ただ一度だけすれ違った魂たちへ/安達茉莉子

あなたに出会えたことで私は私に出会えた気がした

2019年1月 特集:ハロー、運命
テキスト・イラスト:安達茉莉子 編集:竹中万季
  • SHARE

クッキーを割ったら言葉が出てきた
こんな小さな紙切れに 何がわかるといって
割れた欠片を 飲み込んだ後も
その言葉は 飲みくだせないまま 残った

何かを探しているとき
目に映るすべての言葉は
誰かからのメッセージのように見える

それを読んでもいい
気に入ったなら あなたの足しにしてもいい

ただ ひとつだけ約束

言葉があなたの湖に投げ入れられたときに

どのように響き
どのように 水面が揺れたのか

決して 聴き漏らさないように

運命について考える余裕もないほどに
明け渡して 無防備なときに
運命はあなたを運ぼうとする

思い出しなさい
震える魂の音を
本当はそれだけでいいと 知っていることを

何も持たない者になりなさい
最後に残された光が あたりを照らすように

生み出しなさい
夜空を照らす 一等星を

 

報われなくていい
私の愛は
一途であればそれでいい

息をしなさい
心の中にあるすべての窓を 開け放すように

ちょっとチクっとします
でもすぐに終わります

新しく始まる日々に
あなたを放ちます

痛かったら右手を上げて
最初に止まった車に乗ってください

忘れなさい
すべて許された頃に また
夢で会えるように

届かない手紙を書きなさい
あなたがついに言えなかった言葉が
誰かの湖面に触れるのも

それもまた ひとつの運命

運命がもしあるのなら
終わることもまた決まっていたのだろう

ふりかえってみれば
あなたに出会えたことで
私は私に出会えた気がした

出会わなければ歩まなかった道を
私たちは歩いて
上りきるところで その道は分岐した

本当はずっと
同じ道を歩いていけたらよかったけれど

短い坂道のような あの道で摘んだ
草花 花火 焚き火 落ち葉 言葉

もう二度と取りに戻れない日々が
今の私を支えている

たった一度だけすれ違って
光を見せてくれた あなた

始まって 終わるまでが 私たちの歩む道だった

それでも
私は一度だって
あなたの魂から目を逸らさなかったのだ

PROFILE

安達茉莉子
安達茉莉子

2015年活動開始。言葉とイラストで「物語」を表現する。イラスト詩集『何か大切なものをなくしてそして立ち上がった頃の人へ』『猫と惑星に名前をつけようとしてくれた君へ』『日常の中に生まれてくるある瞬間について』『言葉をなくしたように生きる人達へ』を現在まで発行。漫画『ミッシング・ピース』をnoteで連載中。

INFORMATION

リリース情報
リリース情報
『私たちにはことばが必要だ フェミニストは黙らない』
著者:イ・ミンギョン

翻訳:すんみ、小山内園子
装画:安達茉莉子
2018年12月13日(木)発売
価格:1,836円(税込)
発行:タバブックス
私たちにはことばが必要だ フェミニストは黙らない | タバブックス
Amazon

ただ一度だけすれ違った魂たちへ/安達茉莉子

SHARE!

ただ一度だけすれ違った魂たちへ/安達茉莉子

She isの最新情報は
TwitterやFacebookをフォローして
チェック!

RECOMMENDED

LATEST

MORE

LIMITED ARTICLES

She isのMembersだけが読むことができる限定記事。ログイン後にお読みいただけます。

MEMBERSとは?

201902-kohakuto01

宝石を嚙み砕く、未体験の恍惚