOICE公募をスタート(6/14まで)

  • Jun 1.2018
  • SHARE

6月の特集である「おんなともだち」をテーマに、「VOICE」を書いていただける方の公募をスタートします。

「おんなともだち」 コンセプトメッセージ

人は変わる、友達も変わる。
友達との関係も、変わります。

「女友達」という言葉が怖いっていう声もある。
結婚、出産、住むところ。環境が変わると、
人と人は分断されることもあると聞く。

でも人は、そのとき誰といたとしても
結局はひとりがひとりのままで
自由に近づいたり離れたりしてる。
だから「女友達」がどんな存在なのかは、
自分の心が決めればいい。

はなればなれのあの子、元気にしてますか?
いまは一緒にいなくても、
一度会ったことがあれば夢で会えるよ。
いつもそばにいてくれるあの子が、幸せになりますように。
遠く、近く、友に向かって、愛を光らせるということ。

こちらとあちらで
ときには手をとりあって、ときには思い出して、
おとめたちよ、生き抜こう。
すばらしい人生を得よう。

「女友達」という言葉には、どんなイメージがあるでしょう? ポジティブなものもあれば、ネガティブなものも含まれるかもしれません。でも、もしも「女性同士が集まるとこわい」といったウワサがあるとしたら、それはなぜでしょう? 「女友達」といってもそのかたちはさまざまなはずなのに。

私たちは、刻々と変わっていきます。大人になれば、社会的な役割を背負い、肩書きも増えていく。でもそんな役割や肩書きが息苦いと感じたとき、いまの時代を生き抜く女友達というのは、まるで戦友のように、その知性と感性で風穴をあけてくれるかもしれないし、時に生きのびるための理由になるかもしれない。ライフステージをとびこえて、大人になった私たちと、友達の関係を考えていきます。

内容については、コンセプトメッセージを受けて自由に考えていただいて構いません。エッセイやショートストーリーのほか、ご自身の考察を含んだコラム、イラストやマンガ、写真・映像などの作品も大歓迎です。

公募の中から編集部が選んだ原稿・作品を1本、6月中に掲載させていただきます。
これまでの公募記事に関してはこちらからご覧いただけます。

原稿・作品について

・テキストがメインの場合、ファイル形式はWordで、docまたはdocx形式で保存をお願いします。画像などを入れ込んでいただいても構いません。ファイルは3MB以内でお願いいたします。原稿の文字数は800〜1500文字程度でお願いします。
・イラストやマンガ、写真・映像などの作品の場合は、3MB以内の場合は直接添付いただくか、それ以上の場合はアップ先をお知らせいただけますと幸いです。どのような意図で作品をつくられたか、メール本文への記載で構いませんので500〜1000文字程度でいただけますと幸いです。

応募方法

hello@sheishere.jpまでメールをお送りください。件名は“VOICE公募:「おんなともだち」”でお願いします。

記載いただきたい内容
・お名前
・年齢
・職業
・Twitter、Instagram、Website、ブログ、noteなどのURLがあれば

応募に関する注意

・今回の公募で、ウェブマガジンに掲載できる記事は1本です。掲載させていただく方には謝礼をお支払いいたしますが、今回掲載を見送らせていただいた方にはお支払いできませんのでご了承ください。
・掲載を見送らせていただいた方は、ご自身のブログなどで応募したテキストを掲載していただいて構いません。メールマガジンやSNSなどでテキストをご紹介させていただく可能性がございますので、よろしければURLをお知らせください。
・記事を掲載する際には、必要な範囲内で編集部による編集を経て公開させていただく想定です(編集内容に関しては、もちろん事前にご確認いただきます)。
・記事を掲載させていただく方のプロフィールをウェブマガジン公開後のGirlfriendsのページに掲載します。プロフィール画像やプロフィール文について、別途ご依頼をさせていただきます。

〆切

6月14日(木)

掲載についてのご連絡

掲載する場合のみ、〆切から1週間前後でご連絡

She isでは、ウェブマガジンやギフト、イベントなどを「Girlfriends」と呼んでいる魅力的な女性たちと編集部で一緒に作っていきます。「VOICE」の公募で選ばれた方にもGirlfriendsになっていただきたく思いますので、たくさんのご応募、お待ちしております!

SHARE!

6月の特集「おんなともだち」のVOICE公募をスタート(6/14まで)

She isの最新情報は
TwitterやFacebookをフォローして
チェック!

RECOMMENDED

LATEST

MORE