今の政治に絶望しても変わらない。
わたしたちの目線で「女性と政治」を考える

モヤモヤが集まると、一人の問題ではなく社会の問題になる

連載:わたしたちのコトバで、政治を語る。
テキスト:能條桃子 編集:竹中万季
  • SHARE

Instagramを中心にU30世代に向けて政治や社会の情報を発信するNO YOUTH NO JAPANの連載。さまざまな女性たちに政治へのかかわり方を伺うインタビューや、代表の能條桃子さんが政治を語るためのきっかけを綴るコラムをお届け。政治を語るコトバを持つということは、それぞれが自分の想いに気づくということ。政治を語るわたしたちのコトバは、わたしたち一人ひとりが生きたい社会に繋がっていくはず。

どうしていま、わたしたちには「政治を語るコトバ」が必要だと思うのか?

初めまして、こんにちは。
NO YOUTH NO JAPAN代表の能條桃子と申します。
若い世代の政治参加をもっと当たり前でワクワクするものにしたいとNO YOUTH NO JAPANを立ち上げました。Instagramを中心に、U30世代のための政治・社会の教科書メディアを運営しています。

NO YOUTH NO JAPANのInstagram。10月のテーマは「食」。

NO YOUTH NO JAPANは大学生を中心に60名ほどのメンバーで活動しています。男性が多い「政治」という分野に関する活動をする団体としては珍しく、メンバーの9割が女性で、運営しているSNSメディアも約5万人のフォロワーのうち10代から30代の女性が8割以上を占めています。

昔は男性しか参加できなかった政治、今も男性中心に進む政治。
この連載では、20代のわたしたちの目線で、改めて「女性と政治」について考えていきます。
今回はNO YOUTH NO JAPANの連載タイトル「わたしたちのコトバで、政治を語る」に込められた想いや、どうして今、わたしたちには「政治を語るコトバ」が必要だと思うのか? という話をしたいと思います。

女性としてこの社会を生きていると、たくさんの「モヤモヤ」に出会う

突然ですが、皆さんは、今の社会にモヤモヤすることはありますか?
もっとこういう社会だったらいいのに、と思うことはありますか?

22歳の私は、たくさんのモヤモヤを抱えて生きています。
「どうして女子学生だけが子育てをしながら続けられるキャリアを考えて就職活動をしないといけないの?」
「政治の世界に女性が少ないのはどうして? いつ日本で女性首相は生まれるのだろう?」
「生理用品が軽減税率の対象外で、消費税10%なのはおかしくない?」
「少子化の理由を女性のわがままだというのはやめてほしい」

生活の中で、男性だったらこんな思いしなくて済むのかなと感じることもあります。
この社会に対してモヤモヤせずに生きられたら、どんなに幸せだろうと思うけれど、やっぱりそれは難しい。わたしたちはこのまま我慢して過ごすしかないのでしょうか。「女性である」ただそれだけで感じなければいけないたくさんのモヤモヤって、わたしたちのせいなんでしょうか。きっとそうではないと、なんとなく分かっているはずです。今あるモヤモヤを生み出す現状をなくせるように、次の世代にはそんなモヤモヤを引き継がないで済むように、今から動いていくしかない。そんな風に思っています。

この投稿をInstagramで見る

ジェンダーギャップ指数153ヶ国中121位の日本。この数字は何を表しているの? ジェンダーギャップ指数は、経済・教育・健康・政治の4種類の指標を基に男女平等の度合いを算定し、ランキング付けされています。 その中で注目してほしいのは、日本は政治分野で144位、経済分野で115位という現実。 私たちの社会のルールを決める場所に女性が少ない。 ー「国会議員の男女比」135位、「女性閣僚の比率」139位、「過去50年の女性首相の在任期間」73位 働く場所のトップ層に、女性が少ない。 ー「管理職ポジションに就いている男女の人数の差」131位 社会の仕組みや制度に影響力を持ち、リーダーシップを発揮できる分野で、男女差が大きいことがわかります。 この根本的要因は「今でも根強い『男は仕事、女は家庭』という性別役割意識」です。 いろいろな立場の人が生活したり、働いたりする環境を決める場所に女性が少ないことは、その社会やコミュニティの方向性や決定に、いろいろな人の意見が反映されにくいということです。みんなにとっていい社会や環境になるために、社会全体の意識、環境、制度を変えていく。 世界は、ジェンダー平等は社会にとって利益になると動き出しています。 一方、日本は去年の110位から121位に。 悪くなっているんじゃなくて、変わっていないんです。なら、私たちの生きたい社会を作るために、「ジェンダー平等」という観点から知っておいた方がいいこと、考えなきゃいけないことはなんでしょう? 次の投稿をお楽しみに。 #ジェンダー平等の現在地 #EachForEqual #internationalwomensday #IWD #sisterhood #women #国際女性デー #国際女性デー2020 #ミモザ #フェミニズム #noyouth_nojapan #わたしたちの生きたい社会をつくろう #womansday #ジェンダー #ジェンダー平等 #男女平等 #平等 #女性 #政治 #政治家 #経済 #女性活躍 #キャリア #キャリアウーマン #勉強垢 #勉強垢さんと繋がりたい #大学生 #高校生

NO YOUTH NO JAPAN(@noyouth_nojapan)がシェアした投稿 -

モヤモヤが集まると、これが一人ひとりの問題ではなく、わたしたちの社会の問題になる

私が中学生の時、家庭科と技術科の授業は当たり前のように男女共修でした。もし、女子だから家庭科・男子だから技術科だけを受けるカリキュラムだったら、モヤモヤしたと思います。でも、この当たり前に思っている技術・家庭科の共修は約30年前(1989年)からで、それまでは男女別授業だった時代がありました。
「家庭科は女子・技術科は男子という性別役割分業に基づくカリキュラムはおかしいのでは?」というモヤモヤを抱え、政治に声をあげて変化を起こしてきてくれた人がいるからこそ、今のわたしたちの当たり前があるのだと思います。

日々、たくさんの「モヤモヤ」に出会うけど、「モヤモヤ」を誰かに伝えてみたり、SNSでシェアしてみたりすると、意外とこう感じているのは一人じゃないということに気づいたりします。このモヤモヤが集まると、これが一人ひとりの問題ではなく、わたしたちの社会の問題になります。社会の問題は、政治でも解決できます。問題の解決を望む声を政治に届ければ、変わることがあるのではないか。このプロセスを続けていくことで、わたしたちのモヤモヤが一つずつ減って、少しでも生きやすい社会がつくれると信じます。

珍しいかもしれませんが、「若者は政治に無関心」と言われている中で、私は、政治が好きです。法律などのルールを整備し、税金の使い道を決めることができる政治は、社会の問題を解決するツールだと思うから。

「女性」であることで、自分らしく生きることを邪魔されたくない。
「自分らしく」生きるためにも、やっぱり政治は大事だなと思っています。

「ここにモヤモヤした」「わたしはもっとこういう社会に生きたい」
無理に話す必要はないと思うけど、肩肘張らないこんな会話が「政治」を話すきっかけになったらいいなと思います。政治は「野球」「宗教」と並んで語ることがタブーだとされることがあります。でも、身近に感じたモヤモヤをきっかけに政治を語る光景が増えてくれば、もっと穏やかな「政治」像をつくれるのだと思います。

人格否定を伴う攻撃的な会話ではなく、リスペクトしあう「意見」の交換。
知っていることが正義ではなく、想いがベースの会話。
政局のゲームではなく、わたしたちが求める政策の議論。
そんな姿が、社会に「モヤモヤ」を抱えるわたしたちが求めているものではないでしょうか。

男性中心の「だれかの政治」から「わたしたちの政治」に

2020年9月、新政権が誕生し、大臣が出揃ったとき、そこには女性が20人中2人しかいませんでした。私がこれから80年くらい生きることになるかもしれない日本の現状に、軽く絶望しました。
「これからこの社会で生きていく22歳の私を絶望させないでくれ」と願ったとしても、多分この現状は変わらないのでしょう。いまの社会をつくってきた人たちはその人たちの正義に従って十分頑張ってきたのだから。
だからこそ、わたしはこの現状を変える一部でありたいと強く思いました。

この投稿をInstagramで見る

なんでリーダーは男性が圧倒的に多いんだろう?   2018年には「政治分野における男女共同参画推進法」が施行されました。  各政党から出す候補者のできるだけ男女均等に! というルールです。  2019年参議院選挙では28.1%の候補が女性で過去最高。 候補者の男女比が報道されるようになってプレッシャーにはなるものの、比率が悪いからといって罰則は無し。政党によって取り組み度合いにばらつきがあります。  さらに上場企業の女性役員比率は、2019年7月に10.5%で初めて1割を越えたものの、働く人の男女比を反映しているとはまだまだ言えません。   「女性はリーダーに向いていない」なんてことはありません。男性も女性も人それぞれ。「女性」というフィルターをかけずに一個人としてリーダーの素質があるか考えよう。  「女性の意欲の問題」って話も疑問あり。女性が「リーダーになりたくない」のは、働く環境や企業文化にも原因があったりしませんか。   #ジェンダー平等の現在地 #EachForEqual #internationalwomensday #IWD #sisterhood #women #国際女性デー #国際女性デー2020 #フェミニズム #noyouth_nojapan #わたしたちの生きたい社会をつくろう #womansday #ジェンダー #ジェンダー平等 #男女平等 #仕事 #別姓 #政治 #社会 #社会問題 #キャリア #デザイン #勉強垢 #勉強垢さんと繋がりたい #大学生 #高校生 #暮らし  #選択的夫婦別姓 #苗字 #名前 *一部キャプションを編集しました。

NO YOUTH NO JAPAN(@noyouth_nojapan)がシェアした投稿 -

政治をわたしたちが語ることを始めなければ、この現状はきっとゆっくりとしか改善されない。わたしたち大学生の世代も、やがて働く人が増え、結婚する人が現れ、子どもを産み育てたいという人も出てくるでしょう。変化をただ待っているだけでは、モヤモヤを抱えながらそんな時期を通り過ぎてしまうことになる。そうさせないために、皆さんと一緒にわたしたちのコトバでわたしたちのための政治を語りたい。モヤモヤがある人こそ「だれかの政治」を「わたしたちの政治」に変えていける仲間になれると確信しています。だから、この連載を通じて出会えた皆さんが一人でも仲間になってくれたら嬉しいです。今後ともお付き合いをよろしくお願いします。

PROFILE

NO YOUTH NO JAPAN
NO YOUTH NO JAPAN

「参加型デモクラシーをカルチャーに」をビジョンに掲げ、U30世代が政治や社会について知ってスタンスを持って行動するための入り口づくりを行う。U30のための政治や社会の教科書メディアをInstagramなどで運営するほか、イベントや記事の執筆を行っている。

能條桃子
能條桃子

一般社団法人NO YOUTH NO JAPAN代表理事
1998年生まれ、慶應義塾大学経済学部4年生。若者の投票率が80%を超えるデンマーク留学をきっかけに、2019年7月政治の情報を分かりやすくまとめたInstagram NO YOUTH NO JAPANを立ち上げ、2週間でフォロワー1.5万人を集める。その後、選挙前に「投票に行こう」と選挙前にバズるだけでは投票率は上がらないと考え、NO YOUTH NO JAPANを団体に。現在、60名のメンバーとともに、ジェンダーと気候変動に関心を持ちながら、「参加型デモクラシー」のある社会をつくっていくために活動中。

INFORMATION

連載:わたしたちのコトバで、政治を語る。
連載:わたしたちのコトバで、政治を語る。
NO YOUTH NO JAPANと話す。わたしたちのことは、政治的なこと

vol.1 生きやすくいられるはずの生活を求めるために、わたしは政治を語る。(デザイナー・惣田紗希さん)
vol.2 今の政治に絶望しても変わらない。わたしたちの目線で「女性と政治」を考える
連載ページへ

今の政治に絶望しても変わらない。わたしたちの目線で「女性と政治」を考える

SHARE!

今の政治に絶望しても変わらない。
わたしたちの目線で「女性と政治」を考える

She isの最新情報は
TwitterやFacebookをフォローして
チェック!

コメントする前に こちらの利用規約
必ずご確認ください

コメント

コメントはMembersのみ行うことができます
Membersについて詳しくはこちら
/ Membersの方のログインはこちら

RECOMMENDED

LATEST

MORE

LIMITED ARTICLES

She isのMembersだけが読むことができる限定記事。ログイン後にお読みいただけます。

MEMBERSとは?

talkroom03

文通相手、募集してみませんか?