アートを家に飾る人。小谷実由、小菅くみ、塩谷舞、東佳苗、前田エマ

ハッシュタグで集まった#アートのある毎日 を紹介

SPONSORED:『LUMINE ART FAIR』
テキスト・編集:野村由芽
  • SHARE

「アート作品」と聞いたとき、どのような印象を受けるでしょうか。もしかしたら、「高額なもの」「専門的な世界」「すぐには役に立たないかもしれない……?」。そんなふうに、少し敷居が高い印象もあるかもしれません。だけど、帰り道の花屋で買った季節の草花が目や心を癒やしたり、ひとめぼれしたインテリアや雑貨が居心地のよさや、刺激をもたらしてくれるように、日々の暮らしでアート作品に触れることで、ふだんの自分そのものが更新されたり、リセットされたりすることがあると思うのです。

ルミネでは「アートのある毎日」を提案するプロジェクト「LUMINE meets ART PROJECT」の一環として、10月12日、13日の2日間にわたり、アート作品を購入できるイベント『LUMINE ART FAIR –My First collection-』をLUMINE 0(ルミネゼロ)で開催します。

そのイベントに先立ち、家やアトリエにアート作品を飾っているという5人のShe isのGirlfriendsに、次の質問の回答とともに、アート作品を紹介してもらいました。

1. アート作品を紹介してください。
2. なぜ買ったのですか?
3. 自分にとってアート作品が必要なのはなぜ? アートを買ったり、生活にとりいれる魅力を教えてください。

Instagramで「#アートのある毎日」をつけて投稿してくださった5人もあわせて、10人の「アートのある毎日」をのぞいてみましょう。

p1. 小谷実由さんが紹介するアート作品
p2. 小菅くみさんが紹介するアート作品
p3. 塩谷舞さんが紹介するアート作品
p4. 東佳苗さんが紹介するアート作品
p5. 前田エマさんが紹介するアート作品
p6. 「#アートのある毎日」で集まった作品

アミタマリさんの海の写真/「頭の中に浮かんだものを誰かに伝える物事に具現化するということは、奇跡に近いものだ」(小谷実由)

小谷実由さんが紹介するアート作品

この写真をぼんやり眺めていると人の温かみで飽和されたような空気に包まれる気がする。(続きは小谷実由さんのInstagramの投稿へ)

1.
写真家、アミタマリさんの海の写真。5年程前にアミタさんの個展で購入しました。

2.
旦那さんの古くからの友人のアミタさん、彼女の写真家として強く優しい作品たちを生み出す姿はもちろん、人間性や母親としての姿にとても憧れています。そんな彼女の作品を是非生活の一部にしたかった。

3.
私は何かを生み出す力がある人にとても憧れと尊敬の念を抱いています。頭の中に浮かんだものを誰かに伝える物事に具現化するということは、奇跡に近いものだと思います。そんなものたちを目の当たりにして日々感情を豊かにしたいから、生活にアートが欲しい。

【関連記事】小谷実由と考える、暮らしにアートを求める理由 服と共通する熱量(CINRA.NET)

PROFILE

小谷実由
小谷実由

ファッション誌やカタログ・広告を中心に、モデル業や執筆業で活躍。一方で、様々な作家やクリエイターたちとの企画にも取り組む。昭和と純喫茶をこよなく愛する。愛称はおみゆ。

小菅くみ
小菅くみ

刺繍作家
東京都生まれ。
刺繍ブランド〈EHEHE(エヘヘ)〉の刺繍を中心とした作品を製作する刺繍作家。人物や動物の繊細な表情までを刺繍で表現している。
ほぼ日刊イトイ新聞の“感じるジャム”“おらがジャムりんご”シリーズでは、レシピ製作を担当している。
2017.3 初個展「吾輩の猫である」(京都 誠光社)
2018.6 「NEO.手仕事」
(東京 QUIET NOISE arts and break)
その他多数、グループ展に参加

塩谷舞
塩谷舞

milieu編集長。1988年大阪・千里生まれ。京都市立芸術大学 美術学部 総合芸術学科卒業。大学時代にアートマガジンSHAKE ART!を創刊、展覧会のキュレーションやメディア運営を行う。2012年CINRA入社、Webディレクター・PRを経て2015年からフリーランス。執筆・司会業などを行う。THE BAKE MAGAZINE編集長、DemoDay.Tokyoオーガナイザーなども兼任。

東佳苗
東佳苗

縷縷夢兎(るるむう)デザイナー。1989年福岡県生まれ。全て手作業による一点物商品の製作・販売の傍ら、様々なアーティストやアイドルの衣装デザイン、アートディレクション、空間演出、スタイリスト、キャスティング、MV監督、オーディション審査員等、活動は多岐に渡る。短編映画「Heavy Shabby Girl」(2015)「THE END OF ANTHEM」(2017)「my doll filter」(2017)監督。

rurumu:/縷縷夢兎(るるむう)official(@rurumu_official)さん / Twitter

前田エマ
前田エマ

1992年神奈川県うまれ。2015年春、東京造形大学を卒業。オーストリア ウィーン芸術アカデミーに留学経験を持ち、在学中から、モデル、エッセイ、写真、ペインティング、朗読、ナレーションなど、その分野にとらわれない活動が注目を集める。芸術祭やファッションショーなどでモデルとして、朗読者として参加、また自身の個展を開くなど幅広く活動。現在はエッセイの連載を雑誌にて毎号執筆中。

INFORMATION

イベント情報
イベント情報
『LUMINE ART FAIR -My First collection-』

5万円以下の作品を紹介する「アフォーダブルエリア」、ニューヨークで活躍する若手アーティストの作品を集めた「From New Yorkエリア」、国内有数の11のギャラリーがおすすめ作品をセレクトする「ギャラリーセレクトエリア」の3つのエリアに会場を区分し、アート作品の展示・販売を行う。そのほか、トークショーやライブペインティングの実施や、アートの購入方法や飾り方のアドバイスをしてくれるアートコンシェルジュサービスも。

2019年10月12日(土)11時~19時、10月13日(日)11時~18時
会場:
LUMINE 0(ルミネゼロ)NEWoMan SHINJUKU 5F
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目24‐55
アクセスマップはこちら

料金:無料
出展ギャラリー:
hpgrp GALLERY TOKYO
TOMIO KOYAMA GALLERY
GALLERY KOGURE
EINSTEIN STUDIO
HARMAS GALLERY
s+arts
EUKARYOTE
LAD Gallery
KOMIYAMA TOKYO
Röntgenwerke AG
TEZUKAYAMA GALLERY

アートを家に飾る人。小谷実由、小菅くみ、塩谷舞、東佳苗、前田エマ

SHARE!

アートを家に飾る人。小谷実由、小菅くみ、塩谷舞、東佳苗、前田エマ

She isの最新情報は
TwitterやFacebookをフォローして
チェック!

コメントする前に こちらの利用規約
必ずご確認ください

コメント

コメントはMembersのみ行うことができます
Membersについて詳しくはこちら
/ Membersの方のログインはこちら

RECOMMENDED

LATEST

MORE

LIMITED ARTICLES

She isのMembersだけが読むことができる限定記事。ログイン後にお読みいただけます。

MEMBERSとは?

201912-gift

自分が、自分の味方でいられるようなものたち。わたしたちのままならないこころやからだを包むもの。