犬山紙子×大九明子 結婚しないと孤独になるという外圧からの脱出

犬山紙子×大九明子 結婚しないと孤独になるという外圧からの脱出

『美人が婚活してみたら』に見る愛ある人間関係の築き方

SPONSORED:『美人が婚活してみたら』
インタビュー・テキスト:松井友里 撮影:中里虎鉄 編集:野村由芽
  • SHARE

「美人」そして「婚活」。センセーショナルでキャッチーなこれらの言葉を冠した、同名のコミックスが原作の映画『美人が婚活してみたら』は、タイトルが持つポップな強度とは裏腹に、ある一人の「美人」な「独身」女性の「死にたい」という独白から幕を開け、婚活や既婚の友人との関係を通して自分自身の素直な欲望を見つける過程を描いた作品です。

本作の監督を務めたのは、2017年に公開された『勝手にふるえてろ』においても、一人の女の子の心がたゆたう有様をリアルに描き出してみせた大九明子さん。

今回は、本作へもコメントを寄せ、著作などを通じて、これまで焦点を当てられづらかったわだかまりやしんどさを明瞭に言語化してきた、エッセイストの犬山紙子さんと共に、映画やお二人の経験を手がかりにしながら、ときに一人では泳ぎづらいこの時代における、結婚や友情のあり方などについてお話いただきました。

これは「婚活あるある」じゃなくて、立ち位置が違う女性二人の物語。(大九)

ー原作と同様、「美人の独身女性」である主人公のタカコが「死にたい」と呟く場面から本作は始まりますが、タイトルから想像されるテンションとの落差が印象的でした。大九監督ははじめに原作に触れたとき、どのような感想を持たれたのでしょうか?

大九:まずは、タイトルにすごくフックがあるなと思いました。一方でその言葉の強さにどこか「うわっ」と感じもして。この原作をもとに、(シソンヌ)じろうさんが脚本を書いて、私が監督で映画化するという企画を考えたプロデューサーがいるのですが、彼自身が婚活をしていたらしいんですよ。

その経験を通じて、私が原作のタイトルを見たときにまず感じたイメージとは異なる視点を彼が持っていて、まさに「この作品は『死にたい』という場面から始まるんです」とおっしゃっていた。それが面白いなと思いました。

左から大九明子さん、犬山紙子さん

大九:原作を拝読して、私が特に面白く感じたのは女性二人の関係性でした。作者の(とある)アラ子さんはご自身を登場させつつ、「美人」である友達のタカコをすごくいじっていて。仲がいいんだろうけど、どこか毒っ気のある視点に作り手として興味を惹かれたんです。

ー映画では、原作のアラ子さんにあたる既婚のケイコの人物像が、より生々しさを増していると感じました。

大九:原作の中でアラ子さんはあまり自分のことを描いていないんです。一方で、単行本に収録されている4コマ漫画では、アラ子さんとお母さんが「死ね」って言い合うやりとりも描かれていたりして。そうやってたまに描かれている自身のエピソードから、苛烈に伝わってくるメッセージがあって、私自身もそこにすごく共鳴しました。

だからじろうさんにも、脚本を書いていただくにあたって、「婚活あるある」じゃなくて、立ち位置が違う女性二人の物語として、この4コマの感覚や二人の腐れ縁的な空気感を伝える映画にしたいと言ったんです。

左からケイコ(臼田あさ美)、タカコ(黒川芽以)/『美人が婚活してみたら』 ©2018吉本興行(公式サイトを見る

結婚している方がよくて、結婚していない方がだめだというお話ではないところも今の女の子たちのリアルな思いをすくいとっている。(犬山)

ー犬山さんはこの映画をどのようにご覧になられましたか。

犬山:今の社会を生きる女の子たちが、それぞれの道を歩みながらも寄り添い合っている姿が魅力的な作品だと思いました。これまでの映画やドラマの中で描かれてきた女の子同士のやりとりを見ていると、正直なところ描写が雑だなと思うことも多いんです。「アラサーの女の子同士ってどうせこんな感じなんでしょ?」っていう印象をただ押し付けられるようなものだったりして。だけどこの映画では、そのあたりを丁寧でリアルに描いてくださっていて、タカコとケイコのやりとりがすごく尊いな……! と感じました。

犬山:あと、じろうさんが台詞を書かれているからか、ケイコがめちゃくちゃ面白いんですよ。あんな友達がいたら最高だなと思いました。いくつかメモってきたんですけど、「辰巳琢郎でも分かんないわ」とか「歯医者の世界と歌舞伎の世界は一緒」とか、ぽろっと言う一言がすごく鋭くて(笑)。

大九:面白いですよねえ。

ぽろっと言う一言が鋭いケイコ/『美人が婚活してみたら』 ©2018吉本興行

犬山:美人とイケメンって話がつまらないと思われがちなんですよ。でもそんなわけはなくて、もちろん面白い人たちもたくさんいる。この作品ではケイコは美人として描かれているわけじゃないですけど、タカコとケイコのやりとりを通して、「女同士のやりとりってつまらない」みたいな思いこみをはねのけてくれるところがすごく好きでした。

もちろん婚活のことも描かれているのですが、結婚している方がよくて、結婚していない方がだめだというお話ではないところも今の女の子たちのリアルな思いをすくいとっていると思います。

婚活ってSOSでもあると思うんです。(犬山)

犬山:私、婚活ってSOSでもあると思うんです。結婚したからすべてが楽になるなんてことはないって、みんなどこかでわかっているはずで。だけど、今の世の中では多くの人が生きづらさを感じていて、結婚したらその苦しさが晴れそうに思えてしまう現状があるから、ずっと一緒にいたいと思える関係の人との延長線上に結婚があるのではなく、結婚自体が目標のような婚活をしてしまう。

婚活相手と西新宿の「LOVE」のオブジェの前で待ち合わせするタカコ/『美人が婚活してみたら』 ©2018吉本興行

ータカコも、自分自身が本当はどのように生きたいのかという欲望を見失っていて、そのもやもやした思いをひとまず結婚をゴールにおいた「婚活」という行動に置き換えているように思えます。

犬山:例えば「セックスがしたい」みたいな当たり前の思いも含めて、女の子の欲望って蓋をされていますよね。欲望をそのまま出すとはしたないと言われてしまうんじゃないかと思ったりするから。

普段からそうやって欲望に蓋をされているなかで、そこから解放されることってすごく大変だと思うんですけど、その解放のきっかけをくれるのが自由に生きていると思えたり、尊敬できる他人なのかもしれません。自分とは違う他人のあり方を見ることで、そもそも自分の思いに蓋をしてることにすら気づけていなかったとわかったりもしますし。コミュニケーションを通じて見えてくるものがあるかもしれない。

PROFILE

犬山紙子
犬山紙子

仙台のファッションカルチャー誌の編集者を経て、家庭の事情で退職。その後6年間東京でニート生活を送りつつ毎晩飲み歩くことで、女の友達が芋蔓式に増えていき、彼女らがアラサーになるにつれてみんな恋愛で苦戦するようになったので、それをブログにイラストとエッセイで書き始める。ツイッターでその模様が拡がり、マガジンハウスからブログ本「負け美女」を出版。多数の女性から「私の周りにも負け美女がいます!」との声があがり、共感を得て、話題になり、現在TV、ラジオ、雑誌、Webなどで粛々と活動中。基本ゲーム好きでサブカル仲間も非常に多く、その交遊関係はかなり幅広い。2014年に結婚、2017年に第一子となる長女を出産。

大九明子
大九明子

1968年、神奈川県横浜市出身。明治大学政治経済学部卒業。プロダクション人力舎スクールJCAの第1期生となり芸人を志したのち、製作者サイドへ転身。1997年、映画美学校の第1期生となり、監督・脚本作品『意外と死なない』(99)でデビュー。主な作品に新垣結衣主演『恋するマドリ』(07)、谷村美月主演『東京無印女子物語』(12)、染谷将太主演『ただいま、ジャクリーン』(13)、高岡早紀主演『モンスター』(13) 、優希美青・足立梨花W主演『でーれーガールズ』(15)などがある。松岡茉優主演『勝手にふるえてろ』(17)では、第30回 東京国際映画祭コンペティション部門 観客賞、第27回 日本映画プロフェッショナル大賞ベストテン 第1位を受賞。ほかにも、TUBEのミュージックビデオの映画化『渚の恋人たち』(16)や片桐はいり主演『キネカ大森先付ショートムービー・もぎりさん』(18)など。

INFORMATION

作品情報
『美人が婚活してみたら』

2019年3月23日(土)から新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開

監督:大九明子
脚本:じろう(シソンヌ)
原作:とあるアラ子『美人が婚活してみたら』(小学館クリエイティブ)
出演:
黒川芽以
臼田あさ美
中村倫也
田中圭
村杉蝉之介
レイザーラモンRG
萩原利久
市川しんぺー
矢部太郎(カラテカ)
平田敦子
成河
配給:KATSU-do

映画「美人が婚活してみたら」公式サイト

犬山紙子×大九明子 結婚しないと孤独になるという外圧からの脱出

SHARE!

犬山紙子×大九明子 結婚しないと孤独になるという外圧からの脱出

She isの最新情報は
TwitterやFacebookをフォローして
チェック!

コメントする前に こちらの利用規約
必ずご確認ください

コメント

コメントはMembersのみ行うことができます
Membersについて詳しくはこちら
/ Membersの方のログインはこちら

RECOMMENDED

LATEST

MORE

LIMITED ARTICLES

She isのMembersだけが読むことができる限定記事。ログイン後にお読みいただけます。

MEMBERSとは?

201908-pouch01

物語を秘めたポーチを片手に、ここではないどこかへ