よそおうわたし。「装う」ことについてみんなで話そう

  • She is編集部

    She isでは9月・10月の2か月間、「よそおうわたし」の特集を実施中。

    よそおうこと。その言葉にはまず、「外観を整える」「美しく飾る」という意味があります。さらには、「他のものに見せかける」「ふりをする」という意味も。人は服を着たり、お化粧をほどこしたり、日々よそおいながら生きている。社会を生きるうで「よそおう」というのは、自分の心のままのメッセージを発信することもあれば、なりたい自分に手をのばす行為でもあり、はたまた社会的なコードや役割に自らを合わせたり(たとえば制服などがそれにあたります)することもある。いずれにしても、「いま、自分はこういう存在である」と主張し、自身の見え方をコントロールする効果があります。

    そしてさらには、こんな意味もあるのです。「支度をする、準備をする」ーー。ありのままの自分を表現することも、なりたい自分や、社会を反射して役割のための自分を演じることも、どれも自分です。どれがいい、悪いという優劣ではなくて、ひとりひとりという独自の「個」が、「社会という集合体」と混じり合う、その境界線のところに存在する「よそおう」という行為を自身がどう捉え、どんな人生をそのつど選んでいくのか。よそおうことは、この時代を生きるわたしであること。そんな心の「支度」ができるような特集を実施します。

    あなたはよそおうことについて、どう思いますか? ぜひ自由にこのトピックでおしゃべりしてみてくださいね。

    よそおうわたし。「装う」ことについてみんなで話そう

    Sep 1.2019 #特集

この先は
MEMBERS限定のコンテンツです。
She isでは、月に一度ギフトをお届けするプランのほか、
オンラインコミュニティでのMembers同士のおしゃべりや
限定記事・メールマガジンなどを中心に楽しむプランの
2つの有料プランをご用意しています。

ログイン

MEMBERSについてくわしく

トップページへ