パートナーと幸せになるために必要なお金の話/犬山紙子

男はお金が得意で女は苦手、なんてわかれるものではない

2018年9月 特集:お金と幸せの話
テキスト:犬山紙子 編集:竹中万季
  • SHARE

パートナーにお金の話ってしにくい空気があります。
パートナーの収入を聞きにくい空気もあります。
「お金目当てって思われそう」とか「お金ばっかり気にしてる汚い人間って思われそう」とか。

でも、お金ってそもそも汚いんだったっけ。
汚いも何も、お金って道具だし、値段はただの数字。
値段が高い=良いものってわけでもない。

それ以上でもそれ以下でもないのに、なんだかお金のことを言い出すと下品って空気がある。
道具の話をすることは下品でもなんでもないのに。
お金欲しさに醜く下品になる人がニュースで流れるから、一緒にお金の印象も悪くなっちゃったのかもしれません。

そして、稼ぐ額がその人の価値だという空気も、お金の話をしにくいことに一役買っている気がします。
「あなたの価値っていくらなの?」なんて質問は下品ですものね。

でも、そのお金の捉え方は本質からずれていると思うのです。

人がパートナーと一緒にいたいと思う先には「幸せになりたい」という気持ちがあります。
パートナーと一緒に生活するとなると、幸せが長く続くよう、幸せをもっと増やしていけるよう環境を整えます。鳥がせっせと巣を作るように人間も環境をせっせと整えるのです。

2人が眠る布団を用意したり、家事を分担したり、コミュニケーションのルールを作ったりします。
そこにお金という道具をどう使うか話し合うことも必要になります。

でもお金は道具だから、その道具の扱いに長けている人、苦手な人がいます。

同じ内容の仕事をしていてもお金の扱いが得意な人はたくさんの報酬を手に入れるし、苦手な人は少額になるでしょう。

得意不得意が確実にあるのです。

2人の関係がうまくいくためにも、お金について話し合って相手のことを知って、協力し合うのがベストだと私は思うのです。これをやらないと後々大変になる話も聞きます。

「男がお金が得意」「女はお金が苦手」
なんてわかれるようなものでもありません。

実際我が家は、数字が好きな私の方がお金の扱いは得意で、夫は数字のように割り切れるものより、優しさだったり暖かさだったり表現だったり割り切れないものの扱いが得意です。

でも、お金が苦手でも夫の魅力はとどまるところを知りません(私調べ)。
朝、子どもが起きたら、私を寝かせておくために自分が起きて子どもと一緒に隣の部屋にすっと行く彼の魅力はお金じゃあ測れません。
お金が得意かどうかは能力の一つであり、その人の価値や魅力の全てではないのです。

だからパートナーとこれからの家庭の仕事の分担について話し合う時、
それぞれの得意なこと・不得意なことを挙げる項目の一つにお金を入れて話すのが筋の通ったやり方だと思うのです。

「俺、料理得意、お金苦手、掃除苦手、友達付き合い得意、人の面倒見るの得意」
「私、料理苦手、お金得意、面白いもの見つけるの得意、感情のコントロール苦手」

とか。
お金が苦手な人が稼ぐ人を好きになるのはごもっともだし、
料理が苦手な人が料理上手な人を好きになるのもごもっともなんですよね。

でも、お金って意識すると多少扱いは上手くなれるので、ちょっと勉強しておくのはいいかもしれません。
村上世彰さんの『いま君に伝えたいお金の話』という本がわかりやすくておすすめです。
お金が苦手でないというのは、いざという時に役立つ能力だと思いますから。

変に気負いすぎず、パートナー間でフラットにお金について話せるようになるといいなと思っています。

PROFILE

犬山紙子
犬山紙子

仙台のファッションカルチャー誌の編集者を経て、家庭の事情で退職。その後6年間東京でニート生活を送りつつ毎晩飲み歩くことで、女の友達が芋蔓式に増えていき、彼女らがアラサーになるにつれてみんな恋愛で苦戦するようになったので、それをブログにイラストとエッセイで書き始める。ツイッターでその模様が拡がり、マガジンハウスからブログ本「負け美女」を出版。多数の女性から「私の周りにも負け美女がいます!」との声があがり、共感を得て、話題になり、現在TV、ラジオ、雑誌、Webなどで粛々と活動中。基本ゲーム好きでサブカル仲間も非常に多く、その交遊関係はかなり幅広い。2014年に結婚、2017年に第一子となる長女を出産。

INFORMATION

書籍情報
書籍情報
『アドバイスかと思ったら呪いだった。』
著者:犬山紙子

2018年6月5日(火)発売
価格:670円(税込)
発行:ポプラ社
Amazon

パートナーと幸せになるために必要なお金の話/犬山紙子

SHARE!

パートナーと幸せになるために必要なお金の話/犬山紙子

She isの最新情報は
TwitterやFacebookをフォローして
チェック!

blanket-02

どこでも・すぐに・可愛く一休み、sneeuwが贈る変幻自在のブランケット