好きなことだけ/薫

人間って、たぶんカラフルな琥珀糖みたいなものなのだ

2019年7・8月 特集:やすみやすみ、やろう
テキスト:薫
  • SHARE

「やすむ」ことは、人が生きていくために大切な行為。だけど、やすむことをわすれてしまったり、言い出しづらいときもしばしばあるのではないでしょうか。7・8月の特集「やすみやすみ、やろう」は、人間らしくよりよく生きるために、積極的に休む意思を持ち、環境をつくり、そしてやすむことの質と深さを増していこうという特集でした。She isでは、毎月の特集テーマをもとに「VOICE」を書いていただける方を公募で募集。「やすみやすみ、やろう」の公募に寄せていただいた、薫さんのVOICEをご紹介します。

私の「やすみたい」の蓄積は、何年分だろう。思えば私は、小学生の頃から、ずっとずっと疲れていた。
「疲れたって言うのやめなさい」
よく怒られたものだった。でも、疲れてるんだから仕方ない。

今までの私は、フルマラソンを短距離走みたいなエネルギーの使い方で走っているようなものだった。「やらなきゃいけないこと」の山に、押しつぶされていた。
小学1年生から大学に入った今年まで、思い返せば全てが「無理やり」だった。無理やり学校に行き、無理やり進学し、無理やりやらなきゃいけない最低限をやる。

この先はMEMBERS限定のコンテンツです。
登録すると続きをお読みいただけます。

PROFILE

2000年生まれのクィア。本、紅茶、珈琲が好き。猫と暮らしています。

好きなことだけ/薫

SHARE!

好きなことだけ/薫

She isの最新情報は
TwitterやFacebookをフォローして
チェック!

コメントする前に こちらの利用規約
必ずご確認ください

コメント

コメントはMembersのみ行うことができます
Membersについて詳しくはこちら
/ Membersの方のログインはこちら