蒼井優とタナダユキが語る結婚。自分が思う幸せを追求すればいい

蒼井優とタナダユキが語る結婚。自分が思う幸せを追求すればいい

『ロマンスドール』公開。結婚、母性神話、幸せについて

2020年1・2月 特集:これからのルール
インタビュー・テキスト:野村由芽 撮影:小林真梨子
  • SHARE

「自分探し、みたいなことですか?」「いや、むしろ探したくないんです。どうやったって、自分の行動で自分は生きていかなくちゃいけないですから。探さなくたって、嫌でもここにいますから」。これは、2008年に公開された映画『百万円と苦虫女』の主人公・鈴子の言葉。ロードムービーでありながら「自分探し」という名目で自分を「自分めいたもの」に固定しない生き方を撮ったタナダユキ監督と、鈴子を演じた蒼井優さんが、約12年ぶりにタッグを組み、映画『ロマンスドール』を完成させました。

高橋一生さん演じるラブドール職人である夫・哲推の嘘と、蒼井優さん演じる秘密を抱えた妻・園子の10年の結婚生活。スタートすると当時に、終わりがはじまる人生のなかで、わたしたちは誰と、どんなふうに関係を結び、なにを大切なものとして日々にのこしていくのかが、この作品には描かれています。

「12年この世界で生き延びた」と感慨深く語る二人が、好きな仕事でありながらときにつらさや苦しみに向き合い、自分の信じるものを大切にして、さまざまな人に出会い、そして再びタッグを組んでつくりあげたこの作品は、お互いの選択の軌跡だとも思います。『ロマンスドール』のお話と重ね合わせながら、二人の人生に起きた仕事の変化、結婚観、幸せの追求について、聞きました。

今だったら映画化できるのかなと。そう思ったときに、はじめに褒めてくれた蒼井さんが浮かんで。(タナダ)

ー『ロマンスドール』では「結婚」や「夫婦のあり方」そして「共に生きること、そして死ぬこと」とはなにかということが、ときほぐされていく感覚がありました。今日は映画の話から、お二人が考える「結婚」や「夫婦」についてもお話をうかがえたらと思っています。まずは少しShe is の説明からさせていただけたらと……。

蒼井:She is 知っていますよ。

ーあ、ほんとうですか……!

蒼井:わたしが好きな和田彩花さんのインタビュー(和田彩花は女でありアイドルだ。アイドルとして女性のあり方を問う覚悟)が掲載されていましたよね。

蒼井優さん、タナダユキ監督

ーそうなんです。She is では、世の中から「こうしなくちゃいけない」「こうあるべき」とされていることを「本当にそうなのかな?」と問うていけたらと思っていて。今日のお話の中で、これはちょっと答えるのが難しい……ということは、もちろんおっしゃっていただいてかまいません。

今回、タナダ監督と蒼井さんは『百万円と苦虫女』(2008年)ぶりのタッグで、このお二人がご一緒されることをすごく嬉しいって思っている人がたくさんいるんじゃないなと思っていて。今回、どうして12年ぶりに蒼井優さんにオファーしたのか、蒼井さんはどう感じたのかというところからうかがえたら嬉しいです。

タナダ:原作となる小説が出たのが2009年(連載開始は2008年)だったのですが、蒼井さんがすぐ読んでくれて。読んでもらえて嬉しかったのですが、一方で申し訳ないなという気持ちもあり……(笑)。

蒼井:なんでですか?

タナダ:話の内容的に、大丈夫かなって。蒼井さんは当時20代前半だったこともあって。でもそのときに褒めていただいたんですよね。小説を書いたときには映画にするつもりはなかったんですけど、時が流れて、ちょこちょこいろいろな人に「あれ映画化しないんですか?」って聞かれて、「やっていいんだ」っていう(笑)。

だんだんラブドールというものの認知もあがってきて、ラブドールの展示会には長蛇の列ができたりもしていたんです。展示会に来ていたお客さんはアダルト商品ということをわかっていながら、けれどそれを越えた「美しい造形物」として見ている方が本当に多い印象で、今だったら映画化できるのかなと。そう思ったときに、はじめに褒めてくれた蒼井さんが浮かんで。

ー一番最初だったんですか?

タナダ:一番最初でした。

ーああ、それはすごく嬉しいことですね。

タナダ:誰も読んでないだろうと思っていた小説だったので、言葉をかけてくれたのは嬉しかったです。それにやっぱり演技の面でも、園子の持っている清楚な部分や、凛としているところ、あとは人間的なダメさも演じられるという意味でも、俳優として一番最初に聞いてみたいなと思っていました。ただ、内容が内容なので、断られるだろうな……という前提でいったら、「やります」「やるんだ!?」って(笑)。びっくりしました。

蒼井:なんの心配もなかったですね。一度ご一緒した監督とまたご一緒できるっていうのは本当に嬉しいことなんです。自分の変化を知れるという意味でも、キャリアを俯瞰で見ることができた貴重な体験になりました。もともと『ロマンスドール』という小説が好きで、わたしはもう園子の年齢を過ぎたと勝手に思い込んでいたのですが、意外と同じぐらいの歳だったんですよね。このタイミングで、高橋一生さんをはじめとした、素晴らしい役者さんともご一緒できるなら、確かに今だなって。

『ロマンスドール』 ©2019「ロマンスドール」製作委員会

嫌いなものを言うのってすごく簡単だから、まず好きなものの話をできるようになりたいなって。(蒼井)

ータナダさんからすると、当時は「誰が読んでくれているんだろう?」と思っていた状態で、まっさきに褒めてもらえたことってすごく嬉しかったのではないかと想像して。蒼井さんは、いいと思ったものは、言葉に出すほうですか?

蒼井:すぐ言います。

ーそれはどうしてですか?

蒼井:嫌いなものを言うのってすごく簡単だから、まず好きなものの話をできるようになりたいなって。わたしはもともと人見知りが激しくて、人の話を聞く方に回ることが10代の頃はとても多かったんです。

その年齢の頃はみんな尖っていたんでしょうね。わたしも尖っていたと思います。だから「あの作品ダメだったよね」というような話を聞くことも多かったし、嫌いなものを言うことで自分の居場所をつくっていた時代を誰しもが経験しているようにも思うのですが、「じゃあ、なにが好きなんですか?」って聞くと、「普通に〇〇が好き」みたいな答えが返ってくることが多かったりして。

タナダ:たしかに「普通に」ってよく使われるよね。

蒼井:なにかエクスキューズを入れてから、好きなもののことを話す。わたしはそれってなんでだろうな? って思ってて。人って負の言葉を発するほうが楽というか、エネルギーを使わないらしいぞと。でも、好きなものの話をしているほうが人は傷つかないし、嫌な気持ちにならないから、好きなものの話をしているほうが素敵だなって。だけど、嫌いなものも明確に持ってないとなんでも受け入れてしまって自分がなくなってしまうから、なるべく好きなものの話をしながら、そこはバランスを見て。

ーそうですね。

蒼井:だから、なぜそれをいいと思ったのかについて話すのは好きなんです。

PROFILE

蒼井優

1985年8月17日生まれ、福岡県出身。01年に『リリイ・シュシュのすべて』(岩井俊二監督)ヒロイン役で映画デビュー後、『花とアリス』(04/岩井俊二監督)、『ニライカナイからの手紙』(05/熊澤尚人監督)、『フラガール』(06/李相日監督)などで主演を務め、『フラガール』で第30回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、新人俳優賞をダブル受賞したほか、国内の映画賞を総なめにした。さらに17年に出演した『彼女がその名を知らない鳥たち』(白石和彌監督)では、第41日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞したほか、第42回報知映画賞主演女優賞、第30回日刊スポーツ映画大賞主演女優賞など数々の映画賞を受賞した。近年の主な映画出演作に、『家族はつらいよ』(16/山田洋次監督)、『オーバー・フェンス』(16/山下敦弘監督)、『アズミ・ハルコは行方不明』(16/松居大悟監督)、『東京喰種トーキョーグール』(17/萩原健太郎監督)、『斬、』(18/塚本晋也監督)、『長いお別れ』(19/中野量太監督)、『宮本から君へ』(19/真利子哲也監督)などがある。

タナダユキ

01年脚本・出演も兼ねた初監督作品『モル』で第23回PFFアワードグランプリ及びブリリアント賞を受賞。2004年劇映画『月とチェリー』が英国映画協会の「21世紀の称賛に値する日本映画10本」に選出された。2008年脚本・監督を務めた『百万円と苦虫女』で日本映画監督協会新人賞を受賞し、その後も映画『俺たちに明日はないッス』(08)、『ふがいない僕は空を見た』(12)、『四十九日のレシピ』(13)、『ロマンス』(15)、『お父さんと伊藤さん』(16)や、TVドラマ「蒼井優×4つの嘘 カムフラージュ」(08/WOWOW)、「週刊真木よう子」(08/テレビ東京)、「昭和元禄落語心中」(18/NHK総合)、配信ドラマ「東京女子図鑑」(16/Amazonプライム・ビデオ)、「夫のちんぽが入らない」(19/Netflix)など数々の話題作を世に放ってきた。またTVCM第一三共ヘルスケア「ミノン」洗浄シリーズの演出や、高橋一生が出演した資生堂ショートムービー“スノービューティー ホワイトニング フェースパウダー 2017”ショートムービー『Laundry Snow』の脚本・演出もつとめている。

INFORMATION

作品情報
『ロマンスドール』

2020年1月24日(金)から全国公開

監督・脚本:タナダユキ
原作:タナダユキ『ロマンスドール』(角川文庫刊)
音楽:世武裕子
主題歌:never young beach“やさしいままで”
出演:
高橋一生
蒼井優
浜野謙太
三浦透子
大倉孝二
ピエール瀧
渡辺えり
きたろう
配給:KADOKAWA

映画『ロマンスドール』公式サイト

蒼井優とタナダユキが語る結婚。自分が思う幸せを追求すればいい

SHARE!

蒼井優とタナダユキが語る結婚。自分が思う幸せを追求すればいい

She isの最新情報は
TwitterやFacebookをフォローして
チェック!

コメントする前に こちらの利用規約
必ずご確認ください

コメント

コメントはMembersのみ行うことができます
Membersについて詳しくはこちら
/ Membersの方のログインはこちら

  • ゆりちゃん
    心に響いたインタビュー記事でした。『ロマンスドール』はまだ鑑賞できていないですが、母性神話、女性の性への積極性、さまざまな見えないルールからわたしたちをゆるやかにそっと解放してくれる映画なのかなと思いました。ぜひ観たいです!!
    Feb 21.2020

    No.1

RECOMMENDED

LATEST

MORE

LIMITED ARTICLES

She isのMembersだけが読むことができる限定記事。ログイン後にお読みいただけます。

MEMBERSとは?

talkroom01

She isのMEMBERSが参加できるTALK ROOM。まずは自己紹介トピックからどうぞ