川上未映子からあなたへ。見せかけの言葉にどうか騙されないで

川上未映子からあなたへ。見せかけの言葉にどうか騙されないで

『夏物語』30名限定トークレポ。出産、ママ友、本当のキャリア

テキスト:阿部洋子 撮影:内田咲希 編集:野村由芽
  • SHARE

どんどん面倒な人になっていけばいい。

野村:例えば未映子さんの小説だと、夫婦間で男性と女性の序列が生まれてしまうような「旦那」や「嫁」という言葉に対しても細心の注意が払われていますよね。息子さんの、いわゆるママ友みたいなコミュニティではどうされているんですか?

川上:オール主人です、オールご主人(笑)。

野村:(笑)。みなさま「主人」とおっしゃっているということですね。今日ここに来られている方の中にも、例えばそういう言葉の使い方も含め、日常会話で違和感を感じた時にどうしたらいいか悩んでる方もいると思います。

川上:そうですね。でも私は、やっぱり気になったことは、そのつど言います(笑)。以前、私が朝日新聞で「もう主人という言葉を使うのははやめよう」と言っていたのを読んでくれた人がいて、ランチ会のときに他の人が「主人、主人」って言っていたら、その人が「大丈夫ですか、いけますか」みたいな感じで私の顔を見て、すごく気を使ってくれて(笑)。でもはっきり言うよ、「主人」なんて言葉を配偶者に使うのは良くないと思っていると。

野村:いろいろな考えを持っている、あるいはまだ考えたことがなかった方も含めて、みなさんの前ではっきりおっしゃったんですね。

川上:もちろんだよ。それ以外にもたまにママたち同士でお酒とか飲むときがあるじゃん、たとえば女の子をモノ扱いしてる表象がいかに愚劣か、みたいなことも言うわけ。そうすると「でも、男の子がいやらしくなければ人類が続いていかなくない?」とか「男の子はそれくらい元気がないと困る」みたいに言われて、その瞬間から2時間くらい白目だよね。そんな認識に加担できるわけないから、私はぜったいに流さない。「いや、それまったく違うから」って根気よくやってたんだけど、気づいたらまわりから人がいなくなっていた(笑)。作家ってすごく面倒な人間なんだと思われて、私の第一期ママ友はほぼいなくなったよ。

野村:ある気づきを口に出したことが「めんどくさい」という反応を呼んでしまうことに対して、その溝とどう接したらいいのか、という悩みはありますよね……。

川上:その人の性格にもよるし、ストレスにもなるよね。でも、そんな価値観に合わせて、白目むきながらニコニコしてるほうがヤバいでしょ。どんどん面倒な人になっていけばいい。べつにこっちが正しくて、言い負かそうって話じゃない。自分の頭で考えてみたら、って話をしているだけ。あれもこれも古い世代でまかり通ってたことに、わたしたちはもう黙らないって話ですよ。あらゆる差別を許さないってだけのことです。

PROFILE

川上未映子
川上未映子

1976年、大阪府生まれ。 2007年、デビュー小説『わたくし率イン 歯ー、または世界』が第137回芥川賞候補に。同年、第1回早稲田大学坪内逍遥大賞奨励賞受賞。2008年、『乳と卵』で第138回芥川賞を受賞。2009年、詩集『先端で、さすわ さされるわ そらええわ』で第14回中原中也賞受賞。2010年、『ヘヴン』で平成21年度芸術選奨文部科学大臣新人賞、第20回紫式部文学賞受賞。2013年、詩集『水瓶』で第43回高見順賞受賞。短編集『愛の夢とか』で第49回谷崎潤一郎賞受賞。2016年、『あこがれ』で渡辺淳一文学賞受賞。「マリーの愛の証明」にてGranta Best of Young Japanese Novelists 2016に選出。他に『すべて真夜中の恋人たち』や村上春樹との共著『みみずくは黄昏に飛びたつ』、短編集『ウィステリアと三人の女たち』など著書多数。『早稲田文学増刊 女性号』では責任編集を務めた。最新刊『夏物語』は第73回毎日出版文化賞を受賞、また世界十数カ国で翻訳が決定している。『文藝別冊 川上未映子』が好評発売中。

INFORMATION

書籍情報
書籍情報
『夏物語』

著者:川上未映子
2019年7月11日(木)
価格:1,944円(税込)
発行:文藝春秋
Amazon

川上未映子からあなたへ。見せかけの言葉にどうか騙されないで

SHARE!

川上未映子からあなたへ。見せかけの言葉にどうか騙されないで

She isの最新情報は
TwitterやFacebookをフォローして
チェック!

コメントする前に こちらの利用規約
必ずご確認ください

コメント

コメントはMembersのみ行うことができます
Membersについて詳しくはこちら
/ Membersの方のログインはこちら

RECOMMENDED

LATEST

MORE

LIMITED ARTICLES

She isのMembersだけが読むことができる限定記事。ログイン後にお読みいただけます。

MEMBERSとは?

talkroom01

She isのMEMBERSが参加できるTALK ROOM。まずは自己紹介トピックからどうぞ