恋愛より熱く、眩しく、美少女に恋して/エミリー

美少女は衣食住と同じくらいなくてはならないもの

2018年2月 特集:超好き -Ultra Love-
テキスト・写真:エミリー 編集:竹中万季
  • SHARE

何気ない雑談の中で「好きな芸能人は?」と訊かれた時、私は「それって女性ですか、男性ですか?」と訊き返す。そうしたらほぼ必ずこう答えが返ってくる。「そんなの男性に決まってるじゃん」。
そんなの男性に決まってる? 私はどんなに考えても、女性しか思い浮かばないのに。



世間一般では「好き」=「異性」というのが当たり前のように思われているけれど、
私は物心ついてからずっと、「大好き」と思う芸能人は常に女の子だった。


幼稚園の時、私は歌って踊れるSPEEDが大好きで、小学生の時はモーニング娘。と、あややが憧れだった(出ているCDはすべてレンタルしたし、歌番組はすべて録画して、振付を夢中で覚えた)。中学に上がると、映画をきっかけにYUIと蒼井優ちゃんに一目惚れして、それから数年間、彼女たちが出ているあらゆるテレビや雑誌や映画、作品に夢中になった。高校生になると、その当時愛読誌だった『non-no』に岸本セシルちゃんが彗星のごとく現れて、私の心は一瞬にして奪われた。そしてあれは確か大学2年の春。私は私にとってのたぶん永遠のミューズである、小松菜奈ちゃんに出逢った。



今になって思い返してみても、同級生が部活の部室にジャニーズのグループの好きなメンバーのポスターを貼って、誰々がカッコいいとか好きとか言っている中、私はたぶん一度だって、男性のアイドルを好きと思ったことはなかった。優ちゃんが可愛い、セシルちゃんが素晴らしいと、毎日のように雑誌のページや携帯の中に目一杯集めた画像を見せては、クラスの友達を半ば呆れさせていた記憶がある。私の携帯の待ち受け画面は、昔からずっといつだって、その時好きな女の子だった。好きな女性のモデルさんや女優さんの写真集が、部屋の本棚にどんどん増えていった。


そういう話をすると、特に男性からは9割型「レズなの?」と訊かれるわけだけれど、私は子供の頃から好きな男の子もいたし、異性との恋愛にも興味があって少女マンガもよく読んだし、友達の恋愛話を聞くのも好きだった。
でも私にとってはなぜか、異性のことを「好き」と思う気持ちよりも、同性で輝いている、魅力的だと思う女の子たちを「好き」と思う気持ちのほうが、ずっと身近で、自然で、熱量が強かったのだ。

私が美少女を好きだと思う気持ちの中に恋愛感情や性的なまなざしは少しもなくて、そこにはむしろ、彼女たちの持つ容姿や佇まい、醸し出す雰囲気の美しさや、その被写体や表現者としての類い稀なる才能に、純粋に心から惹かれて魅了されている、という思いしかない。誰もが美しい花や、絵画に惹かれるのと同じで、どうして女性が女性の美を愛でてはいけないのだろう。それはとても当たり前のことで、男女関係なく普遍的なことであるはずなのに。

アイドルオタクやマンガオタク、アニメオタクが男女ともにいるのと同じように、美少女オタクだって男女ともに存在しているはずなのに、どうしてそんなに珍しがられてしまうのだろう。そんなことを、小松菜奈ちゃんを好きになって本格的に「美少女」に魅了されるようになってからここ5、6年、私はずっと考え続けている。

「美少女」というのはとても定義が難しく、また「美少女が好き」というのは時に危うさを孕む言葉だけれど、私が好きだと思う「美少女」というのは、顔や身体の造形がお人形みたいに整っている女の子のことではない。私が惹かれるのは、その人だけの個性や魅力をしっかりと持っていて、そして写真や映像の中で、まるで自然や風景の一部みたいに、ありのままの(ように見える)表情や姿で佇むことのできる女の子であることが多い。
少女の持つあどけなさと大人の女性の妖艶さや凛々しさの、ちょうど狭間にいるような、思わず息をするのを忘れて見入ってしまうような、存在自体が凛として透きとおっているみたいな、ある種神秘的とも思える美しさ。

これはきっと私の勝手な想像なのだけれど、カメラの前で自然に佇めること、そして一挙手一投足が、表情が、まなざしが、佇まいが、いつどこから見ても魅力的でいられるということは、もともとの才能や生まれ持った容姿はあれど、カメラを向けられ、たくさんの人に見られるというプレッシャーに耐えうる内面的な自信や魅力からくるものも大きいはずだ。だから、自分に自信がないことが常の私は、被写体として美しく魅力的な美少女の、そこから透けて見える彼女たちの内面の魅力に、惹かれずにはいられないのかもしれない。

私にとっての美少女とは、一言で言えば、日常生活の中で心にまばゆく差し込む光みたいなもの。それは衣食住と同じくらい当たり前になくてはならないもので、たとえば世の中の多くの人がお酒を飲んでストレスを発散したりするのだとしたら、私にとって一番の癒しであるストレス解消法は、美少女を眺めることなのだと思う。どんなに仕事で疲れてへとへとになって帰っても、帰り道で買った雑誌の中やSNSのタイムラインに流れる美少女を目にすると、疲れも気の淀みも一瞬で晴れてしまうのだから。

そして、自分自身あまりそのことに自覚的ではなかったけれど、私がこれまでの人生で一度もモテを意識したことがなかったのも、たぶん自分と同性である女の子ばかりをずっと眩しく好もしく見つめてきたからなのだと、最近になって考えるようになった。
私の中には「異性の目に映る自分」というものへの興味関心はほとんどなくて、それよりも自分らしい個性と佇まいを持った、自分が魅力的だと思うような空気や雰囲気を内面から醸し出せるような人になりたいと、写真やスクリーンの中の大好きな女の子たちを見ながらずっと思い続けてきた。
「男の人から愛される女性」という視点で自分のことを捉えるのではなく、ただただ魅力的だと思える人になりたいという、ある意味とても純粋でフラットな考え方は、今では自分の思考やアイデンティティの重要な一部にすらなっている。

「好きは無条件幸福です」。いつか友人とのLINEの中で「降伏」を「幸福」と誤変換をしたことがあったけれど、「好き」という気持ちは、対象が何であれ、とても大きなパワーと明るさと幸せを心にもたらしてくれるもの。恋愛の「好き」だけが幸せだなんて、素晴らしいだなんて、本当だなんて、そんなことはあるはずがない。だって少なくとも私は、これまでずっとかなりの熱量で美少女を好きでいたことで、どれだけたくさんの感動と、幸せな気持ちと、大切な人との出逢いや繋がりと、見える世界や語る言葉の豊かな広がりを得ることができたかわからないのだから……!

以前は自分が美少女好きだということは家族や彼氏、親しい一部の友人にしか言っていなかったけれど(彼ら彼女らは今やすっかり受け入れてくれている)、今では職場の人たちにも、積極的に「私は美少女が好きなんです」と言うことにしている。ちょっと不思議に思われたりすることがほとんどだけれど、もうあまり気にならない。だって、自分と同じ「女の子」を好きでいる、いられるということは少しもおかしいことじゃないし、むしろ素晴らしいことだと思うから。

「好き」は恋愛感情であってもそうでなくてもいいし、女の子が女の子を好きでも、男の子が男の子を好きでも、もちろん異性が好きでもいい。もっともっと「好き」の多様性が当たり前に認められるようになったらいいのにな、と日々思いながら、私は今日も恋愛よりも熱く、眩しく、美少女に恋している。

PROFILE

エミリー
エミリー

大学時代に文学と言葉に魅せられてから、ずっと、読むこと・考えること・言葉にすることを大切にしてきました。今ではそれが、私にとってとても大きな心の拠り所になっています。本を読むこと、考えること、言葉にすること、そのことについて誰かと語ること、それらがもたらしてくれる何にも代え難い面白さや豊かさや可能性の広がりを、もっともっと多くの人と共有出来たらいいな、と思っています。

恋愛より熱く、眩しく、美少女に恋して/エミリー

SHARE!

恋愛より熱く、眩しく、美少女に恋して/エミリー

She isの最新情報は
TwitterやFacebookをフォローして
チェック!

RECOMMENDED

LATEST

MORE