不安や緊張から自分を助けてくれる、23人のお守りとおまじない

不安や緊張から自分を助けてくれる、23人のお守りとおまじない

根性だけで解決しない。素直に弱さを伝える。深呼吸。

2019年11・12月 特集:生理現象をおもいやる
テキスト:野村由芽 イラスト:カシワイ 編集:野村由芽、齋藤萌慧
  • SHARE

生きているわたしたちには、心身に波があります。だからふとしたトリガーで不安になってしまったり、ここで緊張したくないな……というときに緊張してしまったり。そんな日々を乗りこなすには、どんなときに不安や緊張がやってくるのかを観察したうえで、自分なりの対処法を見つけることが、「今日は大丈夫だった」という体験を手にできるひとつの方法なのかもしれません。そう考えて、She is の特集「生理現象をおもいやる」の一環として、次の2つの問いかけをShe isのGirlfriendsにおこない、23人の方にお答えいただきました。

1.どんなときに不安になったり、緊張したりするか

2.不安になってしまったとき、緊張するときにどのような方法が自分を助けてくれるか?(心理的な解決策でも、具体的な解決策でもかまいません)

不安や緊張といっても、そのトリガーも、それを助けてくれる方法も、人の数だけあるはずです。ここにあるのはたったひとつの答えではなく、ひとりひとりを救ってきた、おまもりや、おまじないのような方法たちです。そのなかに、あなたに寄り添うものがあるかもしれませんし、そして、自らの内なる波に向き合うきっかけになれば嬉しいです。

<もくじ>
p1.燈里さん、いとうひでみさん、植本一子さん、櫻子さん
p2.エミリーさん、遠藤麻衣さん、カトートシさん、楠田ひかりさん、小泉綾子さん、後閑麻里奈さん、小林真梨子さん
p3.ソノダノアさん、さやはさん、チーム未完成・砂糖シヲリ、つめをぬるひとさん、七さん、羽佐田瑶子さん
p4.花田菜々子さん、古本実加さん、森陽里さん、山浦のどかさん、吉野舞さん、2.417cさん

何度でも自分を許し、何度でも最初からやり直す

燈里さん

1.
私は2015年からバセドウ病の治療中なので、甲状腺ホルモンが不安定です。感情が安定せず神経過敏になったり、リラックスできずに苛立つことがよくあります。その影響で、特に具体的な要因がなくても日常的に不安や緊張を感じます。

2.
学部生の時、授業に遅刻して広いキャンパス内をハイヒールで走っていたら、転んで膝を擦り剥いて、学内の病院に寄ったことがありました。その時にお医者さんが私の膝を丁寧に手当てしながら話して下さったことを覚えています。「あなたのその目、バセドウ病でしょう? 私も昔バセドウ病に罹って治るまで3年かかったの。私達きっと似た者同士よ、見れば分かる。子供の頃からヘルペスや突発性難聴になるでしょう? 完璧主義で勝負に強い、一方で情熱に夢中になりすぎてストレスが病気として体に出てしまう。自分に向く矢印を感じてね、攻撃か癒しか。免疫が強すぎると私達自身を傷付けることもある。自分に怒りの矛先を向けないで」。

バセドウ病を早く治して安定した精神状態を得たいと願う一方で、西洋医学のお医者さんに注意されても、私は薬や血液検査を忘れてしまいます。東洋医学のお医者さんの忠告に反して、酒も煙草も珈琲も海藻も止められません。規則正しい生活習慣の重要性を知りながら、徹夜したり夜出かけ、翌日遅刻して相変わらずハイヒールで走って転んでいます。不安や緊張に囚われ弄ばれます。それでも毎回何度でも自分を許し、何度でも最初からやり直します。
不安だったり緊張する時、繰り返し自分に話しかけます。弱いのも強いのもどちらも私である。弱い部分は弱いまま変えず抱き抱えていたい。強い部分はもっと強くしたい、もっと激しくもっと獰猛に、極限まで。

芸人さんのラジオを聴くと、笑えてリラックスできたり、不安が馬鹿馬鹿しくなる

いとうひでみさん

1.
ねむる直前、突然不安に襲われることがあります……!
自分はこのままで良いのだろうか?どうしてこんなにダメなのかしら? 等……
大概身も蓋もない漠然としたことです。

2.
お気に入りの芸人さんのラジオを聴くと、笑えてリラックスできたり、不安が馬鹿馬鹿しくなったりして、とても助かっています。

とにかく「今・ここ」に集中する

植本一子さん

1.
不安になる時はだいたい「見捨てられ不安」が発動している時だと最近わかりました。

2.
とにかく「今・ここ」に集中することにしています。頭が不安でいっぱいになっている時は、脳みそがのっとられているようなものなので、自分には体があるということに集中する。なかなか難しいことですが、頭を動かすのではなく、体を動かす。いてもたってもいられなくて、自転車で走ってみたら急にどうでもよくなった、ということはよくあります。

心と体はそれぞれ切り分けてアプローチするように心がける

櫻子さん

1.
朝、カラダだけが目覚めず、まぶたが重いとき/なんとなく、どこか体調が優れないようで、持て余している瞬間。

2.
気持ちに波がある時期を細々メモしていくと、多忙が原因だったり、睡眠時間や食生活にムラが強いときに乱れることが多いので、心と体はそれぞれ切り分けてアプローチするように心がけます。

気持ちを回復させるためには音楽や、読書、映画鑑賞、外出など。ゆとりを持って時間をかけてじっくり。

体調は極力フラットになるように調整します。体が固く冷え込んでいるならまずは首、手首足首をしっかり保温(ポカポカしてきます!)。炎症気味になっていたり、なんだか熱っぽいならば、きちんと冷ます。

カラダへのアプローチは感情より即効性があるので、物理的に治しにかかるほうが、結果的に気分も連動して回復しています。忙しい時はとにかくカラダへのアプローチに絞ってみるのも良いかもしれません。

私のとっておきは、東洋医学では「陰陽水」とよばれるもの。水と白湯を1:1で割り、塩をひとつまみ入れるとすこぶるにマズい水の出来上がり。しかし朝イチに一杯飲んでおくと、どうしてだか体の冷えは治まり、また緊張はほぐれ、火照りは落ち着く、調子をフラットにさせる魔法のバランサー。ちなみに具合が良い時に陰陽水を飲むと、あんまりマズさを感じないのも不思議です(どこでも作れるのも頼もしいポイント)。

INFORMATION

イベント情報
小寺しお+小泉綾子 ユニット展『クリーンルーム"P"』

2020年3月27日(金)~4月1日(水)
会場:東京都 新宿眼科画廊

不安や緊張から自分を助けてくれる、23人のお守りとおまじない

SHARE!

不安や緊張から自分を助けてくれる、23人のお守りとおまじない

She isの最新情報は
TwitterやFacebookをフォローして
チェック!

コメントする前に こちらの利用規約
必ずご確認ください

コメント

コメントはMembersのみ行うことができます
Membersについて詳しくはこちら
/ Membersの方のログインはこちら

RECOMMENDED

LATEST

MORE

LIMITED ARTICLES

She isのMembersだけが読むことができる限定記事。ログイン後にお読みいただけます。

MEMBERSとは?

202012gift_erumico

赤澤えるさんとSHE IS SUMMERのMICOさんをお招きしたトークイベント