あざらしドーナッツ/SHOKO FUJII

生きるためだけに生きている

2019年7・8月 特集:やすみやすみ、やろう
テキスト:SHOKO FUJII
  • SHARE

「やすむ」ことは、人が生きていくために大切な行為。だけど、やすむことをわすれてしまったり、言い出しづらいときもしばしばあるのではないでしょうか。7・8月の特集「やすみやすみ、やろう」は、人間らしくよりよく生きるために、積極的に休む意思を持ち、環境をつくり、そしてやすむことの質と深さを増していこうという特集でした。She isでは、毎月の特集テーマをもとに「VOICE」を書いていただける方を公募で募集。「やすみやすみ、やろう」の公募に寄せていただいた、SHOKO FUJIIさんのVOICEをご紹介します。

あざらしドーナッツだ、
と思った。

6月の終わり、水族館に行った。
遊んでいるのか、痒いのか、自分のしっぽを追いかけてくるくると回る1匹のあざらし。
もともと丸いあざらしが更に丸くなり、綺麗な円を描くその様は、塀の上から覗きこんだ私にはドーナッツの様に見えた。真ん中にはぽっかりとあざらしドーナッツの穴が空いている。

この先はMEMBERS限定のコンテンツです。
登録すると続きをお読みいただけます。

PROFILE

SHOKO FUJII
SHOKO FUJII

1986年生まれ
武蔵野美術大学デザイン情報学科卒。
現在モデルやイラストレーターとして活動中。
動物が好きです。

あざらしドーナッツ/SHOKO FUJII

SHARE!

あざらしドーナッツ/SHOKO FUJII

She isの最新情報は
TwitterやFacebookをフォローして
チェック!

コメントする前に こちらの利用規約
必ずご確認ください

コメント

コメントはMembersのみ行うことができます
Membersについて詳しくはこちら
/ Membersの方のログインはこちら