長田杏奈、小田切ヒロ、永原真夏が肯定 華やかさだけが美ではない

長田杏奈、小田切ヒロ、永原真夏が肯定 華やかさだけが美ではない

本当の美しさはパーソナリティや生き様に現れる

SPONSORED:S/PARK
テキスト:阿部洋子 撮影:Maho Korogi 編集:石澤萌
  • SHARE

「年齢を重ねて、キャリアを積んで、人生の味がプラスされた造形の中には必ず影というものがある」(小田切ヒロ)

最近は海外でも活躍され、世界的に注目されている小田切さん。毎日忙しくされている小田切さんが、余裕のある状態をキープするためのとっておきの方法とは?

長田:小田切さんはどうやって余裕のある状態を保っているの?

小田切:深呼吸と香りですね。仕事を詰め込んでいるときは、特にその時々のリセットが大事になってくるから、これがあればリセットできるというお守りアイテムを持っておくことがとても大切だと思う。僕の場合は精油で、塗るタイプのものを持ち歩いています。深呼吸で香りを吸い込むのに加えて、経皮吸収もさせてさらに癒しを得ています。

長田:香りは理性を超えて、脳まで直接届くと言われているから、そのスイッチの仕方はすごくいいね。しかも呼吸は自律神経を唯一自分でコントロールできるものだと言われていて、すごく理にかなっていると思う。

野村:先ほど内面を外見で表現するというお話もありましたが、生き方や余裕を外見で表現するためのヒントのようなものは何かありますか?

小田切:僕は「くすみ」だと思います。そもそも人間は光と影でできている造形物。広告や美容雑誌に載せられた影の一切ない真っ白な肌って、やっぱりアート作品なんですよね。実際に肉眼で見たときにそれが魅力的かと言われたら、僕は魅力的だとは思えない。年齢を重ねて、キャリアを積んで、人生の味がプラスされた造形の中には必ず影というものがありますから、その影、つまりくすみを消さずに生かすメイクが好きですね。

長田:最近くすみカラーが流行っていたり、くすみが注目されつつあるけれど、小田切さんは結構早い段階で「くすみを消さずに生かす」っていうことを言っていたよね。「くすみ=色気」というのが小田切説。

「大切なのは、自分を美しいものとして捉えているか、ということ」(小田切ヒロ)

「2019年はまさに『美容の年』だった」と小田切さん。多くのコスメブランドが日本に上陸したり、国内でも話題のアイテムが発売され、ビューティ界が盛り上がりました。

長田:2019年はさまざまな美のあり方にスポットが当たって、世界的にも美の価値観に変化があったように思うけれど、日本ではまだ同質性みたいなものが求められたりしちゃう。小田切さんはアジアをはじめ海外でも活躍されているけれど、日本との違いを感じたりした?

小田切:まず大きな違いは、海外に行くと、もう自分の個性を見つけている人が多いんですよ。それをよりよく見せるためにはどうしたらいいのかというところがフィーチャーされている印象を受けますね。日本人はまだ個性を探している人が多いと思うので、個性を見つけるための第一歩をもうちょっと強化させることが大事だと思う。

長田:どうすればいいのかな?

小田切:日本人って謙虚な人がとっても多いんですよ。「自分なんか」って一線を引いてしまう。でもそこでもっと前に出て、自分のよさを追求した方がいいと思う。「私を見て!」とまでは言わないけれど(笑)、例えば恋人や友達の前だけでもいいので、きちんと自分を見てもらえる機会を作って、自分のよさを自分で知るということが大切。それからもっと大切なのは、自分を美しいものとして捉えているか、ということ。

長田:それってなかなか難しかったりするよね。

小田切:でも、そういう自分への扱いってとても大切。それがメイクのディテールや、ファッション、人当たりにも出てくるんです。その意識を変えていくと、日本人のよさがアップデートするんじゃないかな。

野村:なかなか自分に自信が持てないという方も多いですよね。

小田切:個性と魅力がない方っていないんですよ。絶対に。若い頃は僕もそうだったけれど、他人と比べちゃうと必ず悲観的になりますよね。だから、他人なんかどうでもいいと思っていた方がいい。自分として生まれてきちゃったんだから、コンプレックスは個性として受け入れた方がずっといいですよ。もがいていいのは20代まで。30歳超えたら……いや25超えたら受け入れましょう。

長田:厳しくない?(笑)

小田切:25歳は立派な大人ですから。ある程度自分を受け入れて、じゃあその自分がどう素敵に見えるかというステージに上がった方がいいと思います。

PROFILE

小田切ヒロ

LA DONNA所属。
数多くの雑誌、広告、タレント、女優のヘアメイクの他、トークショー メイクショーへの出演等、幅広く活躍をしている。
ナチュラル~モード、ハイファッションまでを得意とし
ヘアメイクテクニックだけではなく美容知識も豊富
近著「すべてを手に入れた女には3つの顔がある」(小学館)好評発売中

長田杏奈
長田杏奈

ライター。美容をメインに、インタビューや海外セレブなどの記事を手がける。趣味は花鳥風月。モットーは「美容は自尊心の筋トレ」。

永原真夏
永原真夏

2015年7月よりソロ活動を始動。
ライブは「永原真夏+SUPER GOOD BAND」名義で活動中。
2018年3月に1st Full Album『GREAT HUNGRY』をリリース。
2019年5月にミニアルバム『BEΔUTIFUL』を発売。
SEBASTIAN Xのボーカルとしても活動している。
好きなことは食べることと寝ること。好きな食べ物はスイカとセロリ。
天真爛漫なキャラクターとパワフルな歌声で、今日も地球のどこかで元気に活動中。

INFORMATION

イベント情報
イベント情報
『She is BEAUTY DAY』

2019年11月30日(土)
会場:資生堂グローバルイノベーションセンター(S/PARK)
〒220-0011 神奈川県横浜市西区高島一丁目2番11号

料金:500円(1ドリンクチケット付き)
S/PARK | 資生堂

書籍情報
『エトセトラ VOL.3』

2020年5月中旬発売予定
責任編集:長田杏奈
発行:エトセトラブックス

書籍情報
『あなたは美しい。その証拠を今からぼくたちが見せよう。』

2020年6月発売予定
著者:長田杏奈
発行:大和書房

長田杏奈、小田切ヒロ、永原真夏が肯定 華やかさだけが美ではない

SHARE!

長田杏奈、小田切ヒロ、永原真夏が肯定 華やかさだけが美ではない

She isの最新情報は
TwitterやFacebookをフォローして
チェック!

コメントする前に こちらの利用規約
必ずご確認ください

コメント

コメントはMembersのみ行うことができます
Membersについて詳しくはこちら
/ Membersの方のログインはこちら

RECOMMENDED

LATEST

MORE

LIMITED ARTICLES

She isのMembersだけが読むことができる限定記事。ログイン後にお読みいただけます。

MEMBERSとは?

202009-myself-gift03

生理痛が起こりにくいからだをつくるための漢方