She is×いち髪ナチュラルケアセレクト オリジナルギフトボックスのご紹介

She is×いち髪ナチュラルケアセレクト オリジナルギフトボックスのご紹介

ソイキャンドル、ミニブーケ、朝吹真理子さんの掌編など

SPONSORED:いち髪ナチュラルケアセレクト
テキスト・編集:竹中万季 撮影:佐藤麻美
  • SHARE

食べるもの、着るもの、肌につけるもの……あなたは身のまわりのものをどうやって選んでいますか? なんとなく雰囲気で選んでしまっているものや、選んでいる理由を答えられないものもあるはず。ものの背景にある情報や、さまざまな選択肢があるということを知って、そのなかから自分に合ったものを選ぶ。そうして自分の目で選んだものに囲まれた生活では、もっと自然体でいられるような気がします。

そんな思いから、自分に合ったシャンプーをこだわって選びたい人に寄り添ったブランド「いち髪ナチュラルケアセレクト」とShe isで「#自然体で生きる」キャンペーンをはじめました。抽選で100名さまに、いち髪ナチュラルケアセレクトのシャンプー・トリートメントとともに、She isが選んだ商品を詰めたギフトボックスをプレゼントします。

ギフトボックスでは、自らの考えをもって選択をしながら活動をしているつくり手とともに、「自然体で生きる」をテーマに制作したオリジナルプロダクトを厳選してお届け。このギフトボックスがきっかけで、ものの背景にある情報を知って、自分に合ったものを選ぶことがもっとたのしくなりますように。それぞれの商品の背景を、つくり手たちの言葉とともにご紹介します。

みんなの「#自然体で生きる」を募集。She is×いち髪ナチュラルケアセレクト オリジナルギフトボックスが当たるキャンペーンについて詳しくはこちら(9/20~10/21)

食事中でも安心して使える。sheepのソイキャンドル

「食事中に安心して使えるキャンドル」をコンセプトに、厳選した天然素材のみでつくられているというsheepのソイキャンドル。キャンドルの制作、香りの調合、ラベル貼り、パッケージングまで、すべて愛知県名古屋市にある自社工房で行い、大量生産はせずに、注文を受けてからひとつひとつ手づくりするということを大切にし続けています。香りやパッケージだけでなく、素材でキャンドルを選ぶたのしみを教えてくれます。

sheepのソイキャンドル。いずれか一つをお届け

今回のギフトボックスでお届けするのは、小さなソイキャンドル。天然由来の大豆油のみを使用しているソイキャンドルは、すすが出にくいそう。捨てられてしまう生花を丁寧にドライフラワーにして、キャンドルを彩りました。前向きな気持ちになれるゼラニウムの香りです。

とても小さいソイキャンドルですが、素材は通常のsheepのソイキャンドルとまったく同じ、すべて天然素材で制作しています。パラフィンのキャンドルとは異なる自然な炎のゆらぎや使い心地を楽しんでいただきたいです。(sheep 山川立真)

sheepを立ち上げた山川立真さんは、会社員時代にアートディレクターとして仕事をしているなかで食と健康に興味が湧き、独学で「食卓で安心して使えるソイキャンドル sheep」の制作を始めたそうです。「広告のイメージに惑わされるのではなく、自分自身の価値観でものを選ぶ人を増やしていきたい」という思いで、企業やサービスのものづくりのデザインも手掛けている山川さんから「自然体で生きる」についてこんな言葉をいただきました。

忙しい毎日を過ごしていると、すべての食事を無農薬野菜や健康的な食材だけにすることはどうしても難しい。

でも、洗剤やシャンプー、キャンドルなどの香りなど体の外から入るものは天然素材のものしか使わないようにしています。そうすることで、昼間、体に良くないものを食べてしまった罪悪感も減らすことができます。

少しの知識を持って、自分の心と身体をコントロールすることが大切かなと思っています。(sheep 山川立真)

忙しい毎日の心を潤す、LAURENCE.のドライフラワーのミニブーケ

グザヴィエ・ドラン監督の映画『わたしはロランス』の主人公から名付けられたというLAURENCE.は、ドライフラワー専門の花屋さん。ブーケやスワッグ、リースなどのWebショップでの販売のほか、オーダーも受け付けています。「世間や誰かの当たり前や常識ではなく、毎日のいろんな選択を自分の感性や直感を信じて選んでほしい」という願いをこめ、お客さんの思いを花を通じてかたちにしています。

LAURENCE.のミニブーケ。植物とリボンはランダムでお届け

ギフトボックスでは、ドライフラワーのミニブーケをお届け。ドライだから、時間が経ってもそのままの美しさが保たれるので、忙しい毎日でも気持ちを潤してくれそうです。季節に応じて仕入れた旬の植物をいくつも使ってひとつずつつくっていくので、ひとつとして同じものがないオリジナルのブーケに。飾り方は、袋にいれたままそのまま机に置いてもいいし、袋から出して小さなカップにいれたり、逆さまにして壁に吊るしてみても。さまざまなたのしみ方ができそうです。

忙しいと自分に手をかけてあげる時間が持てずに、ついつい後回しになってしまう私たち。せめて一日のうち10分でいいから、穏やかにリラックスする時間を作ってほしい。

花をいつも目に触れる場所に置いていただき、可愛いとか、きれいとかそんな些細で前向きな気持ちを生み出せるキッカケみたいな存在でありたいと思いを込めミニブーケを制作しました。

健やかに生きるために。自分自身を大切に。(LAURENCE. 渡邉美咲)

LAURENCE.の渡邉美咲さんは、もともとはアパレルの仕事をしていて、その後、花の仕事をしてみたいという思いから「長田杏奈×河村敏栄×いち髪ナチュラル 自分に嘘をつかない自然体の見つけ方」でもお話していただいた代々木上原の花屋「MAG BY LOUISE」の河村敏栄さんのもとで働くことに。アパレルから花屋、まったく畑違いではあるけれど、まさにそれが「自然体で生きる」きっかけとなる出来事だったそうです。

「自然体で生きる」について考え始めた昨日の夕方頃。ふと、花を仕事にする前のことを思い出しました。

アパレルの仕事をしていた当時は、転職するにしても、正社員としてどこかの会社に所属していなければいけないという考えがありました。その背景には、もともと学生時代に目指していた職には就けず、とりあえず就職口を見つけ東京に出てきたが、学校も出させてもらって、親に心配をかけたくないという思いもあったと思います。本当にやりたいことは何なのかと、悶々とした日々を過ごしていた時、まったく畑違いの花の仕事をしてみたいと、漠然とした思いを募らせるようになりました。

今思えば、それは私にとって、「自然体で生きる」大きなキッカケだったと思います。それを実現できた時、大袈裟かもしれませんが、今まで霧の中を歩き、前がまったく見えなくて不安だった気持ちに晴れ間が差したような感覚でした。正社員として所属しなければいけないなんて、そもそも親に言われたわけでもないし、私の考えとは裏腹に両親はいつだって応援してくれました。

自分自身と向き合い、そして深く知ること。何に歓びを感じ、心が満たされるか。日々考え、ひとつひとつ選択していく。どこで、誰と、何を信じて生きていたいか。生まれてから今日まで幾度となく選択を続け、そしてこれからも続く。ならば、自分に嘘をつくことなく、素直に生きよう。チョイスしよう。それが、「自然体で生きる」ことに繋がると信じているから。(LAURENCE. 渡邉美咲)

飲んで味わうだけでなく、飾っても味わえる。Have a Herbal Harvestのハーブティー

Have a Herbal Harvestは、飾って美しく、お茶にして飲めばハーブの香りを感じることができるハーブティーブランド。押し花のように、ハーブのかたちをいかしたまま乾燥させてパッケージに封じ込めているので、飲んで味わうのはもちろん、インテリアとして目でもたのしむことができます。

左から、レモングラス×カレンデュラ、スペアミント×カレンデュラ。どちらかひとつをお届け

今回のギフトでは、華やかな香りでリラックスでき、自分を見つめ直す時間にぴったりの「レモングラス×カレンデュラ」、清涼感あふれるすっきりとした爽やかな香りで、自分をリフレッシュさせたいときにぴったりの「スペアミント×カレンデュラ」のどちらかひとつをお届けします。

Have a Herbal Harvestは、飾って美しく、お茶として飲めばハーブの香りを感じることができるハーブティーブランドです。このハーブティーが、みなさまが穏やかでリラックスした時間を過ごすきっかけとなれば幸いです。(Have a Herbal Harvest 福山悠美)

2015年度の『GOOD DESIGN賞』も受賞したHave a Herbal Harvest。加工をしていないありのままの姿のハーブは、自然体でいることとはどういうことなのか考えさせてくれます。

めまぐるしい日々の中で自分らしさを見失ってしまう日もありますよね。そんな時こそ、ありのままの自分を大切に。それこそが「自然体で生きる」ことであると考えます。Have a Herbal Harvestも、ハーブが本来生まれ持った姿を大切に制作することで、その美しさを見出しています。(Have a Herbal Harvest 福山悠美)

朝吹真理子さんの掌編「She is POCKET LIBRARY SPECIAL」

She isのギフトボックスでも毎月お届けしている、ポケットに入るミニサイズの冊子「She is POCKET LIBRARY」。今回はいち髪ナチュラルケアセレクトとのコラボレーションとして、小説家の朝吹真理子さんが「自然体で生きる」を題材に書き下ろした掌編をお届けします。

自分にとって心地よい速度ですごすことを心がけているという朝吹さんが考える「自然体」とはどんな状態なのでしょう? 心に寄り添う言葉をおたのしみに。

自分に合ったシャンプーをこだわって選びたい人へ。いち髪ナチュラルケアセレクト

いち髪ナチュラルケアセレクトは、日本女性の髪のために生まれたヘアケアブランド。こだわりぬいた90%以上天然由来成分(水を含む)使用。地肌と髪をいたわります。自分に合ったシャンプーをこだわって選びたい人たちに寄り添うブランドです。

左から、いち髪ナチュラルケアセレクト スムースシャンプー、スムーストリートメント、いち髪ナチュラルケアセレクトモイストシャンプー、モイストトリートメント。スムースかモイストのセットいずれかをお届け

米ぬか、ツバキ、へちま*1、ゆず*2の「厳選和草エキス*3」を配合。サルフェート(硫酸系界面活性剤)フリー、合成着色料フリー、敏感肌の方のご協力によるパッチテスト済み*4のこだわりの処方です。
*1 スムースに配合
*2 モイストに配合
*3 補修・保湿成分
*4 すべての方に皮フ刺激が起こらないということではありません。

みんなの「#自然体で生きる」を募集。She is × いち髪ナチュラルケアセレクトオリジナルギフトボックスを抽選でプレゼント

She is × いち髪ナチュラルケアセレクトオリジナルギフトボックスは、9月20日(金)~10月21日(月)までにキャンペーンに参加していただいた方のなかから抽選で100名さまにお届け。また、抽選で2000名さまには、朝吹真理子さんのPOCKET LIBRARYも入ったいち髪ナチュラルケアセレクトサンプルキットをお届けします。

She is × いち髪ナチュラルケアセレクトオリジナルギフトボックス

応募方法は、Twitterで@Kracie_ichikamiをフォローして、「@Kracie_ichikami」「#自然体で生きる」をつけて自分の思いをツイートし、応募フォームから必要な情報を入れてお申し込みをするだけ。みなさまからのご応募、お待ちしております。

キャンペーンの応募方法について、詳しくはこちら

INFORMATION

商品情報
商品情報
「いち髪ナチュラルケアセレクト」

髪のために、何を選ぶか。日本女性の髪を研究してきたからこそ、たどりついた6つの答え。
・厳選和草エキス配合
・90%以上天然由来成分(水を含む)
・100%天然由来香料使用
・サルフェートフリー *1
・合成着色料フリー
・敏感肌の方のご協力によるパッチテスト済 *2
*1 硫酸系界面活性剤不使用
*2 すべての方に皮フ刺激が起こらないということではありません。

地肌と髪をいたわります。

スムース(緑)とモイスト(オレンジ)の2つのライン。
スムースは厳選和草エキス(補修・保湿成分)に、
古くから天然の化粧水として親しまれているへちまエキスを配合。サラサラな指通りで、なめらかな髪へ。
モイストは、厳選和草エキス(補修・保湿成分)に、ビタミンが豊富に含まれているゆずエキスを配合。毛先まで潤い、まとまる髪へ。

いち髪ナチュラルケアセレクト

キャンペーン情報
キャンペーン情報
「She is×いち髪ナチュラルケアセレクトオリジナルギフトボックス」プレゼントキャンペーン

応募期間:2019年9月20日(金)~10月21日(月)
詳しくはこちら

She is×いち髪ナチュラルケアセレクト オリジナルギフトボックスのご紹介

SHARE!

She is×いち髪ナチュラルケアセレクト オリジナルギフトボックスのご紹介

She isの最新情報は
TwitterやFacebookをフォローして
チェック!

コメントする前に こちらの利用規約
必ずご確認ください

コメント

コメントはMembersのみ行うことができます
Membersについて詳しくはこちら
/ Membersの方のログインはこちら

RECOMMENDED

LATEST

MORE

LIMITED ARTICLES

She isのMembersだけが読むことができる限定記事。ログイン後にお読みいただけます。

MEMBERSとは?

201912-gloves02

コートの袖下に秘密のリボンをとおして