「She is BOOK TALK vol.5:超好き〜Ultra Love〜 in KATA gallery」

  • Jan 29.2018
  • SHARE

She isで毎月開催している「She is BOOK TALK」。2月の特集「超好き〜Ultra Love〜」では、好きなものがあるということは、生き抜いていくための武器になるかもしれない、という思いで「好きなもの/こと」とのさまざまな向き合い方を考えていく記事やギフトをつくっていきます。その一環として、特集テーマをさらに深める「本」をゲストに選んでいただくトークイベントを開催いたします。

ゲストは、ハンドニットブランド「縷縷夢兎(るるむう)」のデザイナー・東佳苗さん。大森靖子さん、北出菜奈さん、でんぱ組.incさんなど様々なアーティストやアイドルの衣装製作やMV監督やスタイリスト、『ミスiD』審査員、テレビや映画の美術、短編映像作品を監督するなど、幅広く活躍されています。フリルやレース、ピンク色、いわゆる「女の子が好きだったもの」とも言えるようなモチーフを詰め込んで構成される彼女のビジュアルセンスは、見る人を視覚的に刺激し、「かわいい」にとどまらない清濁あわせもった現代のガールズカルチャーのひとつの形をつくりあげています。

今回は、そんな東さんが開催する個展『YOURS』とコラボレーションして、個展会場で「超好き」をテーマにしたトークイベント「She is BOOK TALK」を開催。ゲストには、2月にエッセイ集『臆病な詩人、街へ出る。』を発売する詩人の文月悠光さん、スイーツアーティストのKUNIKAさんをお招きしてのトークショー。展覧会とあわせて、ぜひ足をお運びくださいね。

トークゲスト

東佳苗さん
縷縷夢兎(るるむう)デザイナー。1989年福岡県生まれ。全て手作業による一点物商品の製作・販売の傍ら、様々なアーティストやアイドルの衣装デザイン、アートディレクション、空間演出、スタイリスト、キャスティング、MV監督、オーディション審査員等、活動は多岐に渡る。短編映画「Heavy Shabby Girl」(2015)「THE END OF ANTHEM」(2017)「my doll filter」(2017)監督。
Twitter
Twitter

文月悠光さん
詩人。1991年北海道生まれ。中学時代から雑誌に詩を投稿し始め、16歳で現代詩手帖賞を受賞。高校3年の時に出した第1詩集『適切な世界の適切ならざる私』で、中原中也賞、丸山豊記念現代詩賞を最年少18歳で受賞。2016年に初のエッセイ集『洗礼ダイアリー』(ポプラ社)、第3詩集『わたしたちの猫』(ナナロク社)を刊行。2018年2月、エッセイ集『臆病な詩人、街へ出る。』(立東舎)を刊行予定。NHK全国学校音楽コンクール課題曲の作詞、詩の朗読、書評の執筆、詩作の講座を開くなど広く活動中。
Website
Twitter

KUNIKAさん
スイーツアーティスト
日本菓子専門学校卒業。
マンダリンオリエンタル東京でパティシエとして修行し、スイーツアーティストとして独立。
独自の感性でスイーツとアートを融合した世界観を表現し、新たなジャンルを広げている。
現在は拠点をロンドンに移して活動中。

日時

2018年2月8日(木)
19:15 開場 / 19:30 開演(21:00頃終了予定)

定員

50名様
※ 先着順で締め切らせていただきますので、ご了承いただけますと幸いです。
※ 男性、女性問わずご参加いただけます!

参加費用

・一般の方:1000円
・She is Membersの方:500円
※ 参加費用は当日受け付けでお支払をお願いいたします。
※ 参加費用には個展入場料を含みます。

会場

KATA gallery
東京都渋谷区東3-16-6 LIQUIDROOM 2F
Website

ご応募について

下記のGoogleフォームからご応募いただけます。
Googleフォーム

※ ご参加いただける方には、あらためてメールにてご連絡差し上げますので正しいメールアドレスの記入をお願いいたします。ご応募後に定員となりました場合は、その旨をメールにてご連絡させていただきますので、ご了承いただけますと幸いです。
※ ご応募後のキャンセルはご遠慮くださいませ。

SHARE!

「She is BOOK TALK vol.5:超好き〜Ultra Love〜 in KATA gallery」

She isの最新情報は
TwitterやFacebookをフォローして
チェック!

RECOMMENDED

LATEST

MORE

LIMITED ARTICLES

She isのMembersだけが読むことができる限定記事。ログイン後にお読みいただけます。

MEMBERSとは?

201904-memo01

満月の夜のように特別な言葉を綴る一筆箋