SNS時代の写真家・小林真梨子が撮るminami

SNS時代の写真家・小林真梨子が撮るminami

写真家になりたいわけじゃない。それでも撮り続ける理由

SPONSORED:ASICSTIGER
インタビュー・テキスト:梶山ひろみ 撮影:小林真梨子 モデル:minami saito 編集:竹中万季
  • SHARE

すぐに消え去ってしまう一瞬一瞬を切り取っていく写真家は、過去・現在・未来の時間軸のなかで、被写体とどう向かい合っているんだろう? 撮影した写真はすぐに過去になってしまうけれど、それでもシャッターをおしたその一瞬は、見えない何かをとらえるような感覚があるのではないだろうか。まるで、未来をつかもうとするみたいに。

今回は、She isがこれからの時代をアップデートしていくと考える写真家たちに、同時代に生きながらきらりと光る感覚を持つ「未来からきた女性」を聞いて、撮影してもらうことにした。足元には、その時代のストリートで映えるスタイルにアップデートし続けているアシックスタイガーのシューズ「GEL-MOVIMENTUM」を履いてもらって。

一人目の写真家は、1993年生まれの写真家・小林真梨子。「その子の魅力を知ってもらいたい」ために写真を撮り続ける彼女のInstagramには、仲睦まじい関係でないと撮れない表情が並んでいる。まさにSNS時代の写真家と呼ぶのにふさわしい彼女が選んだ「未来からきた女性」は、Instagramを通じて知り合ったという大学でコンテンポラリーダンスを学ぶアクセサリーデザイナーのminami。そんな二人の、9月の九十九里浜、夜明け前から日が昇るまでの撮影記録。

PROFILE

小林真梨子
小林真梨子

1993年、東京生まれ。大学入学をきっかけに写真を始め、「楽しいこと」を追求しながら写真を撮っている。月刊誌『MLK』を制作ほか、アパレルブランド等の撮影も行う。

minami saito
minami saito

1995年、東京生まれ。学生、アクセサリーブランド「minami」デザイナー。

INFORMATION

ブランド情報
ブランド情報
ASICS Tiger GEL-MOVIMENTUM

1986年、オランダの陸上選手のために開発されたシューズ、LADY GELの復刻モデル。オリジナルの特徴である大きめのバックカウンターと、屈曲性を高めるための溝が入ったミッドソールのデザインにより、1980年代の雰囲気が醸し出されている。また、特徴的な形状のアイレットステイと反射素材を採用したアイレットパッチがポイント。

ASICS Tiger 公式ホームページ

お問い合わせ先/アシックスジャパン株式会社 お客様相談室 0120-068-806

■販売店
ASICS Tiger OSAKA SHINSAIBASHI / ASICS Tiger 代官山ポップアップストア(オニツカタイガー代官山内コーナースペース) / ASICSTIGER 原宿(アシックス原宿フラッグシップ内) / アシックスタイガーオンラインストア / ABC-MART / スーパースポーツゼビオ / シューマート / CORNERS / ムラサキスポーツ / ヴィクトリア / StePASBee / ワシントン靴店 /
※一部店舗限定で取り扱い中

リリース情報
リリース情報
小林真梨子 『ふれる、ゆれる。』

(H)257mm×(W)182mm / p.100
¥3,000(税込)

小林真梨子の初めての写真集。『THE TOKYO ART BOOK FAIR 2017』で先行販売を行ったほか、10月22日(日)にspace EDGEで開催される音楽×ブランドの展示/即売会イベント『OPEN PARTY 005』『シブカル祭。2017』でも販売予定。

SNS時代の写真家・小林真梨子が撮るminami

SHARE!

SNS時代の写真家・小林真梨子が撮るminami

She isの最新情報は
TwitterやFacebookをフォローして
チェック!