様々な土地、時代を生きる女性たちの物語。かとうさおりが教える5冊

様々な土地、時代を生きる女性たちの物語。かとうさおりが教える5冊

きっとずっと続くことを疑いもしなかった平坦な日々を思う

2020年3・4月 特集:どこで生きる?
テキスト:かとうさおり イラスト:村本萌 編集:竹中万季
  • SHARE

一切が動き出さないような、気の遠くなるような、永遠とも思われるような時間にも、きっと意味があると信じて。

『なにもない』(著:カルメン・ラフォレット、訳:木村裕美、発行:河出書房新社)(Amazonで見る

「生を享受するために生まれる人がいる、働くために生まれる人がいる、
人生を見つめるために生まれる人もいる。私には傍観者という、ちっぽけで、けちな役割があった」

内戦直後のバルセロナ。18歳のアンドレアは祖母宅に身を寄せる。
薄汚れたアリバウ通りの住居には、それぞれに事情を抱えた人々が同居していた。人生に疲弊した家族たち。その悲しみや暴力や貧しさの連鎖、死や愛をアンドレアはただひたすらに傍観者として観察する。まるで小説や映画を眺めるように。初めての親友との友情を育み、大学に通いながらも、まだ彼女は自分の人生の主人公ではない。物語最大の事件の後、1年という短いアリバウ通りでの生活を終え、人生の様々を目撃したアンドレアは新しい世界に踏み出す。

彼女が自分の居場所にまるで無関心であり得たのは、自分の悲しみや、人生において手に入れたいと切望するものに、初めから折り合いをつけるため。それらは取るに足らないものなのだと。

タイトルにも使われている「なにもない」という言葉は、自分の人生に踏み出す前の助走の季節。一見なにもないように思える、ありふれた日々の連続の中にこそ、人生の喜怒哀楽や真理、そのほか全てが詰まっている。そのことに気づけた時、自分の人生を生き始めることが出来るだろう。

一切が動き出さないような、気の遠くなるような、永遠とも思われるような時間にも、きっと意味があると信じて。

PROFILE

かとうさおり
かとうさおり

色彩、記憶、物語をテーマに2014年にNINE STORIESとしてものづくりの活動を衝動的にスタートする。
活動名の由来は、たくさんの物語を作っていきたいという思いを込めて。
百貨店催事や個展を中心に大阪にて活動中。
自主企画として映画上映やトークイベントの企画に携わるほか、
映画館、配給とのコラボレーション企画も行っている。
読書好きが高じて、読書の楽しみを広める活動として古本市への出展、企画にも携わる。

村本萌

illustrator, textile designer

INFORMATION

イベント情報

5月以降のポップアップショップ・催事に向けて目下、新作を制作中。

様々な土地、時代を生きる女性たちの物語。かとうさおりが教える5冊

SHARE!

様々な土地、時代を生きる女性たちの物語。かとうさおりが教える5冊

She isの最新情報は
TwitterやFacebookをフォローして
チェック!

RECOMMENDED

LATEST

MORE

LIMITED ARTICLES

She isのMembersだけが読むことができる限定記事。ログイン後にお読みいただけます。

MEMBERSとは?