haru.、EMILY WEEK、She is選。
ブルーデイに贈る10曲

#helloperiodが選んだ生理の日のための10曲

テキスト:haru.、柿沼あき子、野村由芽、竹中万季 編集:竹中万季
  • SHARE

『HIGH(er) magazine』編集長のharu.さんと、生理週間を軸に女性のバイオリズムに寄り添うライフデザインを提案する「EMILY WEEK」、She isでサニタリーショーツを開発するプロジェクト「#helloperiod」がスタート。それぞれに寄せられたブルーデイの悩みと向き合いながら、気持ちよさとファッション性に配慮したサニタリーショーツをつくっていきます。できあがったショーツは、11月にEMILY WEEKの各店舗にて発売するほか、She isのギフトでもお届け予定です。

この「#helloperiod」のメンバーで、生理のときに聴きたくなる曲を集めたプレイリストをつくってみました。気持ちを前向きにさせてくれる曲、いまの自分を認めてあげられるような曲、優しく包み込んでくれる曲。ブルーデイの過ごし方はさまざま、いまの気分に寄り添う一曲を見つけていただけたらうれしいです。

2019年6月24日(月)20:00からShe isのInstagramにて、このプレイリストをつくったharu.さんとEMILY WEEKの柿沼あき子さん、She isの野村由芽・竹中万季で生理やPMSなどブルーデイにまつわるあれこれをおしゃべりする予定なので、ぜひInstagram Liveを覗いてみてくださいね。


Spotifyで聴く

01:CHARA “ミルク”

どうしても塞ぎ込んでしまったりうまくいかない時も
自分への肯定を促してくれる優しい曲。
(EMILY WEEK 柿沼あき子)

02:宇多田ヒカル “BLUE”

這い上がれることを知りながらもブルーになるって
自分にとって大切で贅沢な時間だと思う。
(haru.)

03:宇多田ヒカル “パクチーの唄”

パクチーはすこし嫌われものだ。
だけど、宇多田ヒカルがうたうように、パクチーは、名前がかわいい。
口ずさんでみるとやや軽やかな気分になってくる。
<パクチーぱくぱく パクチーぱくぱく>
そして続く歌詞をみてみよう。
<嘘が下手で優しいの><どんより雨の日だって必要と教わったね>
なんだか自分のことかもしれない。
パクチー、君のこと嫌いになんてなれないよ。
こんな日の私のことも、嫌いになんてなれないよ。
(She is 野村由芽)

04:Yohuna “Rain & Prairie Snow”

優しい歌声と幻想的なメロディー。
全ては自然の中の一部なのだと感じる一曲。
(EMILY WEEK 柿沼あき子)

05:カネコアヤノ “祝日”

<お腹が痛くなったら 手当てをしてあげる 嫌われないように 毎日不安にならないようにしている>
冒頭の歌詞がじんわりと心の薬のように効いていきます。
なんでもない日常にも祝日を。
(EMILY WEEK 柿沼あき子)

06:Molly Nilsson “Hey Moon!”

女性の月経周期の平均と月齢の一周期はほとんど同じとのこと。
この曲を聴きながら「Hey Moon!」と月を思えば、
わたしたちも自然の一部なんだなって気持ちになる。
(She is 竹中万季)

07:girlpool “Stale Device”

日常的な憂鬱をドリーミーに歌い上げる、
寄り添いながら気持ちを前向きにしてくれる一曲。
(EMILY WEEK 柿沼あき子)

08:鈴木真海子 “Blue”

今日はいつもより少しだけ優しくしてください。
って伝えるときの真海子ねえさん。
(haru.)

09:Jakob Ogawa “Perfect Sweet Blue”

泣き疲れて寝落ちしちゃった時みたいな曲。
泣いたあとにおすすめ。
(haru.)

10:畠山地平 “Calm Sea”

穏やかな海が優しく包んでくれるような曲。
(EMILY WEEK 柿沼あき子)

PROFILE

haru.
haru.

同世代のアーティストやクリエイターを中心に制作されるインディペンデントマガジン『HIGH(er)magazine』の編集長(なんでも屋)を務める。『HIGH(er)magazine』は「私たち若者の日常の延長線上にある個人レベルの問題」に焦点を当て、「同世代の人と一緒に考える場を作ること」をコンセプトに毎回のテーマを設定している。ファッション、アート、写真、映画、音楽などの様々な角度から切り込む。

柿沼あき子
柿沼あき子

「EMILY WEEK」ブランドコンセプター。2009年に女子美術大学絵画学科を卒業後、同年にベンチャー企業へWEBディレクターとして就職。その後WEBプロモーション企業を経て、2014年(株)ベイクルーズへWEB販促プランナーとして入社。同社の社内新規事業として、生理週間を軸に女性のバイオリズムに寄り添うライフデザインを提案するブランド「EMILY WEEK」を提案し2017年9月に事業化。現在は「EMILY WEEK」にてWEB PR、バイイングなども担当。

INFORMATION

イベント情報
『#helloperiod Instagram Live』

2019年6月24日(月)20:00~21:00(予定)
Instagram Liveで#helloperiodプロジェクトのメンバーであるharu.と柿沼あき子(EMILY WEEK)、野村由芽・竹中万季(She is)が生理にまつわるあれこれをおしゃべりします。She isのInstagram Liveをぜひチェックしてみてくださいね。
sheis_jp - Instagram

haru.、EMILY WEEK、She is選。ブルーデイに贈る10曲

SHARE!

haru.、EMILY WEEK、She is選。
ブルーデイに贈る10曲

She isの最新情報は
TwitterやFacebookをフォローして
チェック!

コメントする前に こちらの利用規約
必ずご確認ください

コメント

コメントはMembersのみ行うことができます
Membersについて詳しくはこちら
/ Membersの方のログインはこちら

RECOMMENDED

LATEST

MORE

LIMITED ARTICLES

She isのMembersだけが読むことができる限定記事。ログイン後にお読みいただけます。

MEMBERSとは?

201907-bathsalt2

ジャスミン、ヒヤシンス、シクラメン、美しい香りに甘やかされて