手の中の約束/南沙良×ごめん

「頭の中の女の子」がテーマのショートショートを先行配信

連載:「頭の中の女の子たち」南沙良×ごめん
テキスト:南沙良 装画:ごめん 編集:上田智子、竹中万季
  • SHARE

電子書籍文芸誌『yom yom』で毎号エッセイ「届かない手紙を書きたい」を執筆する、女優でモデルの南沙良。『yom yom』2020年10月号で掲載予定の、イラストレーターで漫画家のごめんとコラボレーションした「頭の中の女の子」がテーマのショートショート全4話をShe isで順次先行公開。

金曜日の夜。本来なら1ヶ月前から楽しみにしていた金曜ロードショーをポップコーン片手に楽しんでいるはずなのに、私は今何故か大学の帰り道にある喫茶店の隅でコーヒーを飲んでいる。
窓ガラスは大粒の雨と風が強く叩きつけてガタガタ震えていて、すぐ止むだろうと思って喫茶店に逃げ込んだことを後悔する。
窓ガラス越しに見える電話ボックスの中には女の子がいる。雨宿りでもしているんだろうか。
コーヒーを飲もうと手を伸ばすと、そこに映り込んだあまりに情けない顔をした自分に、思わず笑ってしまった。
ショートボブの見慣れた髪型の中にある、揺れる水面と併せて伸縮する居心地の悪そうな顔。

「ひどい顔……」

嬉しい時に少し悲しい気持ちになる。それはきっと、終わりが霞んで見えてしまうからだ。始まった瞬間から、常に終わりを考えてしまう。私のこの癖はいつからなんだろう。遊園地に向かう時も、桜を眺めている時も。そして、あの人に頭を撫でられる時も。

もっと無鉄砲に、自分のことも未来のことも忘れて、ただ誰かを好きになれたら良かった。どうすることも出来ないと分かっているのに、思い出と荷物だけが増えてしまい、いまではそれが鎖となって私に巻きついている。

あの人も同じだろうか。

鼻のてっぺんと目頭がツンと引っ張られる。
いつもすぐ泣いてしまう私に、「困ったな」そう言ってあの人は私の髪をそっとはらう。
長く伸ばされた前髪の隙間から覗く優しい瞳と細い指に、私はいつだって救いを求めた。

片方の頬だけ引き上げて笑い、好きだと拗ねる。あの人の一番かわいいところも全部私だけが知っていたはずなのに、あの頃の私は気付かないふりをして何かを探し続けた。ただ、今思えば、寝転んだソファの上に、パジャマのまま出かけた真夜中の散歩に、彼の重たくて分厚い前髪に、私の求めていた答えがあったのかもしれない。

イヤホンからは騒がしい雨音と心臓の音だけが鮮明に聞こえてきて心地が良いけれど、生憎今の気分ではない。携帯のロックを解除して、お気に入りのプレイリストを再生し目を瞑る。
目を閉じていたら時間なんてほんの一瞬だ。

私たちが曖昧な形のない引力によってつながっていたことだけは確かで、世界中の誰も、私たちがふたりで過ごしたことに理由をつけることなんて出来ない。
そして結局私の手元には、伝えることの出来なかったたくさんの想いと、最後まで果たすことの出来なかった約束だけが残ってしまった。
時々こうしてあの人のことを考えてしまうのは、忘れることと、再び思い出すことの繰り返しのやり取りが、2人で過ごした時間を保っているからだと思う。

「忘れてなんかやるもんか」

もう答え合わせも出来なくなってしまったけれど。私は今日も、明けない夜の悲しみに、切なさに浸っていたいと願うのだ。

※「yom yom」2020年10月号(9月18日[金]配信開始/希望小売価格 700 円[税別])は、各電子書店でお求めいただけます。

PROFILE

南沙良
南沙良

女優、モデル。2002年6月11日生まれ。映画『幼な子われらに生まれ』(2017年8月公開)で女優デビュー。初主演映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』(2018年7月公開)で、報知映画賞、ブルーリボン賞他、数々の映画賞を受賞し、その演技力が高く評価される。本年度は、アーティスト・sumikaの新曲「エンドロール」のショートフィルムで主演を務め、その後も、ドラマ『ピンぼけの家族』(BSプレミアム)でヒロイン、映画『もみの家』で主演、ドラマ『これっきりサマー』(NHK大阪)で主演を務めるなど活躍する。11月下旬放送の特集ドラマ『うつ病九段』(BSプレミアム)、来年3月5日公開の映画『太陽は動かない』への出演を控える。江崎グリコ「ポッキー」イメージキャラクター。
©岩澤高雄(The VOICE MANAGEMENT)

ごめん
ごめん

イラストレーター、漫画家。「生活とさびしさ」をテーマに、イラストや漫画を描いている。2019年8月、初の書籍「たとえばいつかそれが愛じゃなくなったとして」を発売。

INFORMATION

連載:「頭の中の女の子たち」南沙良×ごめん
連載:「頭の中の女の子たち」南沙良×ごめん
南沙良とごめんによるショートショート。
頭の中に存在する女の子が浮かび上がる

第一回:この過ぎゆく一瞬を
第二回:手の中の約束

書籍情報
書籍情報
『yom yom』

小説、コミック、エッセイ、ノンフィクションなど、あらゆるジャンルの注目作品をお届けするクロスオーバー文芸誌。毎奇数月第3金曜に電子書籍で配信しています。変化する時代の姿を捉えながら、そこに生きる私たちの「リアル」を追いかけたい――そうした願いを込めながら、最新カルチャーや国内外の社会情勢、思想・哲学の関連記事も充実させています。

2020年9月18日配信開始
価格:770円(税込)
発行:新潮社

yom yom | 新潮社
yomyom (@yomyomclub) / Twitter

手の中の約束/南沙良×ごめん

SHARE!

手の中の約束/南沙良×ごめん

She isの最新情報は
TwitterやFacebookをフォローして
チェック!

コメントする前に こちらの利用規約
必ずご確認ください

コメント

コメントはMembersのみ行うことができます
Membersについて詳しくはこちら
/ Membersの方のログインはこちら

RECOMMENDED

LATEST

MORE

LIMITED ARTICLES

She isのMembersだけが読むことができる限定記事。ログイン後にお読みいただけます。

MEMBERSとは?

202009-myself-gift06

世界中に散らばった掘り出し物を集めるSOCO selectでお買い物を楽しんで