映画監督・井樫彩×デザイナー・脇田あすか 夢へと羽ばたく二人の宝物

映画監督・井樫彩×デザイナー・脇田あすか 夢へと羽ばたく二人の宝物

PARCO2019SSの広告を手がけた二人の創作の原風景

2019年3月 特集:夢の時間
SPONSORED:PARCO 2019 SS
テキスト:松井友里 撮影:小林真梨子 編集:野村由芽
  • SHARE

単純ですけど、褒められたことで、向いているのかもしれないと、自信が湧きました。(脇田)

デザイン事務所・コズフィッシュに所属し、グラフィックデザイナーとして活動するかたわら、アートブック・スカーフの作品制作など、個人での活動も行う脇田あすかさんは、やわらかな思いや、見過ごしてしまいそうなときめきの瞬間に、デザインという方法で器を与えている人です。デザイナーとして、充実した現在を過ごしているように思える脇田さんですが、もともと現在のお仕事を志していたわけではないと言います。

左から井樫彩さん、脇田あすかさん

脇田:中学生の頃は、スタイリストになりたいと思っていました。世の中にある素敵なものを探したり、集めたり組み合わせたりすることを仕事にできるなんて最高じゃん、と考えていて。でも、どうやったらなれるのかさっぱりわからなかったんです。

そんななか、友人が美大へいくための美術予備校に通っていたことを知って、美大ってものがあることを知りました。なんらかの形で表現することに関わりたいという気持ちがあったし、絵の勉強をして大学を受験できるなら楽しいかも、というわりと安直な気持ちが入り口でした。そのあとそれがいかに大変かを身をもって知りましたが……。

おしゃれなもの、かっこいいものへの憧れは、昔からずっと変わらずに自分のなかにあって。だけど、大学に入ってから1、2年間は、自分の何もできなさに絶望していました。理想だけはどんどん高くなっていくのに、やれどもやれども、そこに自分が追いつけなくて嫌になってしまったりもしました。

表現に携わりたいという思いを抱きつつも、一度は自身が思い描く理想像と現実のギャップに心が折れそうになったことがあるという脇田さん。そこから再び夢に向けて歩みを進めるには、どのようなきっかけがあったのでしょうか。

脇田:私が通っていたデザイン学科は、グラフィックやプロダクトなどを垣根なく学ぶところだったんです。だから、初めからグラフィックだけをやっていたわけじゃなくて、授業で椅子を作ったり、いろんなことをやっていました。

そんななか、あるとき授業で作ったグラフィック作品が、先生から褒められたんです。単純ですけど、褒められたことで、向いているのかもしれないと、自信が湧きました。漠然とデザインに関わる何かをやりたいと思っていたけど、そこからはグラフィックに集中して、勉強したり、作ったりするうちに、作るもののコントロールが効くようになっていきました。そうやって少しずつ、自分が進む道を絞っていったんです。

View this post on Instagram

Past works

A post shared by asuka_wakida (@wakidaasuka) on

大学生時代のアートブック作品

大きく漠とした「夢」の輪郭が、できることから手を動かして取り組んだ結果、具体性を帯びて描き出されたこと、さらに身近な人の眼差しによってこれまで見えていなかった景色が開けていったという部分は、井樫さんとも重なるようです。

グラフィックという依り代を得て、表現に関わりたいという夢を実現した脇田さんですが、デザインにおいてはひとつのコンセプトを徹底してやりきる、潔いシンプルさを大切にしているのだそう。

PARCO 2019SSキャンペーンポスター

PARCO 2019 SSキャンペーンポスター

そうした脇田さんのスタイルに影響を与えた5つの作品と存在を教えていただきました。

『文体練習』(レーモン・クノー)/「バスの車中でのとある出来事を、さまざまな文体で書き分けていくという本」

レーモン・クノー『文体練習』/撮影:脇田あすか

脇田:バスの車中でのとある出来事を、さまざまな文体で書き分けていくという本で、視点を切り替えることで見せ方を変えていくやり口が賢いなと感じます。本の装丁が『花椿』などを手がけていた仲條正義さんで、物としてもすごく美しくて好きなんです。過剰なデザインはされていなくて、ちょっとひねりがある感じというか。折に触れて読み返しています。

『ライフ・イズ・ビューティフル』(ロベルト・ベニーニ)/「主人公がどんな状況でもハッピーで明るくて、私自身もそうありたい」

脇田:一番好きな映画なんです。主人公のキャラクターが超好きで、ああいう人と結婚したい(笑)。主人公がどんな状況でもハッピーで明るくて、私自身もそうありたいなと思います。あの内容で、『ライフ・イズ・ビューティフル』というタイトルにも、すごくぐっときます。

『暮らしのヒント集』(暮しの手帖編集部)/「丁寧に生活して、たまにさぼったりもしながら、生活と仕事をいい塩梅で」

『暮らしのヒント集』/撮影:脇田あすか

脇田:松浦弥太郎さんをきっかけに、読むようになった本です(松浦弥太郎は2006年から2015年まで『暮らしの手帖』の編集長を担当)。私は、仕事も好きだけど、生活も大事にしたいと思っていて。でも、デザイン業界って、寝ずに根詰めて頑張って成功するという話が多いんです。私はそうじゃないやり方もあると思うから、丁寧に生活して、たまにさぼったりもしながら、生活と仕事をいい塩梅でしている感じでありたいなって。疲れたときに読んで、「背筋を伸ばしなさい」って書いてあるのを見て、ハッとしたりします。

『pink』(岡崎京子)/「『やりたいようにやる』という考えが根っこにある感じにぐっときます」

岡崎京子『pink』/撮影:脇田あすか

脇田:岡崎京子さんの作品は全部読んでいるんですけど、なかでも『pink』が一番好きです。中学生の頃、初めて読んだときは衝撃で。『暮らしのヒント集』についての話と真逆みたいですけど、はちゃめちゃで自由な感じがいいんです。ほかの人のことを全然考えていない身勝手な登場人物が多いんだけど、そういう生き方に憧れます。

主人公のユミちゃんは、自分の部屋に植物とか家具とかお気に入りのものだけを集めて、大切な空間にしているんです。ピンクのバラをたくさん買って「お金でこんなキレイなもんが買えるんならあたしはいくらでも働くんだ」って言うシーンがあって、それもまた「やりたいようにやる」という考えが根っこにある感じにぐっときます。

ゆらゆら帝国(坂本慎太郎)/「大人っぽいというか、すごく色気を感じます」

脇田:ゆらゆら帝国だったバンドの頃も、坂本慎太郎さんのソロになってからも、純粋にすごく好きなんです。次のライブは抽選に外れて、落ち込んでいます……。すべてがちょうどいい自分にぴったりくる気がするんですよね。

ゆら帝(ゆらゆら帝国)に対しては、知ったのが高校生のときだったからかもしれませんが、大人っぽいというか、すごく色気を感じます。ライブでもあまり喋らないし、アンコールもしなくて、「曲を聴ければいいでしょ」みたいな、ストイックな姿勢もよくて。歌詞と曲調をきちんと合わせることを意識してると何かで読んだことがあって、そういうところにも魅力を感じます。それで変な歌詞ばっかりなんですけど(笑)。

「突拍子もないこと」の例えのように言われてしまうこともある「夢」ですが、眠っているときに見る夢も、日々の記憶のさまざまな断片から紡がれると言われているように、未来をまなざす夢も、心揺さぶられる人や物事との出会いの連なりでできていて、それらが養分となり、描いた夢へと確かに歩むための脚力をつくるのかもしれません。

そうして叶えられた夢が誰かの新たな夢を育むきっかけとなり、突拍子もないと思われていた夢同士が接続してゆく、その営為にもまた夢は宿るのだと思います。

PROFILE

井樫彩

映画監督。1996年生まれ、北海道出身。 学生時代に卒業製作として制作した『溶ける』が、ぴあフィルムフェスティバル、なら国際映画祭など国内各種映画祭で受賞し、 第70回カンヌ国際映画祭シネフォンダシオン部門へ選出・正式出品を果たす。 2018年12月より長編デビュー作『真っ赤な星』が公開中。また、参加作品である山戸結希プロデュースによるオムニバス映画『21世紀の女の子』も公開中。

脇田あすか

グラフィックデザイナー。1993年生まれ、愛知県出身。東京藝術大学デザイン科大学院を卒業後、コズフィッシュに所属。展覧会「スヌーピーミュージアム」や、雑誌「装苑」などのデザインに携わる。個人でもデザイン・イラストレーションの仕事やアートブックなどの作品の制作・発表をしている。

INFORMATION

キャンペーン情報
PARCO 2019 SS『SHINING RED FISH』

どんな私にも、自分が知らない私が隠れてる。
役割、立場などさまざまな制約の中で生きる私も、
恋人の前で着飾る私も、どれも紛れもない私。

無個性な服を身にまとい、
自分ではない何者かを演じながら生きる主人公は、
偶然、誰かに出会い、恋に落ち、装いは色彩を帯びていく。

新しい自分に気づき、迷い、葛藤しながらも、
何かを自ら選び取り、力強く前向きに生きる姿を、
水面の様に揺れ動く心情の変化にあわせ、
鮮やかに色づいていくファッションとともに描きます。
PARCO 2019 SS|パルコ

映画監督・井樫彩×デザイナー・脇田あすか 夢へと羽ばたく二人の宝物

SHARE!

映画監督・井樫彩×デザイナー・脇田あすか 夢へと羽ばたく二人の宝物

She isの最新情報は
TwitterやFacebookをフォローして
チェック!

RECOMMENDED

LATEST

MORE

LIMITED ARTICLES

She isのMembersだけが読むことができる限定記事。ログイン後にお読みいただけます。

MEMBERSとは?

ohanami

Girlfriendsによるお店が並ぶ『She is お花見蚤の市』開催!