モデル・小谷実由が語る服の選び方。なりたい自分になるために

モデル・小谷実由が語る服の選び方。なりたい自分になるために

取り柄がなかった自分に自信をつけてくれた、服の存在

2019年9・10月 特集:よそおうわたし
インタビュー・テキスト:飯嶋藍子 撮影:佐藤麻美 編集:野村由芽
  • SHARE

最近になってようやく、仕事のときと普段の自分の境目がなくなってきた。

mameに出会ってから、なりたい自分の姿についてより深く思いを巡らせていった小谷さん。その一方で、仕事のときに着る服に対してはどんな考えてを持っているのでしょう。

小谷:モデルとして服を着させてもらうときには、自分の好き嫌いではなくて、「絶対にこの服をよく見せなきゃいけない」という気持ちでやっていますね。

もう14年この仕事をしているけど、最初の頃はやっぱり誰も私のことを知らないわけで。だから自分の見せ方をすごく考えていました。自分の笑っている顔が好きじゃなかったから、「仕事のときは一切笑いません」みたいなこともやっていたし、「こういう女の子に見られたい」っていう自分なりの像をつくっていて。当時は手数も少なかったから、自信がある表現というのはほんの少しだけだったんです。

だけど応援してくれる人が増えて自信がついたり、普段の姿を見て「もっとそういうところ出したほうがいいよ」って信頼している人に言ってもらえたりしたことが大きくて、だんだん表現の幅が広がってきたんじゃないかなと思います。最近になってようやく、仕事のときと普段の自分の境目がなくなってきました。

自信がないなりに理想を持っていたことがいまに繋がっている。

「少しずつ自信がついていったんです」と小谷さんは続けます。

小谷:自分を信じられる瞬間が増えたのかもしれません。はじめは全然自信がなかったけど、自信がないなりに理想を持っていたことがいまに繋がっているんじゃないかな。なりたい自分の姿を思い描いたり、自信を持って世に出せるものだけを武器に突き進んでいた時代があるから、いまの自分の形ができあがってきたんだと思うんです。

よそおってた時代があったから、今はよそおわなくて済んでいる。だから、なにかのフリをするって悪いことじゃないんだなって。なにかのフリって嘘をついているみたいに感じることもあるかもしれないけど、本人に目的や理由があるんだったら、なにかのフリをしたっていいと思う。

PROFILE

小谷実由
小谷実由

ファッション誌やカタログ・広告を中心に、モデル業や執筆業で活躍。一方で、様々な作家やクリエイターたちとの企画にも取り組む。昭和と純喫茶をこよなく愛する。愛称はおみゆ。

モデル・小谷実由が語る服の選び方。なりたい自分になるために

SHARE!

モデル・小谷実由が語る服の選び方。なりたい自分になるために

She isの最新情報は
TwitterやFacebookをフォローして
チェック!

コメントする前に こちらの利用規約
必ずご確認ください

コメント

コメントはMembersのみ行うことができます
Membersについて詳しくはこちら
/ Membersの方のログインはこちら

RECOMMENDED

LATEST

MORE

LIMITED ARTICLES

She isのMembersだけが読むことができる限定記事。ログイン後にお読みいただけます。

MEMBERSとは?

dress-gift2

わたしが、わたしを着脱しながら、よりわたしらしくなっていくためのものたち。