都会のオアシスで過ごす。プールのある南国のCHILLなホテル

日本にもほしい。都市型でありリゾート感もあるホテル

連載:龍崎翔子のHOTなHOTEL案内
テキスト:龍崎翔子 編集:竹中万季
  • SHARE

ホテルはチルな場所だと思う。日常と非日常の狭間で、旅で興奮した心を生活の営みへと引き戻し、それでいながら旅の演出装置としての側面も強く帯びている。高揚感とくつろぎが並存している状態という意味では、ホテルにはチルアウトという言葉がよく似合う。

今回紹介するのは、そんな都会のオアシスのようなホテルたち。日本にはほとんどない、都市型でありながらリゾート感もあり、それでいてラグジュアリーに寄っていない東南アジアのホテルをご紹介します。

ベトナムの空気感を織り込んだハイセンスなアーバンリゾート

ベトナムの首都、ホーチミンシティに立つホテル「THE MYST DONG KHOI(ザ・ミスト・ドンコイ)」。モダンなデザインの瀟洒な建築で、不規則に並んだ窓から植物が鬱蒼と茂っている外観に表されているように、ベトナムや東南アジアの空気感を現代的で洗練された目線で再構築したホテルです。

ここの一番の醍醐味は、眼下を流れるサイゴン川を眺めることができる、コンクリートジャングルに浮かぶルーフトッププール。デッキチェアで日光浴をするもよし、プールエリアの中にある離れのソファ席でくつろぐもよし。ホスピタリティの行き届いたカフェ&バーのスタッフに見守られながら、太陽が昇ってから暮れるまでをずっと過ごすことができてしまうような時間が流れています。

ルーフトッププールにはデッキチェアが並ぶ

客室はモダンテイストとオリエンタルなベトナムテイストが混じり合った空間で、ティーセットやバスケットに至るまで小物はどれもベトナムの温かみを感じる気の利いたしつらえ。テラスにはアウトビューバスがあり、サイゴン川を眼下に眺めながらお風呂に入ることができます(ホテル外観の草が生い茂った窓は、実はこのアウトビューバスがあるところ)。

客室

アウトビューバス

東南アジアの気候に育まれた固有の文化に、中華文明とフレンチコロニアル様式が混じり合い、社会主義の歴史を辿ったミックスカルチャーの国、ベトナム。土地に流れる濃厚な空気感を感じさせながら、洗練された居心地のいい滞在のできるホテルです。

バンコクのユースカルチャーをリミックスした都会のオアシス

タイの首都・バンコクの外れ、のどかながらセンスのいいカフェの散在するアーリー地区にあるのが「JOSH HOTEL(ジョシュ・ホテル)」。ホテルの様式美にのっとっていながら、タイのヒップカルチャーが随所にあしらわれた、躍動するタイの息吹を感じられるホテルです。

郊外らしい光景が広がる中で突如現れるこのホテルでのステイは、ドアマンに迎えられるところから始まります。ラウンジは見事な1970年代様式で、フロントカウンターの脇にはレコードが所狭しとディスプレイ。アイスクリームを舐めながら接客するというフロントスタッフのカジュアルさも新鮮。

レコードがディスプレイされたフロントカウンター

一番の醍醐味は「JOSH HOTEL」のロゴの入ったクラシカルなプール。プールの見えるレストランでコンチネンタルの朝食をいただいたり、プールサイドのデッキチェアで日光浴したりと一日中ホテルで楽しむことができます。

ロゴが印象的なプール

このホテルには、プールやシネマの他に、「Marigold」というカフェ&レストラン、「Pool Bar」というBAR、「Hello Summer」というアイスクリームショップ、「SUNBATH」というスイムウェアショップが併設されており、コンテンツが盛りだくさん。

プールサイドにあるバー「Pool Bar」

ホテル内にはシネマも

ホテルという様式の中で、タイのトレンドカルチャーを体感することのできる場所でした。

やっぱりプールサイドで過ごしたい

プールサイドって最高だと思う。

海辺、川岸、湖畔、プールサイド。人がくつろぎを感じる場所はなぜかいつも水のそばにあるような気がします。その中でも、プールサイドはホテルでしか楽しめない醍醐味。もちろん、市民プールやプールのレジャー施設などもあるけれど、水に浸かるための空間ではなく、水辺で過ごすための空間として楽しむことができるプールは基本的にはホテルにしかないのではないでしょうか。朝食、日光浴、昼寝、少し水に浸かって、コーヒーを飲んでお酒を飲んで語らって……。プールサイドで過ごす時間はホテルの楽しみを広げて加速させる時間で、プールさえあれば、ホテルがたとえコンクリートジャングルの中にあったとしても都会のオアシスへと生まれ変わります。

旅の刺激でざわついた心を和ませ、何気ない時間を非日常に変えるプールサイド。

子供向けのレジャープールでもなく、スイムキャップ必須のジムのプールでもなく、裸で男女別々で入る温泉でもなく、日光を浴びながら水辺で過ごす時間を生み出してくれるプールのあるホテルが日本でも増えることを願っています。

PROFILE

龍崎翔子
龍崎翔子

ホテルプロデューサー。2015年にL&G GLOBAL BUSINESS Inc.を立ち上げ、「ソーシャルホテル」をコンセプトに掲げ北海道・富良野の「petit-hotel #MELON 富良野」や京都・東九条「HOTEL SHE, KYOTO」をプロデュースする。2017年9月には大阪・弁天町でアナログカルチャーをモチーフにした「HOTEL SHE, OSAKA」を、2017年12月には北海道・層雲峡でCHILLな温泉旅館「ホテルクモイ」をオープン予定。

INFORMATION

連載:龍崎翔子のHOTなHOTEL案内
連載:龍崎翔子のHOTなHOTEL案内
新世代のホテルプロデューサーと考える。これからの「泊まる」はどう変わる?

vol.1旅行じゃなくても泊まりたい、ローカルの空気感を織り込んだホテル
vol.2展覧会や雑誌に泊まれる?文化を発信するメディアとしてのホテル
vol.3泊まっても、泊まらなくても楽しめる。今、渋谷のホテルが熱い
vol.4都会のオアシスで過ごす。プールのある南国のCHILLなホテル

関連情報
関連情報
HOTEL SHE, OSAKA

HOTEL SHE, OSAKAは2017年9月に大阪・弁天町に生まれた、大阪のローカルに出会えるソーシャルホテルです。USJや海遊館にほど近い昭和レトロな下町で、ピザとコーヒーと音楽を囲む夜を。
HOTEL SHE, OSAKA | 大阪・弁天町にたつピザと音楽を愛するソーシャルホテル

HOTEL SHE, KYOTO

HOTEL SHE, KYOTOは京都の果てにある、 全33室のミニマムなブティックホテルです。 洗いざらしのリネンに、シモンズのふかふかベッドで 旅路に疲れた旅人たちにひとときの安らぎを。
HOTEL SHE, KYOTO - 最果ての旅のオアシス | 京都市のブティックホテル

今回紹介したホテル
今回紹介したホテル
THE MYST DONG KHOI(ザ・ミスト・ドンコイ)

住所:6-8 Ho Huan Nghiep, District 1 , 1区, ホーチミン・シティ, ベトナム
The Myst Dong Khoi Hotel - Ho Chi Minh City, Vietnam

JOSH HOTEL(ジョシュ・ホテル)

住所:19/2 Soi Ari 4 Nuea, Phahon Yothin road., パヤタイ, 10400 バンコク, タイ
JOSH hotel ARI | Official Website

都会のオアシスで過ごす。プールのある南国のCHILLなホテル

SHARE!

都会のオアシスで過ごす。プールのある南国のCHILLなホテル

She isの最新情報は
TwitterやFacebookをフォローして
チェック!

コメントする前に こちらの利用規約
必ずご確認ください

コメント

コメントはMembersのみ行うことができます
Membersについて詳しくはこちら
/ Membersの方のログインはこちら

RECOMMENDED

LATEST

MORE

LIMITED ARTICLES

She isのMembersだけが読むことができる限定記事。ログイン後にお読みいただけます。

MEMBERSとは?

201908-pouch02

コラージュで作り上げた世界に、あなたの物語を加えて