何気ない日々を旅に変えるノート、「トラベラーズノート」って?

何気ない日々を旅に変えるノート、「トラベラーズノート」って?

世界中で愛される、新しいことを始めたくなるノートの秘密

2018年7月 特集:旅に出る理由
テキスト・撮影:松本雛 編集:竹中万季
  • SHARE

何気ない日々を旅に変えるために、過ぎ去っていく瞬間を書き留める習慣を

「感覚記憶」って知っていますか? わたしたちは日々、たくさんの刺激を五感に受けながら生活しています。それは車窓からの風景や、肌を優しく撫でる心地よい風、夏の朝の匂いだったりとさまざま。その中でも、意識にはなかなかのぼってこない、感覚器官で瞬間的に保持されたものが感覚記憶です。この記憶、維持できるのはとっても短く、約1秒。放っておくと、すぐにでも失われてしまう儚いものなのです。

旅に出ると、心の動きがしなやかになり、閉ざされていた感覚が開く瞬間が度々訪れるはず。だからこそ、日常生活の中でもそんな瞬間に耳を傾け、過ぎ去っていってしまう「感覚記憶」を書き留めるような習慣ができたら、何気ない日々も旅のようにわくわくしたものに感じられるのかもしれません。

「旅するように毎日を過ごしてほしい」という思いからさまざまなプロダクトを展開しているTRAVELER’S COMPANYから発売されている「トラベラーズノート」は、まさにそんな「感覚記憶」を書き留めておくのにぴったりなノートです。

「トラベラーズノート」は自由な精神を大事にしている

旅に出ると、普段書かない日記を書いたり、ふと誰かに手紙を出したくなったりする。そんなときに使えるノートがあったらいいのではないか? 「トラベラーズノート」が生まれた背景には、学生の頃はバックパッカーだったという発案者の飯島淳彦さんのそんな想いがありました。TRAVELER’S COMPANYを運営しているデザインフィルがある展示会で行ったノートのコンペで、飯島さんが発案したアイディアは2位を獲得し、その後改良を重ねて商品化されたそうです。

「トラベラーズノート」が大切にしているのは、一箇所に留まらず、動き続ける自由な精神である「Free Spirit」という考え方。書き記すことで新しく何かを始めたくなったり、未知の世界へ旅に出るきっかけをもたらせるよう、カバーもリフィルも自分らしくカスタマイズすることを前提につくられていて、この世に一つしかない、まるで相棒のような自分だけのノートをつくることができます。

トラベラーズノート

「トラベラーズノート」は、使い込むほどに味と風合いが深まる革素材のカバーと、書きやすいデザインのリフィル(中紙)でできています。カバーは黒、茶、キャメル、ブルーの4種類。リフィルは書きやすいノート紙のほか、画用紙やクラフト紙、切手やチケットが収納できるジッパーケース、その場でスクラップできる両面シールまで全24種類を自由に組み合わせることができます。カバーとリフィルを組み合わせるというシンプルな構造ながら、その裏側には強いこだわりが隠されているそう。

革素材のカバーに右上にあるさまざまな種類のリフィルを自由に差し替えてカスタマイズができる

革のカバーは、タイのチェンマイでつくられており、その荒削りの風合いがとても魅力的。革製品といえば、きちんとお手入れして傷つかないよう丁寧に取り扱う印象が強いですが、もっと気軽な気持ちで年を重ねるごとに変わっていく革の表情を楽しむことができます。

一方で、紙は日本の工場で丁寧に抄造されています。紙づくりで最も大事にしていることは「お気に入りのペンで心地よく書けること」。ノートは日々の記録や旅での発見、思いや考えを書き綴る大事な場所だからこそ、製造時のチェックには妥協や余念がないそう。そんなタイで作られる革の素朴な質感と日本で作られる紙の繊細さが混じり合った使い心地の良さは、手に持って出かけたくなること間違いありません。

書きやすいノートの紙。スクラップをして楽しんでみるのも

カスタマイズもとっても簡単。TRAVELER’S COMPANY広報の中村雅美さんに初めての方におすすめのアイテムは何か訊いてみたところ、チャームとジッパーケースだそう。トラベラーズファクトリーオリジナルのチャームは、ノートを留めるゴムにつけることができ、タイのチェンマイで作ったオリジナルチャームやコラボレーションで作られたチャームなどたくさんの種類が揃っているので、好きなものを選んでみては。リフィルにセットできるジッパーケースは、ポストカードやチケットなどの紙ものを収納できるほか、鍵やコインなども入れられるのがとても便利です。

お守りのようにつけられるチャームは、本当に気に入ったものを選んでつけたい

ペーパークロスでできたジッパーケース。薄くて軽く、使うほど生地が柔らかく馴染んでいく

初めてトラベラーズノートを手にする方には、レギュラーサイズのスターターキットがおすすめ。布製のコットンケース、革のカバー、スペアゴムバンド、ノートリフィル(64ページ無罫・ステッチャー綴じ)がセットになっていて、すぐにでも使い始めることができます。

PROFILE

松本雛

編集アシスタント。大学に通いながら主にフィルムカメラで写真を撮っています。友人と共同で雑誌を作ったりもしています。田舎に移住すること密かに夢見ています。

INFORMATION

関連情報
TRAVELER'S COMPANY

旅するように毎日を過ごすための道具をテーマに、「トラベラーズノート」、「ブラス プロダクト」、「スパイラルリングノート」等のプロダクト、直営店舗「トラベラーズファクトリー」を展開。
TRAVELER'S COMPANY

トラベラーズファクトリー

「トラベラーズノート」を中心としたステーショナリー、カスタマイズパーツ、オリジナルグッズ、雑貨のお店です。
〒153-0051 東京都目黒区上目黒3-13-10
TRAVELER'S FACTORY

何気ない日々を旅に変えるノート、「トラベラーズノート」って?

SHARE!

何気ない日々を旅に変えるノート、「トラベラーズノート」って?

She isの最新情報は
TwitterやFacebookをフォローして
チェック!