林央子とエレン・フライスのParallel Diaries(2020年7月)

自主隔離最後の日、重要な女性の連帯、カウンセラーに会う

連載:林央子とエレン・フライスのParallel Diaries
テキスト・撮影:林央子、エレン・フライス 翻訳:林央子 編集:竹中万季
  • SHARE

2020年7月17日(金)

ナカコ 7月17日(金) 21:00

明日、自主隔離期間が開ける。ロンドンから飛行機で着いてから14日間は、家の外に出られなかった。この間、息子と私はPCR検査を2度うけ、どちらも陰性だった。フライトの前も、とても疲れてしまって体調が優れず、2週間ほどロンドンの家の外にほとんど出ずにいた。

東京の家に帰ってきてから、自分の仕事部屋を猛烈に片付けた。夏はここで過ごす予定だったので、事前に通販でバタフライ・ピーの種を買っていた。自室の前のバルコニーで、夏の間に育ててみようと思っていたのだ。種を買った店が、おまけにパクチーの種をつけてくれていた。去年育てた朝顔の鉢についていた種を取り出し、それも撒いて、3種類の植物を育て始めた。

今のところ、バタフライ・ピーの種はひとつだけが芽を出して、パクチーも数個、芽吹いている。朝顔は4つ、芽を出した。例年、この時期の東京は猛暑だから、7月に種を撒いても育たないかもしれない。けれども今年は降水量がとても多く(今週はしかもずっと激しい雨だった)、予想よりずいぶん涼しい。植物には良い気候だったかもしれない。

エレン 7月17日(金) 17:30

なんとおかしな週だったことか! 私は今月の9日に、父が私にくれた車でパリを発った(彼はコロナにかかり、今は以前より弱っていて、もう86才なので、車が不要になったのだ)。レティシアとエミルは、私たちと一緒に、この車に乗ってやってきた。村に着いた翌日、ガレージセールに参加して、もう不要になった物を売った。これは楽しかった。パリからもう一人の友人のアン=クロードが立ち寄った。彼女は『Purple』で私のアシスタントをしていたことがある。南仏に向かう途中で、数時間だけ私のところに寄ったのだ。もう一人、別の友達からもテキスト・メッセージが届いた。夫と別れ、家を出てきた彼女は、6才の娘と二人、身を寄せる場所を探していた。「もちろん、どうぞ!」と私は言った。女性の連帯は、私にとってとても重要なことだ。その時以来二晩、三人の母親と三人の子どもが、私の家にいる。ありがたいことに私は、大きい家に住んでいる。

月曜日、私たちは昼間、川にでかけていって、夜に戻ってきたときには、私の猫の一匹のミツが、調子を崩していた。救急の動物病院に向かった。火曜日には、パリから訪れた二人の友人、『Purple Journal』に寄稿してくれていたイタリア人の詩人と哲学者、そして写真家の友人が、昼食に立ち寄った。展覧会に参加するために、私の地域を訪れていたのだ。最近は何年も彼らに会っていなかったので、嬉しい驚きだった。昨日の朝は、もう一匹の猫のカシスが、また問題を抱えて、再び獣医に向かって、帰ってきた。これが、昨日書いたピクニックに出かける前に起こったことだ。

PROFILE

林央子
林央子

編集者。1966年生まれ。同時代を生きるアーティストとの対話から紡ぎ出す個人雑誌『here and there』を企画・編集・執筆する。2002年に同誌を創刊し、現在までに今号を含み14冊制作。資生堂『花椿』編集部に所属(1988~2001)の後フリーランスに。自身の琴線にふれたアーティストの活動を、新聞、雑誌、webマガジンなど各種媒体への執筆により継続的にレポートする。2014年の「拡張するファッション」展に続き、東京都写真美術館で行われた「写真とファッション 1990年代からの関係性を探る」展(~7/19)の監修を勤めた。同展にはエレン・フライスも招聘。現在『She is』『まほら』ほかにて連載執筆中。
Parallel Diaries

エレン・フライス

1968年、フランス生まれ。1992年から2000年代初頭にかけて、インディペンデントな編集方針によるファッション・カルチャー誌『Purple』を刊行。その後も個人的な視点にもとづくジャーナリズム誌『HÉLÈNE』『The Purple Journal』を手掛ける。また、1994年の「L’Hiver de L’Amour」をはじめ世界各国の美術館で展覧会を企画。現在はフランス南西部の町サン・タントナン・ノーブル・ヴァルで娘と暮らしながら、写真家としても活躍している。編著に『Les Chroniques Purple』(VACANT、2014年)、著書に『エレンの日記』(林央子訳 アダチプレス 2020年)。東京都写真美術館の「写真とファッション」展では新作スライドショー《Ici-Bas》を発表。

INFORMATION

連載:林央子とエレン・フライスのParallel Diaries
連載:林央子とエレン・フライスのParallel Diaries
『Purple』『here and there』の編集者が
離れた場所で綴り合う並行日記

vol.1 林央子とエレン・フライスのParallel Diaries(2020年5月)
vol.2 林央子とエレン・フライスのParallel Diaries(2020年6月)
vol.3 林央子とエレン・フライスのParallel Diaries(7月)

林央子とエレン・フライスのParallel Diaries(2020年7月)

SHARE!

林央子とエレン・フライスのParallel Diaries(2020年7月)

She isの最新情報は
TwitterやFacebookをフォローして
チェック!

コメントする前に こちらの利用規約
必ずご確認ください

コメント

コメントはMembersのみ行うことができます
Membersについて詳しくはこちら
/ Membersの方のログインはこちら

RECOMMENDED

LATEST

MORE

LIMITED ARTICLES

She isのMembersだけが読むことができる限定記事。ログイン後にお読みいただけます。

MEMBERSとは?

202009-myself-gift05

4つのステップに分けられた瞑想体験を特別価格で