戸田真琴、大島智子など5名が選んだ、エロチックだと感じる作品

遠藤麻衣、大島智子、きくちゆみこ、SAKO.h、戸田真琴選

2018年4月 特集:ほのあかるいエロ
テキスト:松本雛 編集:竹中万季
  • SHARE

「エロチック」という言葉で形容される作品は数多くあるけれど、性やからだの話とおなじくらい、どこか話しにくいと感じてしまうことも多いのではないでしょうか。自分の心の中に秘めておかなければいけないものとして扱われているからか、セックスや官能的な表現が登場する作品が好きだとしても、誰かに伝えるのをためらってしまったり、「このシーンやこの文章、好きだな。誰かと話したいな」とせっかく思っても、なんとなく口に出すのが悪いことのように感じてしまって、ひそひそ声になってしまいます。

でもエロチックな作品は、実はわたしたちの日常生活と地続きにつながっていて、記憶や感情とリンクしたり、時にはそれらを強く揺さぶったりもしてくれるもののはず。今回はShe isのGirlfriendsの中から、俳優・芸術家の遠藤麻衣さん、イラストレーターの大島智子さん、言葉を使った制作活動を行うきくちゆみこさん、『HEAPS Magazine』編集長のSAKO.hさん、現役AV女優の戸田真琴さんの5人におすすめの「エロチックだと感じる作品」を教えてもらいました。

岡本かの子『鮨』/「母子のかけあいが、視覚や内臓感覚をエロチックに刺激する」(遠藤麻衣)

『岡本かの子(ちくま日本文学)』(著:岡本かの子)(Amazon で見る

「鮨屋の娘を主人公とした短編で、都会にある代謝が激しい鮨屋の日常がテンポよく綴られています。様々な人がやってきては猥雑さを垣間みせる鮨屋の風景から、店の客である男の幼少期の回想へと鮮やかにスライドし、観念の世界に引き込まれます。

色、香、味のするものが体を穢すように感じられて食べることができず、冷たい水晶に舌を当てて飢えをしのぎ、死に近接しながらも空気のように透明なものを渇望してやまない耽美な子供。衰弱してゆく子供を見かねた母親が、その穢れを丁寧に隠しつつ握りあげた白い烏賊鮨の美しいこと! 母と子が互いに鮨に没入するかけあいのシーンは、視覚やら関係性やら内臓感覚やら諸々が刺激されて、たいへんエロチックで感動します。」(遠藤麻衣)

関谷あさみ『YOUR DOG』/「セックスが日常と地続きにあるように、性と心理描写が地続きで描かれた作品」(大島智子)

「セックスって、背徳感と気持ちよさが共存してたり、とても複雑なものだと思います。そしてそれは独立した出来事ではなくて、わたしたちの日常と地続きにあります。なのに、少女漫画では『朝チュン』で省略されてしまったり、成年コミックではちょっとありえないシチュエーションだったり。

関谷あさみ先生の『YOUR DOG』(Amazon で見る ※18歳未満購入不可)は、そのどちらでもなく、ストーリーとエロが分断されることなく、性と心理描写が地続きで描かれた作品です。読者に考えさせる余白を残すエンディングは、決してハッピーとは言い切れないのですが、現実だって一筋縄ではいかないもの。だからこそ作中のセックス描写に、よりエロチックを感じるのかな、と思います。」(大島智子)

E.E. Cummings『i like my body when it is with your』/「子どもみたいにプレイフルで時にエロチックな喜びを思い出させてくれる」(きくちゆみこ)

『100 Selected Poems by E.E. Cummings』(著:E.E. Cummings)(Amazon で見る

「カミングズの詩には題がなく、一行目がそのままタイトルになっていて(ディキンスンと同じ!)、このあとには『body. It is quite a new thing……』と続いていく。詩の概要、なんて書くのは野暮だけど、『僕は、きみのからだと一緒になっているときの僕のからだがすき。それってすごくあたらしいんだ。きみのからだも、それがすることも、そのやりかたもすきだよ。なめらかなその背中、いくつもの骨、そこにキス、何度も何度も何度も、僕はキスするのもすきだ……』といった感じ。明らかに愛のたわむれを描いているのに、このあかるさ、このたのしさ!

わたしは今、赤ん坊と暮らしているのだけど、それは彼女が感じている恍惚にも似ている気がする。指で触って、口にいれて、舌で舐めてたしかめて。頬と頬をすり寄せて、お腹に唇ぶぶーっ、アーア、なんて気持ちいいー……。いちばんの官能を知っているのは、子ども時代のじぶんだったのかもしれません。実験的とも言われるカミングズの詩は、声に出して目でたのしんでと、子どもみたいにプレイフルで時にエロチックな喜びを思い出させてくれる気がします。

※詩の全文は有名なので検索すればすぐ出てくるはずですが、このYouTubeの動画もおすすめです。」(きくちゆみこ)

『I like your body』

Lina Scheynius『Amanda and Kristian in Dieppe Spring 2009』/「ぬるま湯のような無防備さは、生活をずっとエロチックにする」(SAKO.h)

『何をしてもいいしされてもいい』という格好はエロチックだと思う。その『格好』というのは、裸になって体を委ねて(られて)、噛んでも(まれても)いいと知っていて、平気でいることでもあるし、精神的にも細かなひだをひろげきってしまうこと。心と体の喜びをエロとすると、その喜びをどこまでも伸びやかにしていくのは、無防備であるとより良い。そんな状態でいると、ただの生活がずっと緩やかなエロチック(喜び)に浸っていく。

スウェーデン人の写真家、Lina Scheynius(リナ・シェイニウス)のお風呂での2枚にはそれがある。彼女の作品にはもっと直接的にエロチックなものもあるけれど、個人的にはこれがダントツ。裸の二人がお風呂に入り、髪を切るのに頬にハサミがあたっていること(しかも笑顔)、そして背中をたどって髪の毛を数センチ切ること(湯に浸かり血行の良い彼女の背の肌は赤い)。何してもされてもいい同士は、いつもぬるま湯のようなエロにいて。」(SAKO.h)

石井隆『天使のはらわた 赤い眩暈』/「堕落の中の性行為が一種の救済にも見える、悲しく美しいポルノ映画」(戸田真琴)

「石井隆さんが監督を務めたロマンポルノ映画です。
患者から性暴力を受け恋人にも不倫された看護師の名美と、妻に逃げられ負債も抱えた村木の、強姦からはじまりお互いを貪り合うようになっていく様子に、さみしい魂を寄せ合う健気さが宿ります。病院・暗室・廃墟・古いラブホ・深夜のガソリンスタンドなど退廃的なロケーションが、未来のない人生ふたつを一瞬の快楽の積み重ねで麻痺させていくというシチュエーションにせつない美しさを添えています。

堕落の中の性行為が、魂を解放するという一種の救済のようにも見える、悲しく美しいポルノ映画です。主演の若かりし竹中直人さんの色っぽさ、そしてラストシーンの秀逸さに胸をかき乱されて、エロに対する意識が一層剥けるような気持ちがしました。」(戸田真琴)

性について、穏やかに“ほのあかるく”話せるきっかけに。

小説、漫画、詩、写真、映画。「エロチック」という一つのテーマに寄せて、異なるジャンルから5つの作品が集まりました。互いがどうしようもなく求め合うことでさみしい魂を解放していく姿にエロチックを見出した作品から、ぬるま湯のような無防備さが浸らせる生活そのものをエロチックだと感じることができる作品。声に出して読んでみたいプレイフルなものまで、5人それぞれの視点から選ばれた作品は、どれも一見の価値ありです。

作品の楽しみ方も一つではありません。一人だったら、ゆっくりと性やからだについて考えるきっかけに。友人やパートナーとなら、あなたの心に合った「エロチック」を言葉にすることへのためらいを、少しだけ解き放つきっかけに。そうやってお互いの考えをもっと伝えあうことができたなら、きっと自分も相手もより愛せるはず。

性について、穏やかに“ほのあかるく”話せる。そんな一歩目になることを祈って。あなたが「エロチック」だと感じる作品も、見つけたらぜひ教えてくださいね。

戸田真琴、大島智子など5名が選んだ、エロチックだと感じる作品

SHARE!

戸田真琴、大島智子など5名が選んだ、エロチックだと感じる作品

She isの最新情報は
TwitterやFacebookをフォローして
チェック!