泊まっても、泊まらなくても楽しめる。今、渋谷のホテルが熱い

進化したホテル、TRUNK(HOTEL)とhotel koé tokyo

連載:龍崎翔子のHOTなHOTEL案内
テキスト:龍崎翔子 編集:竹中万季
  • SHARE

この1、2年の日本のホテルシーンで最も注目されたホテルとして挙げられるのが、ブライダル業界大手のテイクアンドギヴ・ニーズによる「TRUNK(HOTEL)」、そしてearth music&ecologyやkoeを手がけるアパレル企業・ストライプインターナショナルによる「hotel koé tokyo」ではないでしょうか。

いずれもブライダルやアパレルなどの別事業に会社としての事業軸を置きながら、あたかもアンテナショップ的な形でホテル事業を立ち上げ、渋谷にオープンしています。

客室数は10数室と決して多くはなく、シングルルームで30000円~/泊とアッパーミドルに向けたマーケティングを展開したり、DJブースやカフェ&バーを有してラウンジを宿泊者以外にも開放するところ、また、オリジナルブランドを販売するストアを併設してキャッシュポイントを増やしたり、海外アパレルブランドのパーティーなどのイベント利用も積極的に打ち出すところなど、両ホテルの共通点は非常に多いようです。

日本のユースカルチャーの発信源であり、国内外から感度の高い若者が集う渋谷で、進化を遂げた二つのホテルについて紹介します。

人々が集うカフェ&バーやコンセプトショップを展開し、ライフスタイルを提案する「TRUNK(HOTEL)」

広々としたラウンジにあるカフェ&バー、「TRUNK(BAR)」

渋谷・キャットストリートに立つTRUNK(HOTEL)は、ブライダル業界大手のテイクアンドギヴ・ニーズによって作られたライフスタイル型ホテル。「ソーシャライジング」をコンセプトに掲げ、等身大で社会に貢献できるライフスタイルを発信しています。

ホテル内には広いラウンジにカフェ&バーがあり、宿泊客だけではなく近隣に住む客もコーヒーブレイクをしたり作業したりできる落ち着いた空間。アパレル関係者が多いのか、宿泊客を含め全体に洗練された空気感が漂っていました。

ホテルにはアーティストによるインスタレーション作品が展示されているほか、コンセプトショップを併設。「TRUNK」のロゴがあしらわれたオリジナルグッズが食品から日用品まで展開されており、ブランドの価値観が凝縮されています。

食品から日用品まで展開されている「TRUNK」ブランド

4,600平方メートルの延べ床面積のうち、客室数はわずか15室。そのかわり、収容人数が100名を超えるようなイベントスペースが4つあるほか、チャペルやミーティングルームなどもあり、ウェディングパーティーのみならず、CartierをはじめとするハイブランドのパーティーやDJイベントも行われています。

ただのホテル空間ではなく、渋谷という街を拠点にして人々が出会い、文化が生まれる空間となっています。

週末はDJによるライブも。ファッショニスタが賑わう「hotel koé tokyo」

人で賑わっている1階のカフェエリア

宇田川町に立つhotel koé tokyoは、earth music&ecologyやkoeなどのアパレルブランドを手がけるほか、『岡崎芸術交流』など文化芸術事業にも関わる企業、ストライプインターナショナルによってプロデュースされた、stay、fashion、music&foodの3つの要素、つまり衣食住をトータルで体験することができるライフスタイル系ホテル。

建築設計事務所、SUPPOSE DESIGN OFFICEの谷尻誠氏と吉田愛氏によって設計され、木や石、ガラスの素材感を生かしミニマムでリッチな空間に。交差点に立つこのホテルはガラス越しに中が見えるオープンな設計になっており、いつも渋谷を闊歩するファッショニスタたちで賑わっています。

レセプションやカフェのある1階では金曜日と土曜日に沖野修二やtofubeatsなどカルチャーシーンを代表するDJたちが音を鳴らし、2階にはホテルの名前にもなっているkoéのショップが併設され、実際に購入することができます。このように、ホテルという冠の下で、ライフスタイルとカルチャーをトータルプロデュースしているのです。

二階にはkoéのショップが併設され、衣服などの購入ができる

泊まってもいいし、泊まらなくても楽しめる。「HOTEL」という名が与えられた文化の発信基地

誤解を恐れずに言えば、これらはホテル事業として収益を上げるために生まれた空間ではないのかもしれません。TRUNK(HOTEL)は本来の事業であるウェディングパーティーが行えるパーティースペースを空間のメインに据えているし、hotel koé tokyoでもアパレルショップの占有面積がかなり大きいけれど、あえて「HOTEL」という名を与えることで、街に対して開け、人々が溜まり、新たな文化を生み出すことができる空間を創っているのだと思います。

ホテルはとても面白い箱です。その街に住む人も、地球の裏側に住んでいる旅人も、この箱の中で一夜を明かす。Netflix社を筆頭に、IT企業たちがしのぎを削ってユーザーの占有時間を奪い合っている中、ホテルは悠々とユーザーの1日の大半という時間を手に入れています。

この状況の中で、もともとホテルのために立ち上がったわけではないブランドであっても、アンテナショップ的にブランドの価値観を落とし込んだホテル空間を持つことで、より深く、濃くブランドのファンとコミュニケーションを取ることができています。

これらのホテルは、「HOTEL」という名前を冠することで、衣食住にわたってブランドの世界観を堪能できる空間となっています。だから、泊まっても楽しいし、泊まらなくても存分に楽しめる。ホテルという開けた空間だからこそ、ライフスタイルに合わせた幅広い目的で過ごすことができるのです。

今までライフスタイルを提案し、カルチャーシーンを牽引してきた異業種が、ホテルに新しい風を吹き込んでいます。ぜひ、あなたの肌で体感してみませんか。

PROFILE

龍崎翔子
龍崎翔子

ホテルプロデューサー。2015年にL&G GLOBAL BUSINESS Inc.を立ち上げ、「ソーシャルホテル」をコンセプトに掲げ北海道・富良野の「petit-hotel #MELON 富良野」や京都・東九条「HOTEL SHE, KYOTO」をプロデュースする。2017年9月には大阪・弁天町でアナログカルチャーをモチーフにした「HOTEL SHE, OSAKA」を、2017年12月には北海道・層雲峡でCHILLな温泉旅館「ホテルクモイ」をオープン予定。

INFORMATION

連載:龍崎翔子のHOTなHOTEL案内
連載:龍崎翔子のHOTなHOTEL案内
新世代のホテルプロデューサーと考える。これからの「泊まる」はどう変わる?

vol.1旅行じゃなくても泊まりたい、ローカルの空気感を織り込んだホテル
vol.2展覧会や雑誌に泊まれる?文化を発信するメディアとしてのホテル
vol.3泊まっても、泊まらなくても楽しめる。今、渋谷のホテルが熱い

関連情報
関連情報
HOTEL SHE, OSAKA

HOTEL SHE, OSAKAは2017年9月に大阪・弁天町に生まれた、大阪のローカルに出会えるソーシャルホテルです。USJや海遊館にほど近い昭和レトロな下町で、ピザとコーヒーと音楽を囲む夜を。
HOTEL SHE, OSAKA | 大阪・弁天町にたつピザと音楽を愛するソーシャルホテル

HOTEL KUMOI

北海道にある知る人ぞ知る温泉街・層雲峡温泉。大雪山の麓にあるこの温泉街で、ひとりの80歳のお婆さんが切り盛りしていた旅館「ホテル雲井」をリノベし、現代を生きる私たちが本当に泊まりたい旅館「CHILLな温泉旅館」に生まれ変わらせました。「Vapor」をコンセプトに、北見のシーシャカフェ「いわしくらぶ」とコラボした水タバコの提供や、シェフ・田村浩二氏のディレクションするフードメニューなど新しい層雲峡の姿をお楽しみいただけます。
HOTEL KUMOI

今回紹介したホテル
今回紹介したホテル
TRUNK (HOTEL)

住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-31
電話番号:03-5766-3210
TRUNK(HOTEL) - トランク(ホテル)|東京渋谷のブティックホテル

hotel koé tokyo

住所:〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町3-7
電話番号:03-6712-7251
hotel koé tokyo | ホテル コエ トーキョー

泊まっても、泊まらなくても楽しめる。今、渋谷のホテルが熱い

SHARE!

泊まっても、泊まらなくても楽しめる。今、渋谷のホテルが熱い

She isの最新情報は
TwitterやFacebookをフォローして
チェック!

RECOMMENDED

LATEST

MORE

LIMITED ARTICLES

She isのMembersだけが読むことができる限定記事。ログイン後にお読みいただけます。

MEMBERSとは?