第十三回:生活にあう・夏<iai>(前編)

今日の天気、穫れる野菜。生活から生まれるiaiの服

連載:前田エマ、服にあう
テキスト:前田エマ 編集:野村由芽
  • SHARE

京都の山奥の小さな村で、畑を耕し、住まいを造り、そして服をつくるファッションブランド<iai>。<iai>の服をつくるタイキくんは、妻であるアイちゃんと娘のシグサちゃん、そして3匹のヤギ達と共に暮らしている。今日の天気、穫れる野菜、木々や花々の声に耳を傾け、日々の生活のなかで生まれる<iai>の服。去年の冬に、彼らの暮す村へお邪魔したときは、見渡す限りの雪景色だった。

第五回:生活にあう<iai>(前編)
第六回:生活にあう<iai>(後編)

2019年の夏、彼らが少し変わった場所で展示会をするというので、再び<iai>へ会いに、京都の奥のほうへ行ってきた。

まず(前編)では、展示会の様子を写真でお届けします。

i a i exhibition “ 光々凡々 ”

2019.9.13(Fri)-9.15(Sun)/10:00-16:00
-元伊勢外宮豊受大神社 神楽殿-

豊受大神社は元伊勢外宮(げくう)ともよばれ、天田内集落にほど近い舟岡山の山頂にある。
境内は、本殿とこれに接する拝殿を中心に、四方に別宮として多賀・月読・士・風の各神社が祀られ、
会場となる神楽殿はこの一廓より少し低く、表側参道沿いに建っています。

樹齢千年をこえる木々たちが呼吸に寄り添ってくれるこの場所は
五年前に移住した頃
はじめて足を踏みいれた時の感触が心地よかったこと
そして、人にそう遠くないところと感じとれ
僕はこの場所がつくりだす明るい匂いが好きになった。

そんな心入れのある場所を自分の手で綺麗に掃除して
衣服を並べて皆さまを迎えられる日が待ち遠しいです。

iaiのInstagramより

PROFILE

前田エマ
前田エマ

1992年神奈川県うまれ。2015年春、東京造形大学を卒業。オーストリア ウィーン芸術アカデミーに留学経験を持ち、在学中から、モデル、エッセイ、写真、ペインティング、朗読、ナレーションなど、その分野にとらわれない活動が注目を集める。芸術祭やファッションショーなどでモデルとして、朗読者として参加、また自身の個展を開くなど幅広く活動。現在はエッセイの連載を雑誌にて毎号執筆中。

Iai 居相大輝

1991年京都生まれ。
独学で服作りを始め、パターンを用いず直感的に“一点服”を制作している。
2015年より、京都府内の10戸28人が暮らす小さな山村に拠点を置き、活動中。
草木土染めや、村のおばあちゃんの手仕事など、土地や山の恩恵を受けて日々服作りをしている。

INFORMATION

第十三回:生活にあう・夏<iai>(前編)

SHARE!

第十三回:生活にあう・夏<iai>(前編)

She isの最新情報は
TwitterやFacebookをフォローして
チェック!

コメントする前に こちらの利用規約
必ずご確認ください

コメント

コメントはMembersのみ行うことができます
Membersについて詳しくはこちら
/ Membersの方のログインはこちら

RECOMMENDED

LATEST

MORE

LIMITED ARTICLES

She isのMembersだけが読むことができる限定記事。ログイン後にお読みいただけます。

MEMBERSとは?

talkroom01

She isのMEMBERSが参加できるTALK ROOM。まずは自己紹介トピックからどうぞ