しんどいからこそ笑いを。竹田モモコが方言で光を当てる漠とした不安

しんどいからこそ笑いを。竹田モモコが方言で光を当てる漠とした不安

工場で務める同僚や地元の友達に喜んでもらえる作品を

SPONSORED:EPAD
インタビュー・テキスト:阿部洋子 撮影:牛久保賢二 編集:野村由芽
  • SHARE

チェーホフ知らんと楽しまれへんっていうような作品は、書かないと思う。地元の友だちと会社の人が喜ぶ作品を作りたい。

─作品を通して観客に届けたい、一貫した想いのようなものはありますか?

竹田:きっとないんやと思います。私が作品を作るのは、自分のためというのが一番で、地元の友だちと会社の人が喜ぶ話を作りたいという理由が二番目なんです。自分のコミュニティを喜ばせたいという意味では、一番と二番って結局イコールなんですよね。私が勤めている会社は、働く人の環境も様々で、例えばお子さんが3人いて本当に自分の時間がない人や、今Twitterで起こっていることを全く知らない主婦の人もいます。

私は自分が作るなら、「YOASOBIってなんや」っていう感じで今の流行りをまったく追えていない人でも楽しめる作品のほうが絶対いいと思っていて。その人たちのほうを向かなくなったら、それは私らしい作品ではないだろうと、なんとなく思っているんですね。だから、例えばチェーホフ知らんと楽しまれへんっていうような作品は、私は書かない気がします。私自身、勉強がそんなに好きなほうやないんで(笑)。

─先ほど、土佐清水市で過ごした期間と大阪で過ごした期間が同じくらいになったというお話がありました。地元を離れて都会に出ることで、地元のコミュニティと疎遠になる人も多いと思うのですが、竹田さんがそこを大切にする理由を伺えますか。

竹田:私がヤンキーだからじゃないかな(笑)。個人の実感ですけど、ヤンキーって地元のコミュニティを大事にするじゃないですか。私、自分のことを作家としてはめちゃくちゃダサいと思っているんですよ。それが根底にあるんでしょうね。大阪に出てきて、職場では関西弁で喋っていて、でも地元に帰ったら幡多弁で喋る。そのことで、何年も自分の人格がふたつに別れている感覚があったんです。だから本当は芝居をやっているなんて、地元の人にまったく知られたくなくて。「なにかっこつけてんねん」って思われるのが嫌だったんです。

でも、「ばぶれるりぐる」を立ち上げる時に、このふたつに別れている人格を融合させて、一個にしてみようと思ったんです。自分の名前も芸名ではなく、ほぼ本名にしました。大した理由はなくて、面白いかな、そうしたらどうなるんだろうと思っただけなのですが(笑)。まだ答えはでてないですが、そっちのほうがシンプルに生きられるんじゃないかな。ヤンキーの自分も、かっこつけたい自分も、文学派になりたい自分も一緒くたにやっちゃおうと思っています。

EPADはこれからの可能性。自分の作品を、別の方言で上演してほしい。

─竹田さんがEPADにご自身の作品をアーカイブしようと決めた理由を伺えますか?

竹田:まずは率直に、ユニットを続けるための資金が欲しかったこと。それから、現状私の作品は私のパソコンと、一緒にユニットをやってくれている制作担当のパソコンにしか残っていないので、それを確固たるものに残せるという安心感がありました。EPADの取り組みがどのような評価を受けるかはまだわからないですが、最初に知った時に「えらいもんができたな」と思いました。誰でもアクセスして閲覧できる、図書館みたいなものができた。可能性がすごいですよね。

「EPAD」オフィシャルサイトより

─Twitterで『二十一時、宝来館』を「どなたか、違う方言で上演してくれないかしら」とつぶやいていらっしゃいましたよね。戯曲がアーカイブされ、他の人たちも閲覧できるという点で、それもEPADに感じていらっしゃる可能性の一つなのでしょうか?

竹田:そうですね。もっとみんなが自分のところの方言を使ったらいいのにとずっと思っていて。言葉が分からなくても人体を通すと分かるというのが演劇の良いところだと思うので、100人に100%伝わらなくてもいいと思うんです。北海道や沖縄の人が、わざわざ標準語で上演しなくてもいいじゃないですか。

私は戯曲というより、どちらかというと脚本や台本寄りの考え方で作品を書いています。ちゃんとした土台や骨組みが建っていれば、あとは住む人が壁紙を変えたりお好きになさっていただいても家は家やなと思っています。なので、どんどん翻訳してもらっていいし、別の方言で上演してくれたらすごく嬉しいですね。

PROFILE

竹田モモコ

1981年生まれ、大阪府在住。高知県出身。2008年から大阪で役者としての活動を初める。2018年、自身の出身地、高知県土佐清水市の方言「幡多弁」を使用したお芝居を打つべく、一人ユニット『ばぶれるりぐる』を旗揚げ。同年7月、旗揚げ公演『ほたえる人ら』で初の長編戯曲を発表。2020年関西演劇祭ベスト脚本賞受賞。2020年劇作家協会新人戯曲賞受賞。普遍的な悩みや葛藤を扱いつつも印象はライト。思わず笑ってしまう劇作を得意とする。日々がんばる大人のための演劇を目指す。

INFORMATION

ウェブサイト情報
『緊急舞台芸術アーカイブ+デジタルシアター化支援事業(EPAD)』

文化庁より令和2年度戦略的芸術文化創造推進事業「文化芸術収益力強化事業」として採択された「緊急舞台芸術アーカイブ+デジタルシアター化支援事業」。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い困難に陥っている舞台芸術等を支援、収益強化に寄与することを目的に設置され、新旧の公演映像や舞台芸術資料などの収集、配信整備、権利処理のサポートを行います。

EPAD

イベント情報
関西演劇祭in Tokyo ばぶれるりぐる参加作品『二十一時、宝来館』

日程:2021年4月30日(金)~5月1日(土)全4ステージ
会場:シアターサンモール

イベント情報
ばぶれるりぐる第4回公演『いびしない愛』

日程:2021年9月30日(木)~10月3(日)
※公演情報は随時お知らせします。

演劇・幡多弁・竹田モモコ・土佐清水市・大阪 | ばぶれるりぐる

しんどいからこそ笑いを。竹田モモコが方言で光を当てる漠とした不安

SHARE!

しんどいからこそ笑いを。竹田モモコが方言で光を当てる漠とした不安

She isの最新情報は
TwitterやFacebookをフォローして
チェック!

RECOMMENDED

LATEST

MORE

LIMITED ARTICLES

She isのMembersだけが読むことができる限定記事。ログイン後にお読みいただけます。

MEMBERSとは?