きくちゆみこが考える、運命をすこし動かすコミュニケーション

きくちゆみこが考える、運命をすこし動かすコミュニケーション

なにかを変える力があると信じるだけで、運命は変わる

2019年1月 特集:ハロー、運命
インタビュー・テキスト:飯嶋藍子 撮影:小島直子 編集:竹中万季
  • SHARE

She isの1月の特集「ハロー、運命」のギフトでお送りするオリジナルプロダクトとして、遊び甲斐のある、コットン100%の優しいストール「いっときでもじゅうぶん、一生ぶんになるストール」と、虹色にかがやくステッカーを一緒につくった文筆家のきくちゆみこさん。

過去を振り返り、いま運命をどう捉えているかうかがった前編に続き、「生きていることのワンダーを感じることが多くなってきた」というきくちさんが感じた「いっときでもじゅうぶん、一生分になる」瞬間や、人生で起こる出来事の順番について、そして、「世の中が少し変わってみえる、お守りのような言葉」としてステッカーに書かれた言葉たちの意味について聞きました。

PROFILE

きくちゆみこ
きくちゆみこ

言葉を使った作品制作・展示をしたり、時おり翻訳もします。
「嘘つきたちのための」小さな文芸誌 (unintended.) L I A R S 発行人。

「わたし、現実なんていらない。わたしが欲しいのは魔法なの! そう、魔法よ。わたしがみんなにあげようとしてるのは魔法なのよ。わたしは物事をねじ曲げて伝えるわ。真実なんて語らない。わたしが語りたいのはね、真実であるべきことなのよ!」(テネシー・ウィリアムズ 『欲望という名の電車』)が座右の銘。

INFORMATION

関連情報

新作ZINE『SMILE, WHEN OUR EYES MEET 目が合ったのなら、微笑んで欲しいよ』発売中。3月に銀座で開催される『Tokyo Art Book Fair Ginza Edition』にも友人たちと参加予定。

きくちゆみこが考える、運命をすこし動かすコミュニケーション

SHARE!

きくちゆみこが考える、運命をすこし動かすコミュニケーション

She isの最新情報は
TwitterやFacebookをフォローして
チェック!

GIRLFRIENDS
この記事に関係するGirlfriends

MENU

この先は
MEMBERS限定のコンテンツです。
She isでは、月に一度ギフトをお届けするプランのほか、
オンラインコミュニティでのMembers同士のおしゃべりや
限定記事・メールマガジンなどを中心に楽しむプランの
2つの有料プランをご用意しています。

ログイン

MEMBERSについてくわしく

トップページへ