吉澤嘉代子、夢のなかで恋をする。現実世界に作用する夢の力とは

吉澤嘉代子、夢のなかで恋をする。現実世界に作用する夢の力とは

夢の住人に恋をし、曲を生む。#いつかの夢日記の紹介も

2019年3・4月 特集:夢の時間
SPONSORED:アロマリッチ
インタビュー・テキスト:飯嶋藍子 撮影:田中一人 編集:竹中万季 ヘアメイク:池田奈穂 フラワーアレンジ:大橋桃子 イヤリング提供:圓子槙生
  • SHARE

昔、夢のなかで恋をした人がいるんです。

—夢のなかの登場人物たちとコミュニケーションが取れるんですね。さきほど「夢は自分が見せているもの」とおっしゃっていましたが、夢のなかでは登場人物たちのことを完全に他者として意識しているんですか?

吉澤:そうですね。頭では自分が見せているものだってわかっているんですけど、自分の語彙力や思考スピードでは追いつかないような話し方をする人が出てくるんです。自分の思考を超えてしまっているから、他者として認識してしまうんですよね。

—夢のなかに出てくる自分ではない誰かから、現実で影響を受けたりすることも多いですか?

吉澤:子どもの頃から夢が自分の生き方を左右してきたところもあって、例えば、魔女にさらわれる夢を見たのがきっかけで魔女修行を始めてみたりもしていました。幼稚園の頃に、夢のなかに出てきた人をこれから出会う人だと信じて、「あ、この人かも!」って思った子を木陰に呼び出して「夢のなかに出てきた人だよね?」って聞いたら、あしらわれたこともあります(笑)。夢が曲になることも結構あるんです。

—どのような流れで曲にしていくのでしょうか?

吉澤:昔、夢のなかで恋をした人がいるんですけど、じつはそれがさっきのアカサタシワラクタさんで。実際に存在する誰かが姿を変えて夢に現れたんじゃないかって妄想をしたときに、ものすごく切なくなるんです。生きている世界が別だから結ばれることはもちろんないけれど、「運命の人ってこういうことなんじゃないの?」って思ったりもして。その妄想が止まらずに“運命の人”という曲を書きました。あと、夢のなかでメロディーがずっと流れていて、起きてからすぐICレコーダーに録音して歌詞をつけた“ぶらんこ乗り”って曲があったり、夢は現実にも作用していますね。

—夢と現実、それぞれの世界が隔絶されているというよりも、地続きの感覚があるんですね。

吉澤:そうですね。パラレルワールドみたいなものというか、ただ寝ているときに存在しているだけの世界じゃないと思っています。目で見るだけでなく、メロディが聴こえたり、触覚を感じることもあるから。みなさんの夢だと、Instagramストーリーできていた「12歳の夏、死んだ母親に抱きしめられる夢を見ました。夢で匂いを感じたのはそれが最初で最後」という夢が気になりました。夢のなかで匂いや味覚はあんまり感じたことがないなって。この文章を見るだけですごく特別な夢だったんだろうなと感じます。それを教えてくれたのが嬉しいですね。

私の心の奥にも、そんなうつくしい景色があることを信じてみたいと思って、歌詞を書きました。

—“一角獣”も夢から影響された曲だそうですね。

吉澤:はい。朝起きてカーテンを開けたら窓の外が海で、ジュゴンがきらきらと泳いでいてすごく綺麗だったっていう夢で。二年前のおなじ日に飼っていた犬が死んだので、うつくしい夢を見せてもらえたような気がして、それを映像作家の外山光男さんに伝えたら、「うつくしい夢がどうか吉澤さんの一番素直のものです」というお返事をくださって。私の心の奥にも、そんなうつくしい景色があることを信じてみたいと思って、<あなたが見せてくれた夜明けの夢は わたしの心のいちばん綺麗な場所 一角獣鳴いたら迎えにきてよ ゆめの中ひとりぼっちのわたしは ずっとあなたに会いたい>という歌詞を書きました。

—夢とは関係のない曲を書かれることももちろんあると思うのですが、つくっているときの手触りは違いますか?

吉澤:夢から影響を受けた曲は、本来ならば自分の胸の奥だけに秘めている景色を切り取ってしまったというか、自分のために書いちゃったんじゃないかなって不安になることがあって。夢って、ものづくりのように作為的じゃないし、自分が人に見せようと思って生んだ完成品ではないから、仕事としてそれを切り取るのはいいのかなって感じることはあります。

—でも、夢でも現実でも、吉澤さんという同じ身体から生まれている、という意味ではどちらも同じですよね。

吉澤:たしかに。そう考えると、他者に見せる意識があって生まれたかどうかの違いだけなのかもしれないです。どちらの作品の生み出し方も好きなんですが、むきだしなものよりも自分のなかで洗練していったものを届けるほうがかっこいいなと思っているので、いまは現実の自分から生まれた音楽のほうが好きかな。

PROFILE

吉澤嘉代子
吉澤嘉代子

1990年、埼玉県川口市生まれ。鋳物工場育ち。
ヤマハ主催「Music Revolution」でのグランプリ・オーディエンス賞のダブル受賞をきっかけに2014年メジャーデビュー。
バカリズム作ドラマ「架空OL日記」の主題歌として「月曜日戦争」を書き下ろす。2ndシングル「残ってる」がロングヒットする中、2018年11月7日に4thアルバム『女優姉妹』をリリース。

INFORMATION

関連情報
関連情報
SLEEP WITH MY AROMA BY AROMA RICH

世界にひとつだけのオリジナルデザイン・ルームウェア&ランドリーボトルをプレゼントするキャンペーン。このキャンペーンに参加した方に、She isが編集した「夢」をテーマにした小冊子もプレゼントすることになりました。ここでしか読むことができない、吉澤嘉代子さんに特別に書き下ろしていただいた「よい夢を見るための詩」のほか、彼女が選んだ「よい夢を見るために読みたい3冊」も紹介。

<当選ギフト>
オリジナルルームウェア&ランドリーボトル:200名様
ランドリーボトル:1000名様

<応募期間>
2019年2月1日(金)〜3月31日(日)
SLEEP WITH MY AROMA|アロマリッチ
吉澤嘉代子さんの詩をプレゼント。「夢」をテーマにした小冊子

あなた好みの香りが長続き 柔軟剤アロマリッチ

アロマリッチは、天然アロマオイル配合の奥深い香りが心まで届くアロマ柔軟剤です。奥深く上質な香りとの相性を追求した新・アロマカプセルを配合。動きにあわせてカプセルがはじけ、1日中やさしく香り続けます。

あなた好みの香りが長続き 柔軟剤アロマリッチ | ライオン
柔軟剤のソフラン公式アカウント (@Soflan_Official) | Twitter

リリース情報
リリース情報
吉澤嘉代子
『女優姉妹』(CD)

2018年11月7日(水)発売
価格:3,024円(税込)

1. 鏡
2. 月曜日戦争
3. 怪盗メタモルフォーゼ
4. 女優
5. ミューズ
6. 洋梨
7. 恥ずかしい(新録)
8. よるの向日葵
9. 残ってる
10. 最終回

Amazon

吉澤嘉代子、夢のなかで恋をする。現実世界に作用する夢の力とは

SHARE!

吉澤嘉代子、夢のなかで恋をする。現実世界に作用する夢の力とは

She isの最新情報は
TwitterやFacebookをフォローして
チェック!

コメントする前に こちらの利用規約
必ずご確認ください

コメント

コメントはMembersのみ行うことができます
Membersについて詳しくはこちら
/ Membersの方のログインはこちら

RECOMMENDED

LATEST

MORE

LIMITED ARTICLES

She isのMembersだけが読むことができる限定記事。ログイン後にお読みいただけます。

MEMBERSとは?

202002-tattoo03

自分だけのお守りを体のどこかに忍ばせて