吉澤嘉代子と穂村弘の短歌談義 人は世界ではなく世界像を生きてる

吉澤嘉代子と穂村弘の短歌談義 人は世界ではなく世界像を生きてる

参加者がつくり衝撃を受けた傑作短歌、悩み相談に回答

2019年3・4月 特集:夢の時間
テキスト:阿部洋子 撮影:草野庸子 編集:野村由芽
  • SHARE

4月11日に開催された、She is のMembers限定のイベント『吉澤嘉代子と穂村弘の「言葉の夜会」 ~まばたくたびに春の夢~』。シンガーソングライターの吉澤嘉代子さんと歌人の穂村弘さんをゲストにお招きし、トークやアコースティックライブを実施しました。今回はMembersのみなさまだけに、イベント参加者から募集した夢についての歌のお二人による短選評とお悩み相談を、厳選してご紹介します。

【関連記事】吉澤嘉代子×穂村弘「できない」から助けを求めた「言葉」への執着

吉澤嘉代子、穂村弘がそれぞれ選んだ、参加者がつくった短歌とは

野村(She is):今回は「言葉」や「夢」をテーマに、参加者の方に有志で短歌とお悩みを募集しました。集まった中から、お二人に短歌とお悩みを選んでいただいたので、短歌の選評と、お悩みにはどんな解決方法があるかを、「言葉の夜会」らしくうかがっていきたいなと思っております。最初は短歌からいきましょう。

この先はMEMBERS限定のコンテンツです。
登録すると続きをお読みいただけます。

PROFILE

吉澤嘉代子
吉澤嘉代子

1990年、埼玉県川口市生まれ。鋳物工場育ち。
ヤマハ主催「Music Revolution」でのグランプリ・オーディエンス賞のダブル受賞をきっかけに2014年メジャーデビュー。
バカリズム作ドラマ「架空OL日記」の主題歌として「月曜日戦争」を書き下ろす。2ndシングル「残ってる」がロングヒットする中、2018年11月7日に4thアルバム『女優姉妹』をリリース。

穂村弘
穂村弘

歌人。1962年北海道生まれ。90年、歌集『シンジケート』でデビュー。短歌のほかに、評論、エッセイ、詩、絵本、翻訳などを手がける。評論集『短歌の友人』で伊藤整文学賞、エッセイ集『鳥肌が』で講談社エッセイ賞を受賞。また最新歌集『水中翼船炎上中』で本年度の若山牧水賞を受賞した。

INFORMATION

リリース情報
リリース情報
吉澤嘉代子
『女優姉妹』(CD)

2018年11月7日(水)発売
価格:3,024円(税込)

1. 鏡
2. 月曜日戦争
3. 怪盗メタモルフォーゼ
4. 女優
5. ミューズ
6. 洋梨
7. 恥ずかしい(新録)
8. よるの向日葵
9. 残ってる
10. 最終回

Amazon

書籍情報
書籍情報
『水中翼船炎上中』

2018年5月23日(水)発売
著者:穂村弘
価格:2,484円(税込)
発行:講談社

Amazon

吉澤嘉代子と穂村弘の短歌談義 人は世界ではなく世界像を生きてる

SHARE!

吉澤嘉代子と穂村弘の短歌談義 人は世界ではなく世界像を生きてる

She isの最新情報は
TwitterやFacebookをフォローして
チェック!

コメントする前に こちらの利用規約
必ずご確認ください

コメント

コメントはMembersのみ行うことができます
Membersについて詳しくはこちら
/ Membersの方のログインはこちら