綿矢りさ×大九明子対談「誰かと生きることはデフォルトじゃない」

綿矢りさ×大九明子対談「誰かと生きることはデフォルトじゃない」

『勝手にふるえてろ』から再びのタッグ『私をくいとめて』

SPONSORED:『私をくいとめて』
インタビュー・テキスト:野村由芽 撮影:森山将人
  • SHARE

ひとりでいることと、誰かといること。生きている時間の過程でどちらの場面もありえるなかで、ある年齢になると「誰かと生きること」が当然であるというような考えに出くわす場面も少なくないのはなぜなのでしょう。『勝手にふるえてろ』に引き続き、原作の綿矢りささんと監督の大九明子さんが二度目のタッグを組んだ映画『私をくいとめて』において、のんさん演じる31歳の主人公・黒田みつ子は、「おひとりさまライフ」がすっかり板についた女性。そんなみつ子が、ひとりでいることを能動的に楽しみながらも、誰かと生きることや社会との折り合いに葛藤する様子が本作では描かれています。

みつ子の切れ味のいいモノローグに溢れたこの映画。それはたとえば不特定多数に見られていることを意識しながらSNSなどを使うなかで、自分の気持ちが自分でもよくわからなくなってしまう場面も少なくない現在において、自分自身のしたいことはなにか? その人らしさとはなにか? とハッとさせられることともしばしば。「その人があたりまえにその人であることを肯定して、なにがいけませんか?」という監督と、綿矢さんのお話を聞きました。

「おひとりさま」というブームにのっているわけではなくて、自分なりの楽しみを意識している女の子を書きました。(綿矢)

―『私をくいとめて』を観て、主人公のみつ子が直面する社会とおのれの折り合いのつかなさに思い当たる節がたくさんあって、苦しい気持ちになる場面もあったんですけど、同時に、生きるぞ、という力が湧いてくる感覚があって。わたしは2020年の今年、観られてよかったなって思う作品でした。

大九:ありがとうございます。以前、綿矢さんとご一緒した『勝手にふるえてろ』(2017年)のご縁のあと、『私をくいとめて』の小説を読んで、あらためて綿矢さんが20代、30代の女性を描くまなざしと自分の視点がどこかリンクしているのではと嬉しくなってしまって。

綿矢:嬉しいです。

左から大九明子監督、綿矢りささん

―この作品では、みつ子が「おひとりさま」であるという設定のもと、物語が大きく動いていきます。おふたりは「おひとりさま」をどう捉えているか聞きたいなと思いました。

綿矢:「おひとりさま」って言葉は、『私をくいとめて』を書いていたころにちょうど世のなかに出始めていて、まだ珍しかったんですよね。新鮮な言葉、という感じでした。

そこから時間が経って、いまはたとえば女性が「ひとりご飯」をするのは特別なことではないと感じますが、それが自然なことになっていく過程には、たとえばメディアでは「おひとりさま女子」みたいな言葉を使ってもう少しキラキラした感じを提案していたこともあったんですよね。「おしゃれなバーにひとりで行く」みたいなものとか。

『私をくいとめて』 ©2020『私をくいとめて』製作委員会

―たしかに、ありましたね。

綿矢:でもみつ子は、「おひとりさま」というブームにのっているわけではなくて、自分の懐具合と相談しながら、ほんとうにやりたいことを自分で現実的に叶えている人なんですよ。自分に素直だから、ちょっと子どもっぽい部分があることも自分自身に隠さない。作品の冒頭で、食品サンプルをつくりに行くシーンがありますが、それをひとりで体験しに行くことを楽しめる人。だけどもう子どもじゃないから、ちょっと大きい実寸サイズの天ぷらをつくるというのも現実的(笑)。そういう、自分なりの楽しみを意識している女の子として書きました。

人は生まれながらのおひとりさまなのだから、人と出会って、うまくいくほうが奇跡だと思いたいです。誰かといることが、デフォルトじゃない。(大九)

―のんさんが演じるみつ子は、とても魅力的な人だと思いました。自分の生活を大切にしていて、綿矢さんがおっしゃっていたように、自分の楽しみやチャレンジを自分自身でつくりだせる、自分の機嫌をとろうと努力できる人。

そんな彼女が、ひとりであることで苦しまなければならない状況が出てきて、それってなんでだろう? と観ていて悩んだし、わたしは自分を「ふつう」じゃないと思わせてしまう社会のほうが問題なのではないかと感じました。この作品を通して、おふたりは「おひとりさま」をどのように描写したいと考えましたか?

大九:みつ子のことを大丈夫だと思いたい、とわたしは強く思いながら撮っていました。だって人はみんな、生まれながらのおひとりさまなんだよ、って考えているからです。ひとりで生まれてきて、ひとりで生きていて、誰かと過ごす時間もあるかもしれないけれど、そもそもひとりでいることは自然のことだし、かならずしも不幸な状態ではない。みつ子自身も、自分を惨めだとは思っていないし、思わないようにもしている。そういう人だと信じてつくっていました。

綿矢:自分の世界を守りたいけれど、社会を生きるなかで守りきれない場面が出てきますよね。だから、自分のことを守るために、つくった味方が、自分自身でつくりだした「脳内A」という相談相手なんです。

映画のみつ子は、わたしが書いたみつ子よりも、もっと自由だなって思ったのですが、大九監督の話を聞いてその理由がわかった気がします。小説を書いた当時は、「おひとりさま」で行動すること自体が珍しかったから、それなりに人の目を気にしたりもするのですが、映画のみつ子はもっと能動的で、もっと解放されているんです。素敵です。

『私をくいとめて』 ©2020『私をくいとめて』製作委員会

―大九監督は、「おひとりさま」をもの珍しく見たり、「ふつう」じゃないという社会の視線にたいするアンサーのような部分をおもちだったのでしょうか?

大九:わたし自身、いまだにひとりが落ち着きます。自分がひとりでいることをよしとしたいので、異質なものとして見られていることにも、見ることにも、両方自覚をもたないようにしているというか、そもそもそういう自覚をもっていないというか。むしろわたしはひとりが好きだから、無意識で若いときからひとりでいて大丈夫な場所を一生懸命探していました。映画館とか、ひとり旅とか、「おひとりさま」なんて言葉がない時代から、ひとりでいても馴染む自分の居場所をずっと探し続けて、いまに至っていて。

だから、メッセージを発したいというより、人は生まれながらのおひとりさまなのだから、その状態がふつうなのであって、人と出会って、うまくいくほうが奇跡だと思いたいです。家族をもって幸せな人はそれがいいし、ひとりでいるほうが居心地がいい人はそれでいいし。誰かといることが、デフォルトじゃない。何年か前に、映画館に女性がひとりで行くためのハウツーみたいな特集を雑誌でやっているのを見たのですが、そんなことが必要なの……? と、そういう風潮をつくっている社会に疑問をもつほどにはもう図太いですし、わたしはいい歳こいて、みつ子側の人間なんです。それでいいと思っています。

PROFILE

大九明子

横浜市出身。1997年に映画美学校第1期生となり、1999年、『意外と死なない』で映画監督デビュー。以降、『恋するマドリ』(07)、『東京無印女子物語』(12)、『でーれーガールズ』(15)などを手掛け、17年に監督、脚本を務めた『勝手にふるえてろ』では、第30回東京国際映画祭コンペティション部門・観客賞をはじめ数々の賞を受賞。近年の作品として、映画『美人が婚活してみたら』(19)、テレビ朝日系「時効警察はじめました」(19)、テレビ東京系「捨ててよ、安達さん。」(20)、映画『甘いお酒でうがい』(20)、テレビ東京系「あのコの夢を見たんです。」(20)などがある。

綿矢りさ

1984年生まれ、京都府出身。高校在学中の2001年『インストール』で第38回文藝賞を受賞しデビュー。2004年『蹴りたい背中』で第130回芥川賞を受賞。2012年『かわいそうだね?』で第6回大江健三郎賞を受賞。ほかの著書に『夢を与える』、『ひらいて』、『憤死』、『大地のゲーム』、『ウォークイン・クローゼット』、『手のひらの京』、『意識のリボン』、『生のみ生のままで』などがあり、『勝手にふるえてろ』は大九明子監督により17年に実写映画化された。

INFORMATION

作品情報
作品情報
『私をくいとめて』

2020年12月18日(金)全国公開

原作:綿矢りさ『私をくいとめて』(朝日文庫/朝日新聞出版刊)
監督・脚本:大九明子
出演:
のん
林遣都
臼田あさ美
若林拓也
前野朋哉
山田真歩
片桐はいり
橋本愛
配給:日活

映画『私をくいとめて』|12月18日(金)全国ロードショー

綿矢りさ×大九明子対談「誰かと生きることはデフォルトじゃない」

SHARE!

綿矢りさ×大九明子対談「誰かと生きることはデフォルトじゃない」

She isの最新情報は
TwitterやFacebookをフォローして
チェック!

RECOMMENDED

LATEST

MORE

LIMITED ARTICLES

She isのMembersだけが読むことができる限定記事。ログイン後にお読みいただけます。

MEMBERSとは?