退屈と気晴らしのあいだで/カトートシ

『暇と退屈の倫理学』から考察する私たちの休日

2019年7・8月 特集:やすみやすみ、やろう
テキスト:カトートシ
  • SHARE

「やすむ」ことは、人が生きていくために大切な行為。だけど、やすむことをわすれてしまったり、言い出しづらいときもしばしばあるのではないでしょうか。7・8月の特集「やすみやすみ、やろう」は、人間らしくよりよく生きるために、積極的に休む意思を持ち、環境をつくり、そしてやすむことの質と深さを増していこうという特集でした。She isでは、毎月の特集テーマをもとに「VOICE」を書いていただける方を公募で募集。「やすみやすみ、やろう」の公募に寄せていただいた、カトートシさんのVOICEをご紹介します。

週休2日制。休日に向けてやりたいことリストを作りながら、平日に戦う女戦士。次の休みは何をしようか。新作の映画を観に行こうか。天気がよければ公園で絵を描くのも良いかもしれない。あとはいつか海外に住むために語学の勉強だってしたい。

そうしてやっと迎えた休日、映画の上映時間を調べるその時、鞄に画材を入れるその時、参考書を開いたその時、いつもの声が聞こえてくる。まるで太宰治の『トカトントン』のように、頭に鳴り響くその声に捕らえられると、突然目の前のものすべてが無意味でつまらなく思えてくる。新作映画だってどうせすぐにTSUTAYAに並ぶし、私なんかが絵を描いたところで一体何になるっていうのか。それに夢見る「いつか」なんて永遠に来るはずない。

そう、その声の正体は「退屈」。それが聞こえてくると、思い描いた素敵な休日は霧のように消え失せ、すべては退屈な人生をやり過ごすためのただの気晴らしでしかないと思えてくる。こうなるともう何をしたってだめ。やりたいことリストをゴミ箱に投げ入れて、あとはぶよぶよとしただるい時間が窓の外に漂うのをただ眺めるだけだ。

この先はMEMBERS限定のコンテンツです。
登録すると続きをお読みいただけます。

PROFILE

カトートシ
カトートシ

大学職員 兼 映画エッセイスト

2018年よりカトートシとして活動を開始する。
大学時代は文学批評を専攻。
本屋や美術館のスタッフ、カナダでのライター経験を経た後、現在は大学で働く傍ら、「映画エッセイ」を執筆。映画から抽出したエッセンスを日常の枠組みで解釈し、言葉で再構築する。
カトートシという名前は、俳人である祖父に由来するもの。

退屈と気晴らしのあいだで/カトートシ

SHARE!

退屈と気晴らしのあいだで/カトートシ

She isの最新情報は
TwitterやFacebookをフォローして
チェック!

コメントする前に こちらの利用規約
必ずご確認ください

コメント

コメントはMembersのみ行うことができます
Membersについて詳しくはこちら
/ Membersの方のログインはこちら