何気ない日々を旅に変えるノート、「トラベラーズノート」って?

何気ない日々を旅に変えるノート、「トラベラーズノート」って?

世界中で愛される、新しいことを始めたくなるノートの秘密

2018年7月 特集:旅に出る理由
テキスト・撮影:松本雛 編集:竹中万季
  • SHARE

カスタマイズ方法は無限大。トラベラーズノート愛用者の素敵な使い方を紹介

TRAVELER’S COMPANYでは、トラベラーズノートを使う人一人ひとりに自由に使い方を発想してもらうため、あえてHOW TOを提示していません。その代わり、Webサイト上に自分の使い方やカスタマイズ方法を見せ合う場所、「TRAVELER’S notebook」を設けています。また、中目黒にあるショップ「トラベラーズファクトリー」では、それぞれどんなカスタマイズをしているか、トラベラーズノートのユーザー同志の会話が弾むそう。

トラベラーズファクトリーのInstagramを見てみると、自分らしく魅力的にトラベラーズノートを活用している人がたくさん。いくつかご紹介します。

・Bidasariさん

View this post on Instagram

[100/100] Make sure. #The100DayProject #100daysofminimalistjournal

Bidasariさん(@introvertplanner)がシェアした投稿 –

インドネシア在住で、「PLANNER ADDICT INDONESIA」という手帳好きのためのプロジェクトにも関わる彼女は、「トラベラーズノート」に100日間コラージュ・イラスト・シールなどと共に偉人の言葉を綴るプロジェクト「#100daysofminimalistjournal」をしていました。つい最近、100日目が終了した模様。真似してやってみたくなるアイデアです。

他にも、左側に一週間の予定が書け、右側にメモを書けるダイアリーリフィルには、文章やコラージュを自由にレイアウトしています。その日の予定を書いておくことで、見返したときに当時を思い出すことができそう。また、コラージュに紙だけでなくマスキングテープや布を利用したりするなど、気分があがるような工夫がたくさん施されています。

・kai lin🐏🐑さん

マレーシアに住む彼女は、主に日記帳として「トラベラーズノート」を利用しているようです。中でもコラージュがとってもおしゃれ。ヴィンテージの切手やマスキングテープ、シールのほか、写真を切り抜いて貼って、文章を添えています。写真はその時の記憶をよみがえらせてくれるので、一緒にコラージュするのも楽しそう。

彼女のように絵を描くのもおすすめ。昔、まっさらなノートに自由に好きな絵を描いていたことを思い出しながら、「トラベラーズノート」をキャンバスに、思うがままにペンや色鉛筆、絵の具を手に取ってみてはいかが。

・Asamiさん

Asamiさんは毎週「トラベラーズノート」にお気に入りのコラージュを施しているよう。そうした新しい習慣をつくりたくなるのも、このノートの魅力なのかもしれません。この週は、ミニコラージュペーパーを使ったナチュラルなコラージュが素敵です。

View this post on Instagram

2018.9.24 ムスメの塾の予定を手帳に書き忘れていて、じじたちとのお出かけとダブルブッキング😭 相当楽しみにしていたムスメ、凹みすぎていてさらに反省… 小学校、中学校、塾、パパの出張、仕事。 もう一度よく見直さなきゃ💦と反省する朝。 + + + #トラベラーズノート#travellersnote#コラージュ#collage#スタンプ#stamp#マステ#アンティーク#antique#フラワー#flower#ドライフラワー#インテリア#interior#雑貨屋#雑貨#暮らし#日々#コラージュペーパー#collagepaper#ヴィンテージ#アンティーク#antique#マステ#トラベラーズファクトリー#ボタニカル#スタンプ

@ asamik2がシェアした投稿 –

使い込んだ風合いの革のカバーには、くすんだ色合いのチャームとクリップが。他に使っているノートやお財布などと色合いを揃えてみるのも楽しそうです。

また、TRAVELER’S COMPANYのオフィシャルサイトには「PROFESSIONAL USERS」のページがあり、各界で活躍されている「トラベラーズノート」愛用者の楽しみ方が紹介されています。そこには、「トラベラーズノート」を「夜、ひとり書斎で心の中を打ち明けるように書くノート」と話す脚本家の倉本聰さんや、「大切なことだけを書かなくったっていい。きれいに書かなくったっていい。ポケモンのシールを息子に貼られたっていい。くだらない話や恥ずかしいポエムをおもむくままに書けばいい」と話すアアルトコーヒーの庄野雄治さんの言葉が。

考え方も、書く内容も自由でいい。「トラベラーズノート」は、そんな風に思わせてくれる肯定的な力を持っているのかもしれません。

PROFILE

松本雛

編集アシスタント。大学に通いながら主にフィルムカメラで写真を撮っています。友人と共同で雑誌を作ったりもしています。田舎に移住すること密かに夢見ています。

INFORMATION

関連情報
TRAVELER'S COMPANY

旅するように毎日を過ごすための道具をテーマに、「トラベラーズノート」、「ブラス プロダクト」、「スパイラルリングノート」等のプロダクト、直営店舗「トラベラーズファクトリー」を展開。
TRAVELER'S COMPANY

トラベラーズファクトリー

「トラベラーズノート」を中心としたステーショナリー、カスタマイズパーツ、オリジナルグッズ、雑貨のお店です。
〒153-0051 東京都目黒区上目黒3-13-10
TRAVELER'S FACTORY

何気ない日々を旅に変えるノート、「トラベラーズノート」って?

SHARE!

何気ない日々を旅に変えるノート、「トラベラーズノート」って?

She isの最新情報は
TwitterやFacebookをフォローして
チェック!

コメントする前に こちらの利用規約
必ずご確認ください

コメント

コメントはMembersのみ行うことができます
Membersについて詳しくはこちら
/ Membersの方のログインはこちら

RECOMMENDED

LATEST

MORE

LIMITED ARTICLES

She isのMembersだけが読むことができる限定記事。ログイン後にお読みいただけます。

MEMBERSとは?

201908-remover02

コンディションを整える時間を愛するためのヒント