詩「プラネタリウムを辞める」「繋ぐ」/大崎清夏

特集「癒やしながら」に寄せた6人の詩と短歌

2020年7・8月 特集:癒やしながら
詩:大崎清夏
  • SHARE

「プラネタリウムを辞める」大崎清夏

Iさんがプラネタリウムを辞めた。雨の
降っている日だった。毎朝いちばん早く起きた
人が空を見ていい天気かわるい天気か決める街でその日はわるい
ということになっていたけれど、雨はわるくないことを誰も
わるくないことをIさんは知っていた。誰も
わるくなく雨もわるくなくてもプラネタリウムの仕事を
辞めなくてはならなくなることもあるのだった。地球
以外の星から見れば、蠍座は蠍の形をしていない。
でもほんとうは地球から見ても蠍の形なんてしていない
ことをIさんは知っていた。

五千年も昔に誰かが放った想像上の蠍を、私たちはいまも
たいせつに養っている。プラネタリウムには蠍の物語が
いつでも取りだせるよう密封してある。
Iさんは傘をさした。
傘の表面にばらばらと落ちてきた水滴をつなげると鳩座だった。
あっちにもこっちにも鳩座ができた。鳩たちの羽が濡れていた。
天体は運行していた。樹木も菌も恋人たちも等圧線も地表も
すべては動いていた。感覚器では察知できないものの名前を
私たちは学び続ける。
Iさんは水滴を振りはらった。
ららららっと鳩が飛びたった。

「繋ぐ」大崎清夏

あなたの声は震えています。
会えないからじゃなく 届いてしまうから。
自由なのに 寂しいとばれてしまうから。
わたしの声はあなたを
甘やかしてしまうと思います。
真夜中にしずもるパン種のように
ふちふちの多孔質の構造をもち
親指のかわりにあなたの眉を
触ってあげると思います。

食べなさい泣きなさい。
生き延びろ生き延びろ。

わたしの声にはどうも
意味が付着してしまうけれど
もう今晩は仕事は止めにして
主張も弾劾も抵抗も止めにして
(あ、ちょっと待って……飲むものを取ってきます。)
低く低く 深く深く。

はぷきすもなむきすも。
れむたあくれむたあく。

わたしはそちらで 震えていますか。
あなたは届いて ここにいます。

ほかの人の「情報ではない言葉を今。「癒やしながら」に寄せた6人の詩と短歌」をよむ
のびやかに紡がれた詩や短歌の言葉が、頭を満たしていた考えをときほぐし、ゆさぶり、ずらすことがある。自分で自分をたすけるための癒やしを宿した言葉を。

伊藤紺の短歌
戸田真琴の詩
初谷むいの短歌
文月悠光の詩
雪舟えまの短歌

PROFILE

大崎清夏
大崎清夏

1982年神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部卒。2011年、ユリイカの新人(伊藤比呂美・選)としてデビューし、第一詩集『地面』を刊行。第二詩集『指差すことができない』で中原中也賞受賞。近著に詩集『新しい住みか』(青土社)、絵本『うみの いいもの たからもの』(山口マオ・絵/福音館書店)ほか。ダンスや音楽、美術といった他ジャンルとのコラボレーションも多数手がける。15年以降、ロッテルダム国際詩祭をはじめ世界各地の国際詩祭への参加を通じて出会った海外現代詩の翻訳・紹介を少しずつ推し進めている。

詩「プラネタリウムを辞める」「繋ぐ」/大崎清夏

SHARE!

詩「プラネタリウムを辞める」「繋ぐ」/大崎清夏

She isの最新情報は
TwitterやFacebookをフォローして
チェック!

コメントする前に こちらの利用規約
必ずご確認ください

コメント

コメントはMembersのみ行うことができます
Membersについて詳しくはこちら
/ Membersの方のログインはこちら

RECOMMENDED

LATEST

MORE

LIMITED ARTICLES

She isのMembersだけが読むことができる限定記事。ログイン後にお読みいただけます。

MEMBERSとは?

talkroom03

文通相手、募集してみませんか?