川上未映子からあなたへ。見せかけの言葉にどうか騙されないで

川上未映子からあなたへ。見せかけの言葉にどうか騙されないで

『夏物語』30名限定トークレポ。出産、ママ友、本当のキャリア

テキスト:阿部洋子 撮影:内田咲希 編集:野村由芽
  • SHARE

「未映子さん、子どもを産んだほうがいいですか?」と聞かれたときは、本当に困ってしまうんです。

野村:出産とひとことで言ってもそこにはさまざまな局面があって、悩んでいる方は本当に多いと思いますし、その理由もそれぞれですよね。

川上:30歳前後や30代後半の読者の方から「どうしたらいいですか?」ってよく聞かれるの。でも、この質問への回答は本当に難しいですよね。多くの人が「結婚して妊娠して出産する」というのを当たり前だと思っているけれど、考えれば考えるほど全然当たり前じゃないんだよね。

「でも未映子はやったじゃんか」と感じる人もいると思うのですが、自分の人生にレアなことが起こったっていう実感がすごくあるんです。当たり前のこととしてではなく、いくつかの偶然と、それについて考えてきたことの蓄積が重なった──そんな出来事だったと思う。

川上:だから、どうして今だに当たり前のように「女は◯歳になったらこうするべき」と思っている人が多いのか、社会がそうなっているのかが分からない。今は夫婦のどちらかに経済を任せて、どちらかが家の中のことをするという分担も成り立たないわけですよね。ひとりで家族3人とか4人分の経済を担うことはもうできない。そうすると、夫婦の両方が働くことになる。

女性は子どもを産むことで、継続して仕事をすることへのハンデを負うからサポートが必要。けれど社会状況は変わらないので男性が育児に参加できない。女性の負担は、ひとりで生きていたときの何倍にもなります。「女の人もしっかり稼げ! でも子どもは産みなよ!」というOSができつつあり、でも男の人たちがいる会社の論理は変わらない。どないしたらええんねん、って本当に思うよ。

想像上の結婚とか出産とか、母親になることと、現実にはすごいギャップがある。私も完全にそうだった。だから「未映子さん、子どもを産んだほうがいいですか?」と聞かれたら、本当に困ってしまう。その人個人の環境に拠るところが大きいんです。たとえば実家が太いかどうかといったことから、パートナーの性格に至るまで。

野村:質問の中に、「結婚や出産はいつか自分の身に起こることだと思っていたんだけど、実はそうではないのかも」という声もありました。

川上:入学式とか卒業式とかみたいな感じで、結婚や出産が「訪れるものだ」っていう時代があったんだよね。今作の主人公である夏子は、子どもを欲しいと思うけれど、収入も不安定だし、アセクシャルとはっきり書いてはいませんが、誰かとセックスすることへの欲求もほとんどありません。つまり、いわゆる親になる条件を、ほとんど満たしてないんだよね。

『夏物語』は、そういう状況の中でも、妊娠出産を通して特別な誰かに会ってみたいと思ったときに、女の人が誰にも欲望されずにひとりきりで親になることができるのか、ということを問いかけた小説です。それをSFや寓話的に書くこともできたけれど、読んだ人がリアリティを持って「実践できるかもしれない」と思えるように、私は絶対にリアリズムで書きたかった。2019年の今、女の人は何かを決めるときにどう行動し、何を考えるのかということをしっかり書いておきたかったんです。

PROFILE

川上未映子
川上未映子

1976年、大阪府生まれ。 2007年、デビュー小説『わたくし率イン 歯ー、または世界』が第137回芥川賞候補に。同年、第1回早稲田大学坪内逍遥大賞奨励賞受賞。2008年、『乳と卵』で第138回芥川賞を受賞。2009年、詩集『先端で、さすわ さされるわ そらええわ』で第14回中原中也賞受賞。2010年、『ヘヴン』で平成21年度芸術選奨文部科学大臣新人賞、第20回紫式部文学賞受賞。2013年、詩集『水瓶』で第43回高見順賞受賞。短編集『愛の夢とか』で第49回谷崎潤一郎賞受賞。2016年、『あこがれ』で渡辺淳一文学賞受賞。「マリーの愛の証明」にてGranta Best of Young Japanese Novelists 2016に選出。他に『すべて真夜中の恋人たち』や村上春樹との共著『みみずくは黄昏に飛びたつ』、短編集『ウィステリアと三人の女たち』など著書多数。『早稲田文学増刊 女性号』では責任編集を務めた。最新刊『夏物語』は第73回毎日出版文化賞を受賞、また世界十数カ国で翻訳が決定している。『文藝別冊 川上未映子』が好評発売中。

INFORMATION

書籍情報
書籍情報
『夏物語』

著者:川上未映子
2019年7月11日(木)
価格:1,944円(税込)
発行:文藝春秋
Amazon

川上未映子からあなたへ。見せかけの言葉にどうか騙されないで

SHARE!

川上未映子からあなたへ。見せかけの言葉にどうか騙されないで

She isの最新情報は
TwitterやFacebookをフォローして
チェック!

コメントする前に こちらの利用規約
必ずご確認ください

コメント

コメントはMembersのみ行うことができます
Membersについて詳しくはこちら
/ Membersの方のログインはこちら

RECOMMENDED

LATEST

MORE

LIMITED ARTICLES

She isのMembersだけが読むことができる限定記事。ログイン後にお読みいただけます。

MEMBERSとは?

202010-gift-myself04

haru.さんが設立したHUGから「ご自愛」をテーマにしたオリジナルプロダクトが登場