川上未映子、下着を語る「あなたの気持ちもからだもあなたのもの」

川上未映子、下着を語る「あなたの気持ちもからだもあなたのもの」

une nana coolの広告を共に手がける千原徹也とトーク

テキスト:阿部洋子 撮影:嶋津亮太(Orange Garden/編集者) 編集:野村由芽
  • SHARE

「女の子の人生を応援する」というコンセプトを持つ下着ブランド、une nana coolが4月から新たに立ち上げたのが、女の子の人生を応援するコミュニティ「une nana cool commune(ウンナナクールコミューン)」。その第1回目の活動として、She isのGirlfriendsでもある作家の川上未映子さんと、une nana coolのブランドビジュアルを手がけたクリエイティブディレクター千原徹也さんのトークイベントが開催されました。今回は、その内容を特別にお届け。「わたし」と「わたしのからだ」を巡る問題について、リアリティを持って迫るお二人のトークは、きっと今まさに悩んでいる人にとって生きやすさのヒントになるはず。

女性の生き方については、言いたいことがいつもたくさんある。

川上:今日は女性限定のイベントということで、下着の話や女性の生き方の話などをしていければと思います。千原くんとは9年ぐらい前に知り合って、このune nana coolのお仕事でご一緒するのは今回で3期目ですね。

千原:une nana coolのブランド自体に「女の子の人生を応援する」というテーマがあったので、これは川上さんとやりたいと思って連絡して。

左から千原徹也さん、川上未映子さん

川上:私も「もちろん!」と即答して、すぐ決まったよね。女性の生き方については、言いたいことがいつもたくさんあるから声をかけてもらって嬉しかったです。例えば韓国で女性と社会を描いた文学がすごく売れていますが、世界的にも、女性の生き方に対して言葉にできないような違和感を持っていた人が多いのだと思います。

それは男性もそうですよね。自分で決めたわけでもない「男らしさ」や「男のルール」の中で生きている人が少なくない。そういうことを、ここ6、7年で見直していこうという時期になってきていると思うんですよね。だからこそ、une nana coolの「女の子、登場」という広告を2017年に作った時は、反響も大きくて、すごく手応えを感じたよね。

千原:そうやね。川上さんにテキストを書いてもらって、僕がアートディレクションしてね。

川上:説明っぽすぎるかなとか、広告としては直接的すぎるかな、と最初は少し思ったんですね。でも私は女の人の体のことを小説でもずっと書いてきているから、下着について何か伝えられるということであれば、凝縮した思いのようなものがあって。サイン会などをやると、「今でも大事にしてる」と言ってチラシを持ってきてくれる方もいますよ。

「私の胸が膨らんできて、初めて下着を着けなきゃいけなくなった時にこの広告があってくれたら、あんな惨めな気持ちで下着を買いに行かなくて済んだのに」って。

千原:それは嬉しいですね。あの広告は、une nana coolがリブランディングするタイミングで、僕たちがこれからこういうテーマでメッセージを発信していきますよっていうステートメントみたいなものだったから。今期は「わたしは、わたしの夢をみる」というコピーで、ビジュアルには女優ののんさんに出てもらいました。

川上:一緒に仕事をしている40歳ぐらいの女性の編集者が、1期と2期の伊藤万理華さんの広告を見てくれた時に、すごく印象的な感想を言ってくれて。「私の胸が膨らんできて、初めて下着を着けきゃいけなくなった時にこの広告があってくれたら、あんな惨めな気持ちで下着を買いに行かなくて済んだのに」って。

川上:そう言われて、私自身もいろんなこと思い出したんですよね。今もそうなのかわかりませんが、私が子どもの頃は、ブラジャーって体の成長に合わせて段階を踏んで選んでいくもので。ワイヤー入りのレース素材みたいなのはお姉さまの下着で、まずはタンクトップを半分にしたような、スポーツブラというのを着けるんです。売り場からしてわかれていて、「いきなりそっちへはいけへん」という感じがありましたね。男の子も白ブリーフからボクサーショーツみたいな移り変わりってありますよね?

千原:ありましたね。最初は白ブリーフで。

川上:あれめっちゃイケてると思うんやけど、あかんの(笑)? 白ブリーフは母親から買い与えられているというコンテクストが付いているから、あれを脱ぐということは自立だって説もありますよね。

千原:自立ですね。白ブリーフって、ゴムのところにめちゃめちゃ滲んだ母親の文字で「千原」とか名前が書いてあったりして、明らかに自分の意思で選んでいない感があるんですよ。

例えばTシャツとかズボンとかも、小学生ぐらいの頃は「テツヤこれ着ぃやぁ」って親に渡されて着てるやんか。でも中学生ぐらいになってくると、友達の中に自分で買う人が出てくるわけですよね。そうなってくると、だんだん体育の着替えの時に白いブリーフを着ているやつが減ってくるわけ。英字の柄とかが入ってるトランクスを履き始めるんです(笑)。

川上:女の子は、お母さんと下着を買いに行っている人が多かった気がするけど、うちは母親が忙しかったから、そういうことも相談できなかったな。姉がいたので、姉の下着を勝手に使って怒られたり。

そういえば、中学生の時に男性の先生から、「男子学生の気がそっちにいってしょうがないからブラジャーは目立たない色にしろ」って言われたことがありましたね。女の子もそれを「エローい」とか言って、受け入れるんですよ。そうやって女の子は、自分の下着や体が、男の人の目によって消費されるものだということを言われているんですね。自分の体が評価付けされて当たり前の中で生きている。

千原:普通に言われ続けているんですね。

川上:個人じゃなくて「女の体」というのがまずあって、その中にスイカの種みたいに自分らがいるっていう感じ。私らは何も変わってないのに、子どもの時から同じように同じ道を歩いているだけなのに、ある時になったら変な人がじっと見てくる。そういう恐怖を感じたことがある人が少なくない。男性でも経験したことがある人はいると思う。

千原:そういう経験は性別問わずあると思いますね。

PROFILE

川上未映子
川上未映子

1976年8月29日、大阪府生まれ。 2007年、デビュー小説『わたくし率イン 歯ー、または世界』が第137回芥川賞候補に。同年、第1回早稲田大学坪内逍遥大賞奨励賞受賞。2008年、『乳と卵』で第138回芥川賞を受賞。2009年、詩集『先端で、さすわ さされるわ そらええわ』で第14回中原中也賞受賞。2010年、『ヘヴン』で平成21年度芸術選奨文部科学大臣新人賞、第20回紫式部文学賞受賞。2013年、詩集『水瓶』で第43回高見順賞受賞。短編集『愛の夢とか』で第49回谷崎潤一郎賞受賞。2016年、『あこがれ』で渡辺淳一文学賞受賞。「マリーの愛の証明」にてGranta Best of Young Japanese Novelists 2016に選出。他に『すべて真夜中の恋人たち』や村上春樹との共著『みみずくは黄昏に飛び立つ』など著書多数。

千原徹也
千原徹也

クリエイティブディレクター/株式会社れもんらいふ代表

広告、ブランディング、CDジャケット、装丁、雑誌エディトリアル、映像など、デザインするジャンルは様々。
アートディレクションの他、 勝手にサザンDAYの主催、ラジオパーソナリティー、れもんらいふデザイン塾の主催、東京ロゴ「キストーキョー」による東京応援プロジェクトなど、さまざまなジャンルへ、活動の幅を広げている。

INFORMATION

イベント情報
『Girlfriends CLUB vol.1~「夏物語」を読んで川上未映子さんと話す、わたしたちの生・性・死のこと~』

2019年11月17日(日)
OPEN 12:30 / START 13:00(15:00 終了予定)
会場:東京都 渋谷ヒカリエ MADO
詳しくはこちら

『川上未映子さんの新作小説「夏物語」の感想を、「#夏物語と私」で届けてください』

投稿方法:
SNS(Twitter・Instagram)で「#夏物語と私」をつけて、感想を投稿してください。
投稿期限:11月15日(金)
投稿テキスト、写真の使用について:
She isの記事の中で引用させていただいたり、「Girlfriends CLUB」(次の項目をご確認ください)のなかでピックアップさせていただく可能性がございます。
作品の感想から、小説を読んで思い出したご自身のエピソードまで、どうか心の声をお聞かせください。
お申し込み

書籍情報
書籍情報
『夏物語』
著者:川上未映子

2019年7月11日(木)
価格:1,944円(税込)
発行:講談社
Amazon

川上未映子、下着を語る「あなたの気持ちもからだもあなたのもの」

SHARE!

川上未映子、下着を語る「あなたの気持ちもからだもあなたのもの」

She isの最新情報は
TwitterやFacebookをフォローして
チェック!

コメントする前に こちらの利用規約
必ずご確認ください

コメント

コメントはMembersのみ行うことができます
Membersについて詳しくはこちら
/ Membersの方のログインはこちら

RECOMMENDED

LATEST

MORE

LIMITED ARTICLES

She isのMembersだけが読むことができる限定記事。ログイン後にお読みいただけます。

MEMBERSとは?

201911-gift

自分が、自分の味方でいられるようなものたち。12月末に、あなたのもとにお届けします。