私の生活証明 the proof of my life/燈里

フィンランド、ギリシャ、台北の記録から友との夢の交換まで

2018年5月 特集:生活をつくる
テキスト・写真:燈里 編集:野村由芽
  • SHARE

以前通っていた大学は隣駅が海だったので、常に湿っぽい強風がキャンパスを吹き抜け、魚臭かったのを懐かしく覚えています。キャンパスを歩く燈里をすぐに見つけられる、と友達がよく言ってくれました。700円で買った古着の緑コートに、傷んだ長髪は黒茶金のグラデーション、耳にピアスが15個、既に遅刻が確定した授業に大股で向かっていて、秋でも厚底サンダル、そしてなぜかマグカップと巨大なスケジュール帳を両手に抱えていました。

Chiba University, where I earned my bachelor degree, is located in front of the Pacific Ocean, I nostalgically remember the campus by the strong and humid wind that brought and spread the smell of fish. Friends of mine told that it was easy to distinguish me walking in the campus from the crowd of the students. I was always late and rushing to classes, wearing a bright green coat, fifteen piercings on my ears, and high heel sandals, with the gradation colored damaged hair, and I always held a mug and an enormous size of schedule book.

私のスケジュール帳は毎年厚くなりすぎて閉じられなくなり、表紙と裏表紙が剥がれ、3kg超えでその重さに鞄が傷むので、手で直接持っています。全てを記録し持ち歩いているスケジュール帳は、私の生活そのものです。

At the end of the year, my schedule books usually become too thick to close, and both side of the covers are ripped off. Their weights exceed more than 3kg, which damaged my bag, hence I hold the schedule book directly with my hands. I recorded everything on my schedule book and brought it everywhere with me. The collection of my schedule books are my life itself.

2011年~2015年の手帳:年々分厚くなっていきます。
The schedule books from 2011 to 2015: they become thicker and thicker every year.

2014年:留学でフィンランドのヨエンスーという街に住んでいました。フィンランドの日中の自然光は青かったことをよく覚えています。
The schedule book of 2014: I lived in Joensuu, Finland at this time. I remember the natural day light was blue there.

2015年:スケジュール帳をヨエンスーで買い、フィンランドの南部にあるヨウツァという田舎で過ごしました。
The schedule book of 2015: I bought the new schedule book in Joensuu, and I spent the summer in the village in the South Finland called Jousta.

2016年:考古学のプロジェクトでギリシャのテッサロニキを訪れた時のページです。
The schedule book of 2016: these pages were written when I visited Thessaloniki, Greece for the archeological project.

2017年:夏にテッサロニキに戻り、秋から台北に移住しました。
The schedule book of 2017: I spent the summer in Thessaloniki again, and moved to Taipei in the autumn.

2018年5月:今台北で修士を取るために勉強しています。最後のページはルームメイトと前夜に見た夢について交換した記録です。
The schedule book of May 2018: I currently study in the master program in Taipei. The last pages are the exchange between my flatmate and me describing our last nightmares.

スケジュール帳には全てを一気に書きます。心動かされたことについて何でも書き、興味を持ったものや新しく知ったことを調べてまとめます。読み返さない、訂正しない、日本語も英語も混ざりながらただ書ききることだけを考えます。予定、大学の課題や提出物、to doリスト、買うものリスト、事件、感情、愚痴、批判、目標、実現したいこと、理想、寝て見る夢、新しく学んだ英語・フィンランド語・ギリシャ語の単語、落書き、子供の頃の記憶、時事ニュース、好きな詩、本、映画、エッセイの案、博物館の展示、友達のこと、失ったもの、授業のメモ、夏休みの予定、計算、every brilliant thing……。

I write down everything in my schedule books at one sitting. Everything new that moves me and interests me. Sometimes I research about it or consider about it for a while, and start writing in both Japanese and English without revising or correcting. I write my plan, assignments, to do list, shopping list, events, accidents, feelings, criticism, goals, dreams, tasks, ideals, new words, drawings, memories in childhood, news, poems, books, films, ideas, exhibitions, friends of mine, what I lost, what I found, every brilliant thing, etc.

書くだけではなく物を大量に貼り付けるので、コラージュのように見えるかもしれません。厚すぎずスケジュール帳のサイズを超えないものならば、基本的に何でも貼ってしまいます。博物館の入場券、新聞記事、絵、メモ、航空券、名刺、プリクラ、写真、硬貨、ポストカード、手紙、バスのチケット、シール、紅茶のタグ、切手、付箋、パンフレット、飴の包み紙、映画のチケット。

Not only do I write down, but also paste so many stuffs on my schedule books, they probably look like a collage. As long as it does not exceed the size of the schedule books, I basically paste anything in them; entrance tickets for museums, articles of newspapers, drawings, notes, flight tickets, name cards, photos, pictures, foreign coins, post cards, letters, bus tickets, stickers, labels and bags of tea, stamps, tags, pamphlets, packages of candies, film tickets, etc.

新年を迎えた町でスケジュール帳を一新するというポリシーがあり、これまで生活してきた日本、フィンランド、台湾のスケジュール帳を使ってきました。実用的で機能的なものを選んでいます。1日1ページ分365ページ、充分にページ数があり、項目分けが細かく、本自体が丈夫で、バンドと栞付き、できればその国の地図や駅が載っていれば完璧です。

Having bought new schedule books in the cities where I celebrated the new year, they came from Tokyo, Joensuu, and Taipei. I chose the practical and functional ones. Ones that had one page for each day, the straps, and bookmarks. These tough books were selected since it had to be bearable for the weights. Additionally having the pages for the maps and station lists made the schedule books perfect.

私は自分の生活を選択できる覚悟が欲しい。過去に浸ったり後悔したり、他人を憎んだり妬んだり、都合の良い解釈に固執したり、そういう自分の甘えによって生活を停滞させたくない。野心を持って闘い、何とかして進みたい、前に。前に。前に。だから忘れるためにスケジュール帳に生活を残しています。書くことで初めて気付ける自分の欲望や感情。書くことで忘れ過去にできる記憶。「書くことは排泄と同じ」だとルームメイトは言います。矛盾と葛藤を抱えながらも、怒りに振り回されず自暴自棄にならず、明晰な感性と血の通った感情を尊重する。スケジュール帳はそれを後押しし、闘いの過程を記録します。

I want to be fully aware that I can choose my life. I record my life in the schedule books to forget. Writing is the only way to make me realize my raw desires and emotions. Writing makes me forget and leave things behind. My flatmate once told me that writing for him was the same as excretion. While having contradiction and frustration inside of me, I try not to be moved by rage but rather respect and response to my sensitivity and feelings. My schedule books help me to move forward and record the process of all the struggles.

PROFILE

燈里
燈里

1992年茨城県生まれ。台北在住。千葉とフィンランドで教育学専攻・現代芸術理論副専攻を経て、現在は台北教育大学国際修士現代芸術課程に在籍。2012年から忘れる記憶の記録のためにスケジュール帳を作る。

私の生活証明 the proof of my life/燈里

SHARE!

私の生活証明 the proof of my life/燈里

She isの最新情報は
TwitterやFacebookをフォローして
チェック!

RECOMMENDED

LATEST

MORE

LIMITED ARTICLES

She isのMembersだけが読むことができる限定記事。ログイン後にお読みいただけます。

MEMBERSとは?