青柳文子さん・犬山紙子さん参加のトークも。
『Happy Very Much×She is Special Day』が開催決定

  • May 1.2018
  • SHARE

ゴールデンウィーク最終日の5月6日(日)、東京・浅草にあるカフェ「BEARS TABLE」で、She isとウエディングプロデュースブランド「Happy Very Much」のコラボレーションイベント『She is×Happy Very Much Special Day』の開催が決定! 朝10:00〜夕方17:30までお店を貸し切り、ランチやお茶をしながらウエディングのプロに暮らしを豊かにする方法を教えてもらえるお花や写真のワークショップや、自分らしい結婚式や暮らしについて考えるトークイベントを行います。

トークイベントでは、モデルの青柳文子さんとエッセイストの犬山紙子さんにもご登場いただき、ご自身の結婚式やパートナーとの暮らしについてお話いただくほか、多くの結婚式をプロデュースしてきた「Happy Very Much」の熊田大志さん、中澤茉里さんにもご登場いただき、「自分らしい結婚のお祝いのあり方」について話を深めていきます。

ワークショップやトークと充実の内容なので、結婚を考えている人はもちろん、自分らしい暮らしを見つけたい人にとっても持ち帰るものが多い一日になるはずです。ゴールデンウィーク最後の一日をゆったりとした時間の流れる浅草で過ごしてみるのはいかがですか?

ワークショップやトークイベントの詳細・お申込みについては、下記をご覧ください。

ワークショップ『花と写真』 produced by Happy Very Much(10:30〜14:30)

InstagramなどのSNSの影響もあり、写真を撮ることやお花を活けることは以前より身近な存在になりつつあるように思います。その一歩先の楽しみ方を、ウエディングのシーンでも人気のプロに教えてもらう2つのワークショップをご用意しました。

お花のアレンジを学べる『key flowerのすすめ』、写真の撮り方を学べる『視点を変える写真術&ポートレート撮影』、どちらも生活を少しだけ豊かにするアイディアを持ち帰れるはず。今回のイベントだからこそ実現できた特別価格でご提供しているので、ぜひ気軽に参加してみてくださいね。

ワークショップ① 花『key flowerのすすめ』(10:30〜12:30)

今回のワークショップでは、一歩先の花の楽しみ方を体験していただくために、「key flower」というアイデアを紹介します。key flowerとは、自身にとって大切なお花を見つけ、毎年季節が巡る中でそのお花を飾って楽しむ、という花との関わり方。それは単純に、形や色が好きな花、ということもあれば、例えば自分の結婚式の時期に旬を迎えていた花、子供が生まれた時に咲いていた花、ということもあるでしょう。

満開の桜を見ると、誰もが学校に入学した時のことをふんわり思い出すように、様々な花が、様々な記憶と結びつく、key flowerになり得るのです。

当日は、有名なものからマイナーなものまで、5月に旬を迎える様々な種類のお花を会場にご用意。今回は、それぞれの参加者の皆さまに、ご自身が惹かれる花を選んでいただき、その花がもっとも素敵に映えるアレンジの作り方をウエディングを中心にディスプレイや装飾など様々な分野で活動するflower&plants asebiの吉崎さんがレクチャーします。

レッスンの前後に吉崎さんから聞ける、マニアックかつ魅力的な花の裏話もお楽しみに。吉崎さん自身のロマンチックなkey flowerの話も飛び出すかもしれません。

自身にとっての大切な花が増えることで、季節が巡っていくことや自宅に花を飾ることが、きっともっと楽しくなるはずです。

講師

吉崎正大(flower&plants asebi)
1977年東京都大田区生まれ。学生時代にインテリアを学びその後、空間デザイン事務所に所属する。徐々にインテリアに密接な植物に興味を抱き退社、花店に勤める。2003年稲葉武徳氏と出会い師事。2009年品川区旗の台にasebiを設立。2015年4月より恵比寿に移転。現在、ブライダルを中心にディスプレイ、撮影、装飾など様々な分野で活動中。

asebiさん(@flowerasebi)がシェアした投稿

日時

2018年5月6日(日)
10:30〜12:30

定員

15名

参加費用

・一般の方:4,500円
・ She is Membersの方:3,500円
※ お持ち帰りいただける旬のお花のブーケ、「BEARS TABLE」のランチ付き。
※ 参加費用は当日受け付けでお支払をお願いいたします。

持ち物

・なし(汚れが気になる方は、エプロンをお持ちください)

イベントのお申込みはこちら

ワークショップ② 写真『視点を変える写真術&ポートレート撮影』(12:30〜14:30)

スマートフォンやデジタルカメラなどの機器の進化や、加工アプリが発達して、誰もが簡単に綺麗な写真を撮れるようになった時代。それは言い換えるなら、どこかで見たような一枚が世の中に蔓延する時代、とも言えるかもしれません。

今回のワークショップでは、先日『東京カメラ部10選』にも選ばれた、フォトグラファーの下園啓祐さんが先生となり、「”いつも”の写真がぐっと見違える、視点を変える写真術」というテーマでレクチャーを行います。下園さんの写真の持ち味は、特別な写真加工の技術でも、シチュエーションの派手さや奇抜さでもなく、目の前の風景を切り取る、着眼点のユニークさ。曇り空の公園、雨の日の窓辺……何てことない風景も、下園さんの手にかかると、輝きを放ちます。

レッスンの前半は、会場となる古いビルの中や、浅草の閑静な裏通りで、参加者の皆さまと一緒に写真を撮りながら、素敵な一枚の撮り方を研究します。そして後半では、下園さんならではの視点で、参加者の皆さまひとりひとりのポートレートを撮影。数多くのウエディングフォトを手がけ、それぞれの人の魅力を掴み写し出すことにおいては一流の技術を持つ、下園さんの写真撮影を体感してください。

帰る頃には、きっとこれまで知らなかった写真の魅力、そして写真によって引き出された自身の新たな一面を、見つけることができるはずです。

講師

下園啓祐
フォトグラファー。1981年兵庫県生まれ。大学卒業後、アパレル業界で働く中で、既製品ではない”ものづくり”に惹かれるようになる。その後、自身も何かの作り手になりたいと模索を続ける中で、写真の世界に出会う。温かく自然な雰囲気でありながらもどこか洗練された、唯一無二の魅力を持つウエディングフォトが評判を呼び、近年は海外での撮影や広告写真などにも活躍の幅を広げている。WPPI等、国際的なフォトコンテストでの受賞歴多数。2017年東京カメラ部10選。

keisuke_shimozonoさん(@keisuke_shimozono)がシェアした投稿 –

日時

2018年5月6日(日)
12:30〜14:30

定員

・15名

参加費用

・一般の方:3,000円
・ She is Membersの方:2,000円
※お持ち帰りいただけるポートレート写真(ボード付)、データ、「BEARS TABLE」のお茶とケーキ付。
※参加費用は当日受け付けでお支払をお願いいたします。

持ち物

・カメラ(iPhoneなどでも可)

イベントのお申込みはこちら

トークイベント『私たちらしい結婚式、その先の暮らしを考える』produced by She is(15:00〜17:00)

昨年、お子さんが産まれたばかりのモデルの青柳文子さんと、結婚式でプロレスをするなど自分たちらしい結婚式を開いたことが話題にもなったエッセイストの犬山紙子さんにご登場いただき、「私たちらしい結婚式、その先にある暮らし」をテーマに、ご自身の結婚式やパートナーとの暮らしについてお話いただきます。また、多くの結婚式をプロデュースしてきた「Happy Very Much」の熊田大志さん、中澤茉里さんにもご登場いただき、「自分らしい結婚式とは何か」について話を深めていきます。

トークイベントの後半では、She isの5月の特集テーマ「生活(仮)」と絡め、登壇者の方に本をセレクトしていただくBOOK TALKも予定しているので、お楽しみに。

トークゲスト

青柳文子
ファッションモデル・女優。独創的な世界観とセンスで20代女性の支持を集める。雜誌の他、映画、TVドラマ、バラエティ番組、アーティストMVと多方面で活躍中。企業商品プロデュースや執筆業など様々な分野で多彩な才能を発揮している。主な出演作品に『サッドティー』(2014年)、『知らない、ふたり』(2015年)など。
Girlfriendsページへ

犬山紙子
仙台のファッションカルチャー誌の編集者を経て、家庭の事情で退職。
その後6年間東京でニート生活を送りつつ毎晩飲み歩くことで、女の友達が芋蔓式に増えていき、彼女らがアラサーになるにつれてみんな恋愛で苦戦するようになったので、それをブログにイラストとエッセイで書き始める。ツイッターでその模様が拡がり、マガジンハウスからブログ本「負け美女」を出版。多数の女性から「私の周りにも負け美女がいます!」との声があがり、共感を得て、話題になり、現在TV、ラジオ、雑誌、Webなどで粛々と活動中。基本ゲーム好きでサブカル仲間も非常に多く、その交遊関係はかなり幅広い。2014年に結婚、2017年に再一子となる長女を出産。
公式ブログ
Twitter
Instagram

熊田大志
1980年、大阪府生まれ。“Happy Very Much”ブランドマネージャー兼アートディレクター。20代の頃に滞在していたアメリカで出会った、パーティーデコレーションの仕事をきっかけに、日本帰国後、ウエディングの世界に飛び込む。2013年、以前から構想していたウエディングプロデュースチーム”Happy Very Much”を立ち上げ、ブランドマネージャーに就任。近年はウエディングパーティーのプロデュースのみならず、店舗の空間プロデュースや、広告撮影のディレクション・スタイリングなど、アートディレクターとしての仕事も数多く手がけている。

中澤茉里
1988年、徳島県生まれ。“Happy Very Much”プロデューサー兼PR。大学卒業後、入社した会社で偶然配属された結婚情報誌の仕事をきっかけに、ウエディングという文化の魅力を知る。そして、既存の形式での結婚式ではなく、もっと自由で緩やかな”結婚のお祝い”を世に出したいという気持ちが募り、2013年 ”Happy Very Much”の立ち上げに参加。以来、約200件のユニークなウエディングのプロデュースを手がけるとともに、ブランドのPRを担当している。

【モデレーター】野村由芽(She is)

日時

2018年5月6日(日)
15:00〜17:00(受付開始:14:45)

定員

50名様
※ 先着順で締め切らせていただきますので、ご了承いただけますと幸いです。
※ 男性、女性問わずご参加いただけます!

参加費用

・一般の方:1000円
(「BEARS TABLE」のお土産お菓子付き)
・ She is Membersの方:無料
(「BEARS TABLE」のお土産お菓子付き)
※ 参加費用は当日受け付けでお支払をお願いいたします。

イベントのお申込みはこちら

イベント会場「BEARS TABLE」について

5月6日(日)は東京・浅草にあるカフェ「BEARS TABLE」を『Happy Very Much×She is Special Day』のために一日貸切。当日、同会場内にて、花、ドレス、アクセサリー、イラスト、写真など、Happy Very Muchのウエディングの世界観を作るクリエイターによる、アイテム展示と販売(一部のクリエイターのみ)を行います。

「BEARS TABLE」
〒111-0034 東京都台東区雷門2-15-1 デコルテ浅草ビル1F
03-6231-6530

「BEARS TABLE」Webサイトへ

イベントのお申込みについて

※お申込みは締め切りました。たくさんのお申込みありがとうございました。

※ ご参加いただける方には、あらためてメールにてご連絡差し上げますので正しいメールアドレスの記入をお願いいたします。ご応募後に定員となりました場合は、その旨をメールにてご連絡させていただきますので、ご了承いただけますと幸いです。

※ ご応募後のキャンセルはご遠慮くださいませ。キャンセル費をいただく場合がございます。

「Happy Very Much」について

Happy Very Much は、同ブランドが運営する東京浅草と大阪南堀江のカフェ「BEARS TABLE」を拠点に活動する、ウエディングプロデュースチームです。場所、時間、セレモニー、料理、衣装、演出、ギフト……すべてにおいて、今ある常識や制約にとらわれず、二人の空気をそのまま生かす、リラックスしたウエディングづくりをトータルでお手伝いしています。

「『こうあるべき』に縛られた、窮屈な結婚式をあげるのではなく、心からしっくりくる、二人に似合う自然体のお祝いを選んでほしい」というHappy Very Muchが持っている考えを、すぐに結婚を考えている人だけではなく、今後だれかと暮らすことを考えているすべての人に伝えていければという 思いから、今回She isと共にイベントを行うことになりました。

「Happy Very Much」Webサイトへ

SHARE!

青柳文子さん・犬山紙子さん参加のトークも。
『Happy Very Much×She is Special Day』が開催決定

She isの最新情報は
TwitterやFacebookをフォローして
チェック!

setsuna-nail-a

毎月の特集と連動した色をつめにぬる。「Setsuna Blue」