様々な土地、時代を生きる女性たちの物語。かとうさおりが教える5冊

様々な土地、時代を生きる女性たちの物語。かとうさおりが教える5冊

きっとずっと続くことを疑いもしなかった平坦な日々を思う

2020年3・4月 特集:どこで生きる?
テキスト:かとうさおり イラスト:村本萌 編集:竹中万季
  • SHARE

今もこの先も、きっとずっと続くことを疑いもしなかった平坦な日々が、いかに脆く愛おしいものであったか。

『チェルノブイリの祈り 未来の物語』(著:スベトラーナ・アレクシエービッチ、訳:松本妙子、発行:岩波書店)(Amazonで見る

この作品は1986年に起こったチェルノブイリ原発事故に遭遇した、ごく普通の人々の物語を著者ならではの視点・方法で聞き取りし、まとめ上げたドキュメントだ。

これを読もうと決めたあなたは、この悲惨な事故について今までに学び、見聞きしたこと、灰色がかった凄惨なイメージが既に頭の中にあるかもしれない。それは確かにその通りだ。しかし、この本に書かれていること、それは、シンプルに愛の物語だ。

人々が生まれた場所で、ただ毎日を生きていたこと。どんな風に愛して、どんな風に暮らしたか。透明で目に見えない大きな力、原子力について、ただ人々は無知であったこと。

今もこの先も、きっとずっと続くことを疑いもしなかった平坦な日々が、いかに脆く愛おしいものであったか。読み進めているうちに、わたしたちが今それぞれに生きている世界や大切な人への想いで心が満ちていく。きっと、思い浮かべるのは、いつものあの場所やあの顔。今、わたしたちが生きている、ずっと守りたい場所。

PROFILE

かとうさおり
かとうさおり

色彩、記憶、物語をテーマに2014年にNINE STORIESとしてものづくりの活動を衝動的にスタートする。
活動名の由来は、たくさんの物語を作っていきたいという思いを込めて。
百貨店催事や個展を中心に大阪にて活動中。
自主企画として映画上映やトークイベントの企画に携わるほか、
映画館、配給とのコラボレーション企画も行っている。
読書好きが高じて、読書の楽しみを広める活動として古本市への出展、企画にも携わる。

村本萌

illustrator, textile designer

INFORMATION

イベント情報

5月以降のポップアップショップ・催事に向けて目下、新作を制作中。

様々な土地、時代を生きる女性たちの物語。かとうさおりが教える5冊

SHARE!

様々な土地、時代を生きる女性たちの物語。かとうさおりが教える5冊

She isの最新情報は
TwitterやFacebookをフォローして
チェック!

RECOMMENDED

LATEST

MORE

LIMITED ARTICLES

She isのMembersだけが読むことができる限定記事。ログイン後にお読みいただけます。

MEMBERSとは?