林央子とエレン・フライスのParallel Diaries(2020年6月)

友人との口論と満月の関係、緑色のカエルの夢

連載:林央子とエレン・フライスのParallel Diaries
テキスト・撮影:林央子、エレン・フライス 翻訳:林央子 編集:竹中万季
  • SHARE

2020年6月5日(金)

ナカコ   6月5日(金) 7:30

今朝は、東京都写真美術館の学芸員、伊藤貴弘さんからの連絡で目が覚めた。展覧会の来場者数が、好調だとの連絡。私が監修したこの展覧会の当初の目的は、若い世代を中心に、より多くの人に美術館に来てもらうことだった。結果は予想通り、あるいは予想以上のものになったようで、とても嬉しい。

あたらしい批評の形について、最近よく考える。その分野の成長を期待しての、愛にもとづいた批評。言葉での批評は、その効果に限界があるかもしれない。けれども展覧会を通すことで、未来への種となれたら。かつて、水戸芸術館の『拡張するファッション』展で、ジャングルジム市場での体験を写真に撮って送ってくれた若者がPUGMENTを結成し、6年ぶりに私がつくった展覧会『写真とファッション』に参加してくれた。2014年の種が芽生えて、今めきめきと成長しているのを感じる。本展の種は今後、どのように育っていくのだろうか。

エレン  6月5日(金)22:00

今夜、私は世界の災害の多さに圧倒されている。ロシア北部では、約21,000トンのディーゼル燃料が川や土に流れ込んだという生態学的な災害が起きた。アンバルナヤ川のことは聞いたことがなかったけれど、ディーゼル燃料で赤く染まり、血の川であることがわかった。川はその後、湖へと流れていく……。

確かに私が生まれて(1968年)以来、最も問題の多い時代である。ほとんどの国ですべての活動を停止させ、私たちの生活の多くの側面を変えてしまったウイルス。アメリカでの暴動(うまくいけばアメリカの黒人にとって前向きな変化をもたらすことになるので、これは良いニュースかもしれないが)、そして今回の新たなエコロジカルな災害。けれども、これらすべてよりもずっと心配なのは、世界のほとんどの政府が、私たちの生き方を疑問視するように起こっているこれらのことには何も反応しようとせず、私たちの自由を減らし、何事もなかったかのようにし続けようとしている、そのことのほうかもしれない。

PROFILE

林央子
林央子

編集者。1966年生まれ。同時代を生きるアーティストとの対話から紡ぎ出す個人雑誌『here and there』を企画・編集・執筆する。2002年に同誌を創刊し、現在までに14冊制作。資生堂『花椿』編集部に所属(1988~2001)の後フリーランスに。自身の琴線にふれたアーティストの活動を、新聞、雑誌、webマガジンなど各種媒体への執筆により継続的にレポートする。2014年の「拡張するファッション」展に続き、東京都写真美術館で行われた「写真とファッション 1990年代からの関係性を探る」展(~7/19)の監修を勤めた。同展にはエレン・フライスも招聘。現在『She is』『まほら』ほかにて連載執筆中。
Parallel Diaries

エレン・フライス

1968年、フランス生まれ。1992年から2000年代初頭にかけて、インディペンデントな編集方針によるファッション・カルチャー誌『Purple』を刊行。その後も個人的な視点にもとづくジャーナリズム誌『HÉLÈNE』『The Purple Journal』を手掛ける。また、1994年の「L’Hiver de L’Amour」をはじめ世界各国の美術館で展覧会を企画。現在はフランス南西部の町サン・タントナン・ノーブル・ヴァルで娘と暮らしながら、写真家としても活躍している。編著に『Les Chroniques Purple』(VACANT、2014年)、著書に『エレンの日記』(林央子訳 アダチプレス 2020年)。東京都写真美術館の「写真とファッション」展では新作スライドショー《Ici-Bas》を発表。

INFORMATION

連載:林央子とエレン・フライスのParallel Diaries
連載:林央子とエレン・フライスのParallel Diaries
『Purple』『here and there』の編集者が
離れた場所で綴り合う並行日記

vol.1 林央子とエレン・フライスのParallel Diaries(2020年5月)
vol.2 林央子とエレン・フライスのParallel Diaries(2020年6月)

林央子とエレン・フライスのParallel Diaries(2020年6月)

SHARE!

林央子とエレン・フライスのParallel Diaries(2020年6月)

She isの最新情報は
TwitterやFacebookをフォローして
チェック!

RECOMMENDED

LATEST

MORE

LIMITED ARTICLES

She isのMembersだけが読むことができる限定記事。ログイン後にお読みいただけます。

MEMBERSとは?