生まれ、変わる人達へ/安達茉莉子

生まれ変わるんじゃなくて 生まれ、変わる

2019年11・12月 特集:生理現象をおもいやる
テキスト・イラスト:安達茉莉子 編集:竹中万季
  • SHARE

そいつはいつも突然やってくる

大抵は都合の悪い時にやってくる
こっちの都合も予定もまるでお構いなしで
わがままだ

めんどうは嫌だし
めんどうくさがられるのはもっと嫌だから

とりあえずそいつら全部
なかったことにして
押し込めた

そいつさえおとなしくしていれば
都合良く
何もかもまわるはずなのだから

そしたらそいつはいつしか静かになった

だけど気づけば自分の声もきこえなくなった

暑い

ひもじい

眠い

熱がある

さびしい

それってそんなにどうでもよいことだったかな

私が無視してきたそいつは
誰よりも私そのものだった

私はあなたの声をきくようになった

汗をかいて

涙を流して

抱きしめて
抱きしめられるみたいに 眠って

自然に起こることを
止めるのではなく
導かれるように 長い時間を過ごしている

からだ たましい
わたし わたし

生まれ変わるんじゃなくて
生まれ、変わる

私たちは変わり続けていく

汗をかき 涙を流す

生きてるしるしで 生きてるあかし

リンゴの花が咲いて
ふくらみ
実を結んで色を変えていくことを
誰も止めようとは思わない

止められない流れそのものが私たちなのだとしたら

私よりも正直なあなたの声が私には必要

時間はかかるかもしれない
でも入り口はきっと一番近くにある

いつか いずれ たどり着く

私の半身

わがままで都合が悪くてめんどうで

だけど
あなたと一緒じゃないと開けられない扉があると知ってしまった

まだ見ぬ世界

そこではきっと

私は私と 分かたれることはないだろう

PROFILE

安達茉莉子
安達茉莉子

大分県日田市出身。大自然に囲まれながら、本と空想の世界にトリップするインドアな幼少時代を過ごす。政府機関での勤務、篠山の限界集落での生活、イギリスの大学院留学など様々な組織や場所での経験をする中で、人間が人間であるための「言葉」を拠り所として制作を続けてきた。

2015年からは、東京都内で"MARIOBOOKS"として活動開始。セルフパブリッシングで詩集・エッセイ集、ZINEを発行している。言葉とイラストで「物語」を表現する。

note『毛布』− 言葉と絵のエッセイを連載中。

生まれ、変わる人達へ/安達茉莉子

SHARE!

生まれ、変わる人達へ/安達茉莉子

She isの最新情報は
TwitterやFacebookをフォローして
チェック!

コメントする前に こちらの利用規約
必ずご確認ください

コメント

コメントはMembersのみ行うことができます
Membersについて詳しくはこちら
/ Membersの方のログインはこちら

RECOMMENDED

LATEST

MORE

LIMITED ARTICLES

She isのMembersだけが読むことができる限定記事。ログイン後にお読みいただけます。

MEMBERSとは?

201912-bandage02

さまざまな肌の色にやさしく寄り添うグラデーション