女性の体と心の悩みをファッションの力で変える「EMILY WEEK」

女性の体と心の悩みをファッションの力で変える
「EMILY WEEK」

生理も意識を変えれば楽しくなる。新ブランドの提案

SPONSORED:EMILY WEEK
テキスト:小沢あや 撮影:忠地七緒 編集:竹中万季
  • SHARE

女性特有の悩みを、ファッションの力で自分と向き合う楽しみに変えていく

生理やPMSなど女性特有の悩みは、女性が毎月向き合わなければいけない課題。なのに、何かと話しづらいトピックなので、情報交換できる機会はなかなかありません。心や体の不調があっても相談できず、我慢するのが当たり前になってしまっていませんか?

ジャーナルスタンダードなどを扱うベイクルーズで働く一人の女性が中心になって立ち上げた「EMILY WEEK(エミリーウィーク)」は、そんな女性特有の悩みをファッションの力で自分と向き合う楽しみに変えていく、女性のバイオリズムに寄り添ったライフスタイルをデザインする新ブランド。デリケートパッド(布ナプキン)のほか、リラックスできるアロマグッズやハーブティーなどを取り扱っています。写真をSNSにアップしたくなるほど素敵なプロダクトが並んでいて、洋服やコスメのように選ぶ楽しさがあるのが新鮮です。

EMILY WEEKのデリケートパッド

店内には、アロマやハーブティー、オリジナルウェアなども

「もっと気軽に女性特有の悩みについて話す場があれば」という思いから、EMILY WEEKとShe isのコラボレーションイベント『女性のバイオリズム相談室』が10月5日(木)に開催されました。EMILY WEEKを立ち上げた柿沼あき子さんのほか、女性の体に詳しい美容ジャーナリストの柏谷麻夕子さん、価値観をアップデートするさまざまなプロダクトに精通されているファッションコンサルタントの市川渚さんの三名でトークセッションを実施。モデレーターはShe is編集長の野村由芽がつとめました。

ファッションの力で憂鬱な期間も前向きになれることを伝えたかった

イベントは、9月15日(金)から11月18日(土)までオープンしている期間限定のコンセプトショップ「EMILY WEEK青山店」で開催。トークはEMILY WEEKが生まれたきっかけの話から始まりました。

野村:柿沼さんは、ベイクルーズに転職して2年目にEMILY WEEKを提案したんですよね。She isも、女性二人で自主提案した場所なので、共感するところが大きくて。

柿沼:はい。ファッションの力で憂鬱な期間も前向きになれることを伝えたくて、会社の「スタートアップキャンプ」という新規事業提案コンテストで提案しました。ベイクルーズの前はIT企業で働いていたんですが、夜遅くまで働いていたせいか、PMS(月経前症候群)が重くなってしまったんです。生理中は、仕事を頑張りたいけど頑張れない。そんな期間をどうやって乗り切ろうかと、いろんなアイテムを探して使うようになったところ、ほんの少し意識を変えるだけで、毎月楽しく過ごせることを実感したんです。

左から、柿沼あき子(EMILY WEEK)、市川渚、柏谷麻夕子

市川:EMILY WEEKのアイテムは、初めて見るようなデザインのものばかり。わたしも、「sisiFIILE」のオーガニックコットンのナプキンとEMILY WEEKオリジナルのデリケートパッドを購入したのですが、レースがあしらわれていたりして、とっても素敵で。まさか生理用品をInstagramにアップする日がくるなんて思いませんでしたね(笑)。

@emilyweek, innovative product brand designed for women's natural period cycle. I've never seen such a stylish sanitary goods ♡ . 話題の #EMILYWEEK でお買い物。オリジナルのレース×シルクのライナーと #SisiFille のオーガニックナプキンです。もうさ、インスタに上げたくなる生理用品とか、とんでもないイノベーションではないですか!わたくし、こんな形でファッションとデザインのチカラを見直すことになるとは思いませんでした。ショップには、女性ならわかるであろう、気持ちのアガるプロダクトが並んでいて、普段店員さんには口にしないような悩みを思わず打ち明けてしまうはず。女性のためのサンクチュアリのような(謎)場所です。 . そしてそして、来週10/5には、これまたステキなニューメディア @sheis_jp さんにお声がけいただいて、EMILY WEEKを立ち上げた柿沼さんとおしゃべりします🙌普段は話しづらい女性ならではの心や身体の悩みをシェアしようよ、みたいな内容です。 詳細は👇👇👇 ———— 生理週間を軸に女性のバイオリズムに寄り添うプロダクトを提案するニューブランドEMILY WEEKとShe isで「女性のバイオリズム相談室」を開催。普段はなかなか話せない体と心のお悩みを事前に募集。イベントには市川渚さん @nagiko も出演します。 イベントは10月5日(木)20:00〜、青山にオープンしたEMILY WEEKコンセプトショップで開催。イベントのお申込みや、お悩みのご応募についての詳細は @sheis_jp のプロフィールのURLからどうぞ!「お知らせ」ページにてご案内しております。当日はInstagramライブも予定しています。 ————

Nagisa Ichikawaさん(@nagiko)がシェアした投稿 –

市川渚さんはInstagramで買った商品を紹介

柿沼:生理用品って、ドラッグストアで買うと紙袋で厳重に隠されちゃいますよね。EMILY WEEKでは、それを絶対にしたくなかったんです。見えても恥ずかしくないアイテムにしたかったので、ファッション性やデザインにはこだわりました。

時代に合わせて進化していく生理用品。電気刺激で生理痛の痛みを軽くするアイテムも

生理用品にファッション性を加え、これまでのイメージを変えていくことにチャレンジするEMILY WEEK。これまで、生理用品はどのように変化してきたのでしょうか? 少し振り返ってみましょう。

明治大正時代の女性は、「月経帯」や「丁字帯」と呼ばれる布をサニタリーショーツのように使い、脱脂綿で経血を吸収させながら生理期間を過ごしていました。現在主に使われている紙ナプキンの礎となった「アンネナプキン」が日本に誕生したのは、1961年。衛生的で、手軽に使えるという革命的な商品は、女性の社会進出の後押しをしてくれました。

紙ナプキンのほか、タンポンや布ナプキン、さらに今ではシリコン製の「月経カップ」といった新しいプロダクトも登場したことで、現在は生理期間中のスタイルを自分で選べるようになってきています。

EMILY WEEKではオーガニックコットンを使用したデリケートパッド(布ナプキン)と紙ナプキンを販売し、自分の状況に応じて自由に選べるスタイルを提案

グラフィックデザイナーのイトウナツミさん監修による美しいパッケージは、今までの生理用品にはなかったスタイリッシュなデザイン

野村:生理用品も時代に合わせて進化しているんじゃないかと思います。海外でも、面白いアイテムがあったりするんでしょうか?

市川:わたしは、貪欲に新しいものを使っていくタイプ。昨年クラウドファンディングで購入していた「Livia」が、ようやくこの春届いて。お腹に装着するタイプのガジェットで、電気刺激で生理痛の痛みを軽くしてくれるんです。とても人気で、製造が追いついていないらしいです。

「Livia」を持参してくれた市川渚さん。白色の電極をお腹に装着し、ピンク色のスイッチを入れるだけのシンプルな仕様

柏谷:美容業界でも、デリケートゾーンのケア製品が増えていますね。海外に比べ、日本では性器まわりのケアってあんまり触れられてこなかった。でも、そこをなんとかしないと女性のQOL(生活の質)が上がらないことを、伝える人や気づく人が増えてきたんじゃないかなと思います。メインとなるのはウォッシュですね。皮膚科の先生に取材をすると「石鹸で大丈夫です」とおっしゃるんですが、デリケートゾーン専用のものを使うことで、自分自身をもっと大事にする意識が芽生えるんじゃないかなと思います。

PROFILE

市川渚
市川渚

ファッション・コンサルタント。ファッションデザインを学んだ後、海外ラグジュアリーブランドのPR、有名クリエイティブエージェンシーのコミュニケーションマネージャーを経て、2013年に独立。ファッション関連企業を主なクライアントにデジタルを軸としたファッション・コンサルタントとして、デジタルコミュニケーションのコンサルティング、WEBサイト/キャンペーンなどのクリエイティブ・ディレクション、プロデュース、制作などを手がける。他にも、ウェブメディア「DiFa」の立ち上げやクラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」顧問、京都精華大学非常勤講師、コラム執筆、セミナー講師、モデルなどとして、活躍は多岐にわたる。

柿沼あき子
柿沼あき子

1985年神奈川県生まれ。2009年に女子美術大学絵画学科を卒業後、同年にベンチャー企業へWEBディレクターとして就職。その後WEBプロモーション企業を経て、2015年(株)ベイクルーズへWEB販促プランナーとして入社。同社のスタートアップ制度にて、女性のバイオリズムに寄り添ったライフデザインを提案するショップ「EMILY WEEK」を社内提案し、事業化が決定。2017年9月にブランドリリースし、現在は同ブランドのコンセプター兼PR担当として活動。

柏谷麻夕子
柏谷麻夕子

編集プロダクション等を経て2005年からフリーランスの美容ライターに。美容誌や女性ファッション誌にてオーガニックビューティや内外美容の記事を執筆するほか、植物療法士、メノポーズ(更年期)カウンセラー等の資格をもち、女性のバイオリズムや女性ホルモン視点のインナーケアについて記事監修や寄稿も行う。アスリートのアロマコンディショニングも修得中。

INFORMATION

ブランド情報
ブランド情報
EMILY WEEK

日常を、心地よいリズムに。EMILY WEEKは生理週間を軸に、女性の4週間のバイオリズム:Reset-Active-Neutral-Balanceに寄り添った新たなライフデザインを提案します。日々を頑張るすべての女性へ、それぞれに合った心地よいリズムをサポートしたい。EMILY WEEKを通じて自分と向き合うことへの喜びに出会えるよう願って。

EMILY WEEK
Instagram
ONLINE SHOP

EMILY WEEK 青山店(〜2017/11/18まで)

住所:東京都港区南青山5-12-4
電話:03-5778-9132
営業時間:11:00~20:00

2017年12月1日〜12月10日まで恵比寿アトレ本館4Fにてポップアップショップを予定。
2017年12月26日~2018年1月10日まで渋谷ヒカリエ ShinQs 2Fにてポップアップショップを予定。

女性の体と心の悩みをファッションの力で変える「EMILY WEEK」

SHARE!

女性の体と心の悩みをファッションの力で変える
「EMILY WEEK」

She isの最新情報は
TwitterやFacebookをフォローして
チェック!